Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イサイ・シューア(Issaj Schur, Issai Schur, ヘブライ語: ישי שור‎, Yiššay Šūr, 1875年1月10日 - 1941年1月10日)は、ドイツとイスラエルの地で活動したユダヤ系の数学者。ヘブライ語での発音はイッシャイ・シュール。ポーランド(ベラルーシ)のモギリョフ県モギリョフ(マヒリョウ)でユダヤ系ドイツ人の子として生まれる。ベルリンで学び、1901年に博士号を取得。1903年に講師となり、ボン滞在を経て、1919年に教授となる。現在ベラルーシ領となっているロシア帝国の一部で生まれ、ラトヴィアでも育ったが、自分自身をユダヤ人というよりはむしろドイツ人と考えていた。このため、1934年に英米の大学に招かれた時もドイツからの出国を拒んだ。にもかかわらず、1935年、彼はユダヤ人として教職を追われ、1938年には親ナチの数学者ビーベルバッハの煽動によってプロイセン学士院から追放された。このため1939年にパレスチナへ移住し、貧困と屈辱を忍びつつ晩年を送った。彼は66歳の誕生日にテルアヴィヴで死んだ。フロベニウスに師事し、(最も関係深い対象として)群の表現について取り組んだが組合せ論や数論にも、あるいは理論物理学にまでも手掛けた。今日おそらくシューアの業績として最もよく知られたものは、シューア分解の存在に関することと、群表現論に関するシューアの補題であろう。リヒャルト・バウアー、ベルンハルト・ノイマン、ハインツ・プリューファー、リヒャルト・ラードなどの弟子がいる。シューアの講義は学生たちに非常に人気であった。1929年、ソヴィエト連邦科学アカデミーの外国人客員として選出された。出版に際してシューアは、"I. Schur" と "J. Schur" の両方を著者名に用いており(後者は特に Journal für die reine und angewandte Mathematik で用いている)、これはしばしば混乱を招く。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 866570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4937 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55790551 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateOfBirth
  • January 10, 1875
prop-ja:dateOfDeath
  • January 10, 1941
prop-ja:name
  • Schur, Issai
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:shortDescription
  • German mathematician
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イサイ・シューア(Issaj Schur, Issai Schur, ヘブライ語: ישי שור‎, Yiššay Šūr, 1875年1月10日 - 1941年1月10日)は、ドイツとイスラエルの地で活動したユダヤ系の数学者。ヘブライ語での発音はイッシャイ・シュール。ポーランド(ベラルーシ)のモギリョフ県モギリョフ(マヒリョウ)でユダヤ系ドイツ人の子として生まれる。ベルリンで学び、1901年に博士号を取得。1903年に講師となり、ボン滞在を経て、1919年に教授となる。現在ベラルーシ領となっているロシア帝国の一部で生まれ、ラトヴィアでも育ったが、自分自身をユダヤ人というよりはむしろドイツ人と考えていた。このため、1934年に英米の大学に招かれた時もドイツからの出国を拒んだ。にもかかわらず、1935年、彼はユダヤ人として教職を追われ、1938年には親ナチの数学者ビーベルバッハの煽動によってプロイセン学士院から追放された。このため1939年にパレスチナへ移住し、貧困と屈辱を忍びつつ晩年を送った。彼は66歳の誕生日にテルアヴィヴで死んだ。フロベニウスに師事し、(最も関係深い対象として)群の表現について取り組んだが組合せ論や数論にも、あるいは理論物理学にまでも手掛けた。今日おそらくシューアの業績として最もよく知られたものは、シューア分解の存在に関することと、群表現論に関するシューアの補題であろう。リヒャルト・バウアー、ベルンハルト・ノイマン、ハインツ・プリューファー、リヒャルト・ラードなどの弟子がいる。シューアの講義は学生たちに非常に人気であった。1929年、ソヴィエト連邦科学アカデミーの外国人客員として選出された。出版に際してシューアは、"I.
rdfs:label
  • イサイ・シューア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of