Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ローリングス・ゴールドグラブ賞(Rawlings Gold Glove Award)は、アメリカMLBの選手表彰のひとつ。1957 年、グラブメーカーのローリングス社が表彰を始める。守備の優れた選手をナショナルリーグ・アメリカンリーグの各リーグから、各ポジション1人ずつ計9人各チームの監督・コーチの投票によって選出される。自分のチームの選手に投票できない。初年度の1957年のみ各ポジション両リーグから1人ずつの選出、1958年以後は両リーグ各1人(外野は3人)の選出となった。二塁手としてのゴールドグラブ賞最多受賞選手は、ロベルト・アロマーで1991年から2001年の11年間に10回受賞した。アロマーに次ぐ受賞回数は、1983年から1991年にかけて9年連続で受賞したライン・サンドバーグである。8回受賞した選手は、ビル・マゼロスキーとフランク・ホワイトの2選手である。二塁手としてゴールドグラブ賞受賞選手で、アメリカ野球殿堂入りをしているのはライン・サンドバーグ、ビル・マゼロスキー、ネリー・フォックスの3選手である。プラシド・ポランコは唯一、二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年に無失策・守備率1.000を記録した。ライン・サンドバーグが最後のゴールドグラブ賞となった1991年にナショナルリーグの二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最高の守備率.995を記録。また、サンドバーグは二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最多の571補殺を1983年に記録。ボビー・グリッチは二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最多の484刺殺を記録。ビル・マゼロスキーは二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最多の161併殺を記録した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2151683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 38948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53231278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ローリングス・ゴールドグラブ賞(Rawlings Gold Glove Award)は、アメリカMLBの選手表彰のひとつ。1957 年、グラブメーカーのローリングス社が表彰を始める。守備の優れた選手をナショナルリーグ・アメリカンリーグの各リーグから、各ポジション1人ずつ計9人各チームの監督・コーチの投票によって選出される。自分のチームの選手に投票できない。初年度の1957年のみ各ポジション両リーグから1人ずつの選出、1958年以後は両リーグ各1人(外野は3人)の選出となった。二塁手としてのゴールドグラブ賞最多受賞選手は、ロベルト・アロマーで1991年から2001年の11年間に10回受賞した。アロマーに次ぐ受賞回数は、1983年から1991年にかけて9年連続で受賞したライン・サンドバーグである。8回受賞した選手は、ビル・マゼロスキーとフランク・ホワイトの2選手である。二塁手としてゴールドグラブ賞受賞選手で、アメリカ野球殿堂入りをしているのはライン・サンドバーグ、ビル・マゼロスキー、ネリー・フォックスの3選手である。プラシド・ポランコは唯一、二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年に無失策・守備率1.000を記録した。ライン・サンドバーグが最後のゴールドグラブ賞となった1991年にナショナルリーグの二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最高の守備率.995を記録。また、サンドバーグは二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最多の571補殺を1983年に記録。ボビー・グリッチは二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最多の484刺殺を記録。ビル・マゼロスキーは二塁手としてゴールドグラブ賞受賞年の選手として最多の161併殺を記録した。
rdfs:label
  • ゴールドグラブ賞受賞者一覧 (二塁手)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of