Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アウグスト・アイヒラー(August Wilhelm Eichler, ラテン名:Augustus Guilielmus Eichler, 1839年8月22日 - 1887年3月22日)は、ドイツの植物学者である。分類学において、植物界を顕花植物、隠花植物の二大植物群に分類した一人である。ドイツ連邦ヘッセン選帝侯国(現ヘッセン州)のノイキルヒェンに生まれた。マールブルク大学で学び、1871年にグラーツ工科大学の植物学教授、およびグラーツの植物園園長になった。1872年にキール大学の教授となり、1878年にベルリン大学の植物園の園長となった。花の比較形態学的研究を行い『花式図』(Blütendiagramme) を著した。ブラジルのマツやソテツなどの植物群を広範囲に研究した。アイヒラーは植物を顕花植物・隠花植物の二大植物群に分類し、これは進化の考えて分類を行うさきがけであり、系統分類法のさきがけでもあった。また顕花植物を被子植物と裸子植物に分け、被子植物を単子葉植物と双子葉植物に分けた。この分類はヨーロッパで広く受け入れられ、アドルフ・エングラーの分類大系のもとになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2695482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53020022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アウグスト・アイヒラー(August Wilhelm Eichler, ラテン名:Augustus Guilielmus Eichler, 1839年8月22日 - 1887年3月22日)は、ドイツの植物学者である。分類学において、植物界を顕花植物、隠花植物の二大植物群に分類した一人である。ドイツ連邦ヘッセン選帝侯国(現ヘッセン州)のノイキルヒェンに生まれた。マールブルク大学で学び、1871年にグラーツ工科大学の植物学教授、およびグラーツの植物園園長になった。1872年にキール大学の教授となり、1878年にベルリン大学の植物園の園長となった。花の比較形態学的研究を行い『花式図』(Blütendiagramme) を著した。ブラジルのマツやソテツなどの植物群を広範囲に研究した。アイヒラーは植物を顕花植物・隠花植物の二大植物群に分類し、これは進化の考えて分類を行うさきがけであり、系統分類法のさきがけでもあった。また顕花植物を被子植物と裸子植物に分け、被子植物を単子葉植物と双子葉植物に分けた。この分類はヨーロッパで広く受け入れられ、アドルフ・エングラーの分類大系のもとになった。
rdfs:label
  • アウグスト・アイヒラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of