Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グレゴリウス8世(Gregory VIII、1100年頃 - 1187年12月17日)は、第3回十字軍を呼びかけたローマ教皇(在位1187年)。世俗名アルベルト(Albert de Mora)として、イタリアのベネヴェントに1100年頃生まれ、1172年に教皇使節としてヘンリー2世のトマス・ベケット殺害の罪を赦免するアヴランシュの公会議に出席する。1187年10月25日、ウルバヌス3世の後を継いでローマ教皇に選ばれた。即位直後に、エルサレムにおける「ハッティンの戦い」の敗戦を聞き、第3回十字軍を呼びかけたが、ほどなく同年の12月に亡くなった。ほとんど、十字軍を派遣するためだけに教皇になったようなものだった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 335629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51394672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グレゴリウス8世(Gregory VIII、1100年頃 - 1187年12月17日)は、第3回十字軍を呼びかけたローマ教皇(在位1187年)。世俗名アルベルト(Albert de Mora)として、イタリアのベネヴェントに1100年頃生まれ、1172年に教皇使節としてヘンリー2世のトマス・ベケット殺害の罪を赦免するアヴランシュの公会議に出席する。1187年10月25日、ウルバヌス3世の後を継いでローマ教皇に選ばれた。即位直後に、エルサレムにおける「ハッティンの戦い」の敗戦を聞き、第3回十字軍を呼びかけたが、ほどなく同年の12月に亡くなった。ほとんど、十字軍を派遣するためだけに教皇になったようなものだった。
rdfs:label
  • グレゴリウス8世 (ローマ教皇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:次代 of
is foaf:primaryTopic of