Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グスタフ・ザムエル・レオポルト(Gustav Samuel Leopold, 1670年4月12日 - 1731年9月17日)は、プファルツ=クレーブルク公(在位:1689年 - 1730年)、プファルツ=ツヴァイブリュッケン公(在位:1718年 - 1730年)。アドルフ・ヨハン1世とエリーザベト・ブラーエの末子。アドルフ・ヨハン2世の弟、スウェーデン王カール10世の甥、カール11世の従弟に当たる。1689年に兄が子の無いまま没した為、プファルツ=クレーブルク公を相続した。また、大北方戦争を戦っていた従甥のスウェーデン王兼ツヴァイブリュッケン公カール12世が1718年に戦死、ツヴァイブリュッケン公も継いだ(スウェーデン王位はカール12世の妹ウルリカ・エレオノーラが継いだ)。1731年のグスタフ・ザムエル・レオポルトの死によってプファルツ=クレーブルク家は断絶、プファルツ=ビルケンフェルト家のクリスティアン3世がツヴァイブリュッケン公を相続した。1707年に同族のプファルツ=フェルデンツ公レオポルト・ルートヴィヒの娘ドロテアと結婚、1723年にルイーゼ・ドロテア・フォン・ホフマンと再婚したが、どちらの結婚からも子供は得られなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2064963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55985478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グスタフ・ザムエル・レオポルト(Gustav Samuel Leopold, 1670年4月12日 - 1731年9月17日)は、プファルツ=クレーブルク公(在位:1689年 - 1730年)、プファルツ=ツヴァイブリュッケン公(在位:1718年 - 1730年)。アドルフ・ヨハン1世とエリーザベト・ブラーエの末子。アドルフ・ヨハン2世の弟、スウェーデン王カール10世の甥、カール11世の従弟に当たる。1689年に兄が子の無いまま没した為、プファルツ=クレーブルク公を相続した。また、大北方戦争を戦っていた従甥のスウェーデン王兼ツヴァイブリュッケン公カール12世が1718年に戦死、ツヴァイブリュッケン公も継いだ(スウェーデン王位はカール12世の妹ウルリカ・エレオノーラが継いだ)。1731年のグスタフ・ザムエル・レオポルトの死によってプファルツ=クレーブルク家は断絶、プファルツ=ビルケンフェルト家のクリスティアン3世がツヴァイブリュッケン公を相続した。1707年に同族のプファルツ=フェルデンツ公レオポルト・ルートヴィヒの娘ドロテアと結婚、1723年にルイーゼ・ドロテア・フォン・ホフマンと再婚したが、どちらの結婚からも子供は得られなかった。
rdfs:label
  • グスタフ・ザムエル・レオポルト (プファルツ=ツヴァイブリュッケン公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of