Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「この壁を壊しなさい!( Tear down this wall! )」は、アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンが1987年6月12日にブランデンブルク門において行われたベルリン750周年記念式典のスピーチで発した言葉である。この言葉はソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフ書記長に向けて発せられ、ベルリンの壁を壊すように要求している。ゴルバチョフはグラスノスチとペレストロイカ政策を推進しており、東側諸国の自由を拡大する方針であり、その方針を象徴する行為として壁を壊すようにレーガンは呼びかけた。レーガンの演説のうち最も有名なものであるが、草稿が起草された時点ではこのフレーズはソ連を刺激すると見られており、演説からの削除も検討された。この演説の2年後にベルリンの壁は崩壊するが、ベルリンの壁崩壊との関係については論者の間で意見が分かれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3246875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59119895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:date
  • 1987-06-12 (xsd:date)
prop-ja:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:participants
prop-ja:place
prop-ja:title
  • この壁を壊しなさい!
prop-ja:venue
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「この壁を壊しなさい!( Tear down this wall! )」は、アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンが1987年6月12日にブランデンブルク門において行われたベルリン750周年記念式典のスピーチで発した言葉である。この言葉はソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフ書記長に向けて発せられ、ベルリンの壁を壊すように要求している。ゴルバチョフはグラスノスチとペレストロイカ政策を推進しており、東側諸国の自由を拡大する方針であり、その方針を象徴する行為として壁を壊すようにレーガンは呼びかけた。レーガンの演説のうち最も有名なものであるが、草稿が起草された時点ではこのフレーズはソ連を刺激すると見られており、演説からの削除も検討された。この演説の2年後にベルリンの壁は崩壊するが、ベルリンの壁崩壊との関係については論者の間で意見が分かれている。
rdfs:label
  • この壁を壊しなさい!
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of