Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エイドリアン・カートン・デ・ウィアート (Sir Adrian Paul Ghislain Carton de Wiart、1880年5月5日 – 1963年5月6日)は、イギリスの軍人。ヴィクトリア十字章、大英帝国勲章、バス勲章、聖マイケル・聖ジョージ勲章、殊功勲章などを受勲している。ボーア戦争と2つの世界大戦で、顔・頭・腹・足首・臀部・耳などに被弾し、左目と左手を失った。医者が負傷した指の切除を拒否した際には、自分で噛み切った。更に、2回の飛行機墜落事故から生還し、捕虜収容所からトンネルを掘って脱出した。戦後、おびただしい量の榴散弾摘出手術を受ける。老後は狩猟と釣りを楽しんだ。戦後、「一言で言うと、私は戦争を楽しんだ。」と言った。「政府は話し合いによる解決が良いと言っているが、現実的に決定力を持つのは力であり、力は手放す事など人々には出来ない。人々はペンは剣より強いと言うが、しかし私はそのどちらの武器を使うべきか知っている。」と自伝に書き残した。第二次世界大戦後、カイロ会談に出席したウィンストン・チャーチルの個人的な特使として中国に派遣された。オックスフォード人物事典では彼のことを、「黒い眼帯と空の袖によって、エレガントな海賊に見え、それが彼の伝説を象徴している。」と書いている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2581701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58515928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:勲功
prop-ja:各国語表記
  • Adrian Carton de Wiart
prop-ja:墓所
  • コーク州 Killinardish Churchyard
prop-ja:所属組織
prop-ja:最終階級
  • 中将
prop-ja:氏名
  • エイドリアン・カートン・デ・ウィアート
prop-ja:没年月日
  • --06-05
prop-ja:生年月日
  • --05-05
prop-ja:生誕地
prop-ja:画像
  • Sir Adrian Carton de Wiart by Sir William Orpen.jpg
prop-ja:画像説明
  • Sir Adrian Carton de Wiart(ウィリアム・オーペン)
prop-ja:軍歴
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エイドリアン・カートン・デ・ウィアート (Sir Adrian Paul Ghislain Carton de Wiart、1880年5月5日 – 1963年5月6日)は、イギリスの軍人。ヴィクトリア十字章、大英帝国勲章、バス勲章、聖マイケル・聖ジョージ勲章、殊功勲章などを受勲している。ボーア戦争と2つの世界大戦で、顔・頭・腹・足首・臀部・耳などに被弾し、左目と左手を失った。医者が負傷した指の切除を拒否した際には、自分で噛み切った。更に、2回の飛行機墜落事故から生還し、捕虜収容所からトンネルを掘って脱出した。戦後、おびただしい量の榴散弾摘出手術を受ける。老後は狩猟と釣りを楽しんだ。戦後、「一言で言うと、私は戦争を楽しんだ。」と言った。「政府は話し合いによる解決が良いと言っているが、現実的に決定力を持つのは力であり、力は手放す事など人々には出来ない。人々はペンは剣より強いと言うが、しかし私はそのどちらの武器を使うべきか知っている。」と自伝に書き残した。第二次世界大戦後、カイロ会談に出席したウィンストン・チャーチルの個人的な特使として中国に派遣された。オックスフォード人物事典では彼のことを、「黒い眼帯と空の袖によって、エレガントな海賊に見え、それが彼の伝説を象徴している。」と書いている。
rdfs:label
  • エイドリアン・カートン・デ・ウィアート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of