Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トヨタ・V型エンジン(トヨタ・Vがたエンジン)は、トヨタ自動車の水冷V型8気筒ガソリンエンジンの系列である。日本製乗用車用としては初のV型8気筒エンジンで、当初はトヨタ初の量産型ショーファードリブンカーであるクラウン・エイト用のエンジンとして開発され、以後はその後継モデルである初代センチュリーの専用ユニットとして改良・拡大を経ながら30年以上に渡り生産された。燃焼室の形状は、当初ターンフロー式のウェッジ(楔)形であったが、初代センチュリー用の3V型以降よりV字形クロスフロー式の半球形となった。また、同時にトヨタ初となるテンパラチャー・コントロールド・オートカップリングファンが採用されている。ただし動弁系は一貫してOHVのままで、OHC化を受けることなく終始している。当初からシリンダーブロック・シリンダーヘッドともアルミニウム合金製とし、大型エンジンの割に重量抑制が図られていたことも特色である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 959347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56903266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トヨタ・V型エンジン(トヨタ・Vがたエンジン)は、トヨタ自動車の水冷V型8気筒ガソリンエンジンの系列である。日本製乗用車用としては初のV型8気筒エンジンで、当初はトヨタ初の量産型ショーファードリブンカーであるクラウン・エイト用のエンジンとして開発され、以後はその後継モデルである初代センチュリーの専用ユニットとして改良・拡大を経ながら30年以上に渡り生産された。燃焼室の形状は、当初ターンフロー式のウェッジ(楔)形であったが、初代センチュリー用の3V型以降よりV字形クロスフロー式の半球形となった。また、同時にトヨタ初となるテンパラチャー・コントロールド・オートカップリングファンが採用されている。ただし動弁系は一貫してOHVのままで、OHC化を受けることなく終始している。当初からシリンダーブロック・シリンダーヘッドともアルミニウム合金製とし、大型エンジンの割に重量抑制が図られていたことも特色である。
rdfs:label
  • トヨタ・V型エンジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of