Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゾフィー・フリーデリケ・ドロテア・マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ(Sophie Friederike Dorothea Maria Josepha von Österreich, 1855年3月5日 ウィーン - 1857年5月29日 ブダ)は、オーストリア帝国の統治者家門ハプスブルク=ロートリンゲン家の一員。大公女(Erzherzogin)の称号を有した。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世とその妻の皇后エリーザベトの間の長女として生まれた。洗礼名は父方の祖母ゾフィー大公妃に因む。妹ギーゼラとともに母親のハンガリー訪問に同伴された際、妹ともども病気に罹って下痢と発熱に苦しんだ。ギーゼラは回復したものの、ゾフィーはそのまま亡くなった。死因は後年になって、その下痢と発熱が続いたという症状から、チフスだったと推測されている。ゾフィーは皇帝家の墓所であるウィーンのカプツィーナー納骨堂に埋葬された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2497586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54656624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゾフィー・フリーデリケ・ドロテア・マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ(Sophie Friederike Dorothea Maria Josepha von Österreich, 1855年3月5日 ウィーン - 1857年5月29日 ブダ)は、オーストリア帝国の統治者家門ハプスブルク=ロートリンゲン家の一員。大公女(Erzherzogin)の称号を有した。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世とその妻の皇后エリーザベトの間の長女として生まれた。洗礼名は父方の祖母ゾフィー大公妃に因む。妹ギーゼラとともに母親のハンガリー訪問に同伴された際、妹ともども病気に罹って下痢と発熱に苦しんだ。ギーゼラは回復したものの、ゾフィーはそのまま亡くなった。死因は後年になって、その下痢と発熱が続いたという症状から、チフスだったと推測されている。ゾフィーは皇帝家の墓所であるウィーンのカプツィーナー納骨堂に埋葬された。
rdfs:label
  • ゾフィー・フォン・エスターライヒ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of