Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリストファー・ゴア(英: Christopher Gore、1758年9月21日 - 1827年3月1日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身の弁護士、政治家、外交官である。アメリカ独立戦争の時には一家の中でイギリスとアメリカの支持する側が分かれたが、ゴアは愛国者、独立を支持する側に就き勝利した。ボストンで法律実務を行って成功し、独立戦争時政府の負債を安く買い、独立後の政府から額面で買い戻して貰って財産を築いた。ゴアは1788年に政界に入り、短期間マサチューセッツ州議会議員を務めた後に、アメリカ合衆国マサチューセッツ地区検事に指名された。その後、ジョージ・ワシントン大統領からイギリスにおける海事権を扱う外交官に指名された。1804年にマサチューセッツ州に戻って政界に復帰し、連邦党員として何度か州知事選挙に出馬したが落選した。1809年の州知事選挙では当選し、1期を務めた後の1810年の選挙では民主共和党候補のエルブリッジ・ゲリーに敗れた。1813年にはケイレブ・ストロング州知事からアメリカ合衆国上院議員に指名され、当時進行中だった米英戦争に対する反対派を率いた。ゴアは、ミドルセックス運河やチャールズ川を渡す橋など、重要なインフラ建設プロジェクトを含め、様々な事業に資産を投資した。初期の繊維産業にも投資し、ボストン・マニュファクチャリング会社やメリマック・マニュファクチャリング会社を設立し、メリマックの場合はローウェル市そのものを設立することになった。ゴアは各種慈善事業にも関わり、ハーバード大学の大きな寄付者であり、ハーバード最初の図書館にはその名前が付けられた。ウォルサムに造った宮殿のような邸宅はゴア・プレースと呼ばれ、連邦様式建築の素晴らしい例となり、アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3102450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57566043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:almaMater
prop-ja:alongside
prop-ja:as
  • 知事代行
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
prop-ja:branch
prop-ja:caption
  • クリストファー・ゴアの肖像画、ジョン・トランブル画、1816年頃
prop-ja:class
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfBirth
  • September 21, 1758
prop-ja:dateOfDeath
  • March 1, 1827
prop-ja:deathDate
  • 1827-03-01 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • マサチューセッツ州ウォルサム
prop-ja:name
  • クリストファー・ゴア
  • Gore, Christopher
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 弁護士、政治家
prop-ja:shortDescription
  • Massachusetts Federalist politician; governor and senator
prop-ja:signature
  • ChristopherGoreSignature.png
prop-ja:spouse
  • レベッカ・アモリー・ペイン
prop-ja:state
  • マサチューセッツ
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1796 (xsd:integer)
  • --05-30
  • --06-10
prop-ja:termStart
  • 1789 (xsd:integer)
  • --05-01
  • --05-05
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --05-01
  • --05-05
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 副知事
prop-ja:職名
  • 第8代マサチューセッツ州知事
prop-ja:選挙区
  • マサチューセッツ州選出
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クリストファー・ゴア(英: Christopher Gore、1758年9月21日 - 1827年3月1日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身の弁護士、政治家、外交官である。アメリカ独立戦争の時には一家の中でイギリスとアメリカの支持する側が分かれたが、ゴアは愛国者、独立を支持する側に就き勝利した。ボストンで法律実務を行って成功し、独立戦争時政府の負債を安く買い、独立後の政府から額面で買い戻して貰って財産を築いた。ゴアは1788年に政界に入り、短期間マサチューセッツ州議会議員を務めた後に、アメリカ合衆国マサチューセッツ地区検事に指名された。その後、ジョージ・ワシントン大統領からイギリスにおける海事権を扱う外交官に指名された。1804年にマサチューセッツ州に戻って政界に復帰し、連邦党員として何度か州知事選挙に出馬したが落選した。1809年の州知事選挙では当選し、1期を務めた後の1810年の選挙では民主共和党候補のエルブリッジ・ゲリーに敗れた。1813年にはケイレブ・ストロング州知事からアメリカ合衆国上院議員に指名され、当時進行中だった米英戦争に対する反対派を率いた。ゴアは、ミドルセックス運河やチャールズ川を渡す橋など、重要なインフラ建設プロジェクトを含め、様々な事業に資産を投資した。初期の繊維産業にも投資し、ボストン・マニュファクチャリング会社やメリマック・マニュファクチャリング会社を設立し、メリマックの場合はローウェル市そのものを設立することになった。ゴアは各種慈善事業にも関わり、ハーバード大学の大きな寄付者であり、ハーバード最初の図書館にはその名前が付けられた。ウォルサムに造った宮殿のような邸宅はゴア・プレースと呼ばれ、連邦様式建築の素晴らしい例となり、アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。
rdfs:label
  • クリストファー・ゴア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is foaf:primaryTopic of