Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハーシェル (Herschel) は、火星に存在するクレーター。18世紀の天文学者ウィリアム・ハーシェルにちなんで名づけられた。ハーシェルの長径はおよそ300キロメートルであり、その巨大さから明確な衝突クレーターであると判断されている。南半球の、クレーターの多い高地地域に形成されている。経緯度は南緯14.9度、西経230.3度である。火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーの調査により、ハーシェルのクレーター底には暗色の砂丘があることが確認されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2643359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 7 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52096691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハーシェル (Herschel) は、火星に存在するクレーター。18世紀の天文学者ウィリアム・ハーシェルにちなんで名づけられた。ハーシェルの長径はおよそ300キロメートルであり、その巨大さから明確な衝突クレーターであると判断されている。南半球の、クレーターの多い高地地域に形成されている。経緯度は南緯14.9度、西経230.3度である。火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーの調査により、ハーシェルのクレーター底には暗色の砂丘があることが確認されている。
rdfs:label
  • ハーシェル (火星のクレーター)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of