Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アメリカ合衆国憲法修正第24条(アメリカがっしゅうこくけんぽうしゅうせいだい24じょう、英:Twenty-fourth Amendment to the United States Constitution、あるいはAmendment XXIV)は、アメリカ合衆国議会と州議会に対して、人頭税あるいはその他の種類の税の支払を理由に連邦政府に関わる選挙権を制限することを禁じている。この修正条項は1962年8月27日にアメリカ合衆国議会によって提案され、1964年1月23日に必要とされる数の州によって批准され、成立した。人頭税は、レコンストラクション以後に、黒人の選挙権を奪う手段として南部の11州で法制化されたが、アメリカ合衆国最高裁判所によって違憲と判決が出ていた。この修正条項が成立した時点では、まだバージニア州、アラバマ州、テキサス州、アーカンソー州およびミシシッピ州の5つの州が人頭税を残していた。しかし、1966年の「ハーパー対バージニア州選挙委員会事件」の合衆国最高裁判所における6対3の判決で、人頭税は憲法修正第14条の平等保護条項に違背しているとして、公式にあらゆる州の人頭税は(州選挙も連邦選挙も両方で)違憲であると宣言されるまで、撤廃されなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1507862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47047841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アメリカ合衆国憲法修正第24条(アメリカがっしゅうこくけんぽうしゅうせいだい24じょう、英:Twenty-fourth Amendment to the United States Constitution、あるいはAmendment XXIV)は、アメリカ合衆国議会と州議会に対して、人頭税あるいはその他の種類の税の支払を理由に連邦政府に関わる選挙権を制限することを禁じている。この修正条項は1962年8月27日にアメリカ合衆国議会によって提案され、1964年1月23日に必要とされる数の州によって批准され、成立した。人頭税は、レコンストラクション以後に、黒人の選挙権を奪う手段として南部の11州で法制化されたが、アメリカ合衆国最高裁判所によって違憲と判決が出ていた。この修正条項が成立した時点では、まだバージニア州、アラバマ州、テキサス州、アーカンソー州およびミシシッピ州の5つの州が人頭税を残していた。しかし、1966年の「ハーパー対バージニア州選挙委員会事件」の合衆国最高裁判所における6対3の判決で、人頭税は憲法修正第14条の平等保護条項に違背しているとして、公式にあらゆる州の人頭税は(州選挙も連邦選挙も両方で)違憲であると宣言されるまで、撤廃されなかった。
rdfs:label
  • アメリカ合衆国憲法修正第24条
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of