Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エドガー・ムーン(Edgar Moon, 1904年12月3日 - 1976年5月26日)は、オーストラリア・クイーンズランド州フォレストヒル出身の男子テニス選手。1930年の全豪選手権男子シングルス優勝者で、男子ダブルスで1932年、混合ダブルスでも1929年と1934年に優勝し、同選手権で4つのタイトルを獲得した選手である。「ガー・ムーン」(Gar Moon)と呼ばれることも多い。彼のテニスは、強力なグラウンド・ストロークが大きな武器で、オールラウンド・プレーヤーのスタイルであった。ムーンは1926年の全豪選手権1回戦で、当時のオーストラリア男子テニス界の第一人者だったジェラルド・パターソンを破って注目を集めた。オーストラリアの新聞は、彼の登場を「新しいスターの誕生-それはムーンだ!」(原文:New star is born - it's a Moon!)と称賛した。それから4年後の1930年、ムーンは全豪選手権の男子シングルス決勝でハリー・ホップマンを 6-3, 6-1, 6-3 で破り、大会初優勝を飾った。全豪選手権で優勝した年、ムーンは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストラリア代表選手に選ばれ、起用された4試合すべてに勝利した。この後、ムーンは唯一の出場となった全仏選手権でも好成績を収め、ベスト8進出を果たす。第5シードのムーンは、準々決勝でイタリアのウンベルト・デ・モルプルゴに 2-6, 2-6, 6-4, 6-2, 3-6 で敗れた。ウィンブルドン選手権では、第8シードのムーンは1回戦敗退に終わった。全豪男子シングルス優勝から2年後、1932年にムーンは男子ダブルスでジャック・クロフォードとペアを組み、ホップマンとジェラルド・パターソンの組を 12-10, 6-3, 4-6, 6-4 で破って優勝した。それまで、ムーンは男子ダブルスで1928年と1929年に2度の準優勝があった。しかし、1933年の男子ダブルス決勝で、ムーンとクロフォードはアメリカペアのエルスワース・バインズ&キース・グレッドヒル組にタイトルを明け渡した。混合ダブルスでは、ムーンは1929年にダフネ・アクハースト、1934年にジョーン・ハーティガンと組んで2勝を挙げている。1931年以後のムーンは、シングルスではベスト8止まりの成績で、1936年の準々決勝でクロフォードに敗れた試合を最後に現役を引退した。ムーンの他の成績は、ウィンブルドン選手権では1928年の4回戦進出が自己最高成績であった。全米選手権にも1928年の1度出場があり、シングルスは1回戦敗退に終わったが、混合ダブルスでエディット・クロスと組んで準優勝した。ムーンとクロスは、混合ダブルス決勝でジョン・ホークス&ヘレン・ウィルス組に 1-6, 3-6 で敗れた。“月のような新しいスター”と呼ばれたムーンの、選手引退後の様子はあまり知られていないが、1976年5月26日に71歳で死去した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1080150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54755673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エドガー・ムーン(Edgar Moon, 1904年12月3日 - 1976年5月26日)は、オーストラリア・クイーンズランド州フォレストヒル出身の男子テニス選手。1930年の全豪選手権男子シングルス優勝者で、男子ダブルスで1932年、混合ダブルスでも1929年と1934年に優勝し、同選手権で4つのタイトルを獲得した選手である。「ガー・ムーン」(Gar Moon)と呼ばれることも多い。彼のテニスは、強力なグラウンド・ストロークが大きな武器で、オールラウンド・プレーヤーのスタイルであった。ムーンは1926年の全豪選手権1回戦で、当時のオーストラリア男子テニス界の第一人者だったジェラルド・パターソンを破って注目を集めた。オーストラリアの新聞は、彼の登場を「新しいスターの誕生-それはムーンだ!」(原文:New star is born - it's a Moon!)と称賛した。それから4年後の1930年、ムーンは全豪選手権の男子シングルス決勝でハリー・ホップマンを 6-3, 6-1, 6-3 で破り、大会初優勝を飾った。全豪選手権で優勝した年、ムーンは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストラリア代表選手に選ばれ、起用された4試合すべてに勝利した。この後、ムーンは唯一の出場となった全仏選手権でも好成績を収め、ベスト8進出を果たす。第5シードのムーンは、準々決勝でイタリアのウンベルト・デ・モルプルゴに 2-6, 2-6, 6-4, 6-2, 3-6 で敗れた。ウィンブルドン選手権では、第8シードのムーンは1回戦敗退に終わった。全豪男子シングルス優勝から2年後、1932年にムーンは男子ダブルスでジャック・クロフォードとペアを組み、ホップマンとジェラルド・パターソンの組を 12-10, 6-3, 4-6, 6-4 で破って優勝した。それまで、ムーンは男子ダブルスで1928年と1929年に2度の準優勝があった。しかし、1933年の男子ダブルス決勝で、ムーンとクロフォードはアメリカペアのエルスワース・バインズ&キース・グレッドヒル組にタイトルを明け渡した。混合ダブルスでは、ムーンは1929年にダフネ・アクハースト、1934年にジョーン・ハーティガンと組んで2勝を挙げている。1931年以後のムーンは、シングルスではベスト8止まりの成績で、1936年の準々決勝でクロフォードに敗れた試合を最後に現役を引退した。ムーンの他の成績は、ウィンブルドン選手権では1928年の4回戦進出が自己最高成績であった。全米選手権にも1928年の1度出場があり、シングルスは1回戦敗退に終わったが、混合ダブルスでエディット・クロスと組んで準優勝した。ムーンとクロスは、混合ダブルス決勝でジョン・ホークス&ヘレン・ウィルス組に 1-6, 3-6 で敗れた。“月のような新しいスター”と呼ばれたムーンの、選手引退後の様子はあまり知られていないが、1976年5月26日に71歳で死去した。
rdfs:label
  • エドガー・ムーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of