Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第18代エロル伯爵ウィリアム・ジョージ・ヘイ(英: William George Hay, 18th Earl of Erroll、1801年2月21日 - 1846年4月19日)は、イギリスの貴族。アザミ勲章勲爵士(KT)、ロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCH)、枢密顧問官(PC)。第17代エロル伯爵ウィリアム・ヘイと、妻のアリシア・ヘイ(旧姓エリオット)の間に次男として生まれる。イートン・カレッジで教育を受けた。エロル伯爵位の法定推定相続人であった兄のヘイ卿ジェイムズ・ヘイがワーテルローの戦いで戦死したため、1819年に父が死去するとウィリアムが爵位を継承した。1822年のジョージ4世のスコットランド行幸の際には、スコットランド大司馬として8月22日に行われたホリールード宮殿からエディンバラ城へのジョージ4世の行進を司った。1823年と1831年にはスコットランド貴族の貴族代表議員に選出され、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の貴族院議員となる。1830年から1834年までは王妃アデレード付きの主馬頭(Master of the Horse)を務めた。また1830年にはロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロスを受勲している。1831年1月に枢密顧問官へ列せられ、同年5月には「カウンティ・オヴ・エアにおけるキルマーノックのキルマーノック男爵」(Baron Kilmarnock, of Kilmarnock in the County of Ayr; 連合王国貴族)へ叙された。これは曽祖父の第4代キルマーノック伯爵ウィリアム・ボイドから剥奪された爵位の再興の意味合いがあった。1834年にアザミ勲章を受勲。1835年に第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム率いるホイッグ党が政権を獲得すると、エロルはMaster of the Buckhoundsに任じられた。1839年には死去した第6代アーガイル公爵ジョージ・キャンベルの後任として王室家政長官(Lord Steward; 王室家令長)へ栄転し、1841年の内閣総辞職まで務めた。またスコットランドにおいても、1832年にKnight Marischalへ、1836年にアバディーンシャー州統監(Lord Lieutenant of Aberdeenshire)へ任じられ、ともに死去するまで在職した。1846年4月19日にロンドンのポートマン・スクエアで死去した。爵位は長男のキルマーノック卿ウィリアムが相続した。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1921-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2061160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58424838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • 第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイ
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 国王
prop-ja:内閣
prop-ja:就任日
  • --11-21
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、ロンドン、ポートマン・スクエア
prop-ja:没年月日
  • --04-19
prop-ja:生年月日
  • --02-21
prop-ja:称号・勲章
  • アザミ勲章勲爵士 (KT)
  • 枢密顧問官 (PC)
  • ロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士 (GCH)
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --08-30
prop-ja:配偶者
  • レディ・エリザベス・フィッツクラレンス
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第18代エロル伯爵ウィリアム・ジョージ・ヘイ(英: William George Hay, 18th Earl of Erroll、1801年2月21日 - 1846年4月19日)は、イギリスの貴族。アザミ勲章勲爵士(KT)、ロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCH)、枢密顧問官(PC)。第17代エロル伯爵ウィリアム・ヘイと、妻のアリシア・ヘイ(旧姓エリオット)の間に次男として生まれる。イートン・カレッジで教育を受けた。エロル伯爵位の法定推定相続人であった兄のヘイ卿ジェイムズ・ヘイがワーテルローの戦いで戦死したため、1819年に父が死去するとウィリアムが爵位を継承した。1822年のジョージ4世のスコットランド行幸の際には、スコットランド大司馬として8月22日に行われたホリールード宮殿からエディンバラ城へのジョージ4世の行進を司った。1823年と1831年にはスコットランド貴族の貴族代表議員に選出され、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の貴族院議員となる。1830年から1834年までは王妃アデレード付きの主馬頭(Master of the Horse)を務めた。また1830年にはロイヤル・ゲルフ勲章ナイト・グランド・クロスを受勲している。1831年1月に枢密顧問官へ列せられ、同年5月には「カウンティ・オヴ・エアにおけるキルマーノックのキルマーノック男爵」(Baron Kilmarnock, of Kilmarnock in the County of Ayr; 連合王国貴族)へ叙された。これは曽祖父の第4代キルマーノック伯爵ウィリアム・ボイドから剥奪された爵位の再興の意味合いがあった。1834年にアザミ勲章を受勲。1835年に第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム率いるホイッグ党が政権を獲得すると、エロルはMaster of the Buckhoundsに任じられた。1839年には死去した第6代アーガイル公爵ジョージ・キャンベルの後任として王室家政長官(Lord Steward; 王室家令長)へ栄転し、1841年の内閣総辞職まで務めた。またスコットランドにおいても、1832年にKnight Marischalへ、1836年にアバディーンシャー州統監(Lord Lieutenant of Aberdeenshire)へ任じられ、ともに死去するまで在職した。1846年4月19日にロンドンのポートマン・スクエアで死去した。爵位は長男のキルマーノック卿ウィリアムが相続した。
rdfs:label
  • ウィリアム・ヘイ (第18代エロル伯爵)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイ
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of