Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エドワード・アーヴィング、(Edward Irving、1792年8月4日- 1834年12月7日)は、スコットランドの教役者。カトリック使徒教会の形成に重要な役割を果たした。これはアーヴィング主義とも呼ばれる。代々スコットランド教会の家系であった。説教者として高名。13歳でエディンバラ大学に入学し1809年にマスターを得る。使徒、預言者、伝道者(福音宣教者)、牧師、教師からなる5教役者の復活を主張した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2002160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46787724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エドワード・アーヴィング、(Edward Irving、1792年8月4日- 1834年12月7日)は、スコットランドの教役者。カトリック使徒教会の形成に重要な役割を果たした。これはアーヴィング主義とも呼ばれる。代々スコットランド教会の家系であった。説教者として高名。13歳でエディンバラ大学に入学し1809年にマスターを得る。使徒、預言者、伝道者(福音宣教者)、牧師、教師からなる5教役者の復活を主張した。
rdfs:label
  • エドワード・アーヴィング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of