This HTML5 document contains 31 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n14http://www.viatech.co.jp/jp/products/mainboards/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n4http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:Nano-ITX
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:VIA_EPIA
Subject Item
dbpedia-ja:Pico-ITX
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:VIA_EPIA
Subject Item
dbpedia-ja:VIA_EPIA
rdfs:label
VIA EPIA
rdfs:comment
VIA EPIA(VIA Embedded Platform Innovative Architecture・ビア エピア)とは、C3やC7と言ったVIAのCPUとVIAがリリースするチップセット、各種コントローラが統合された、Mini-ITX、Nano-ITX、Pico-ITXと言ったITXプラットフォームのマザーボード製品群の総称である。 小型・省電力に重点を置き、特に組み込み市場でx86互換のマザーボードとして人気がある。また、HTPCやあまり負荷の大きく無いサーバ用途など、省電力性や静音性、小型であることが重要視される分野でも人気が高い。 一般にも市販されているが、基本的に機器への組み込みを目的としているため、シリアルポートを初めとして、LVDSやI2C、SPI等の他の組み込みシステム間との通信のためのヘッダピンをマザーボード上に備えている。 VIA EPIAはその製品のすべてがITXプラットフォームであるが、Mini-ITX=EPIAと言うわけではない。また、VIAのCPU・チップセットが用いられているからと言って、かならずしもEPIAであるわけではない。単に、EPIAと言うブランド名で出されているITXプラットフォームがEPIAである。VIAの提供するITXプラットフォームはEPIAの他にVBシリーズ等がある。
owl:sameAs
freebase:m.03s9x3
dct:subject
n4:組み込みシステム n4:マザーボード
dbo:wikiPageID
1495750
dbo:wikiPageRevisionID
85309884
dbo:wikiPageWikiLink
n4:組み込みシステム dbpedia-ja:VIA_C3 dbpedia-ja:Nano-ITX n4:マザーボード dbpedia-ja:VIA_C7 dbpedia-ja:Pico-ITX dbpedia-ja:Low_voltage_differential_signaling dbpedia-ja:シリアルポート dbpedia-ja:Mini-ITX dbpedia-ja:シリアル・ペリフェラル・インタフェース dbpedia-ja:I2C
dbo:wikiPageExternalLink
n14:
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Computer-stub template-ja:VIA template-ja:出典の明記
dbo:abstract
VIA EPIA(VIA Embedded Platform Innovative Architecture・ビア エピア)とは、C3やC7と言ったVIAのCPUとVIAがリリースするチップセット、各種コントローラが統合された、Mini-ITX、Nano-ITX、Pico-ITXと言ったITXプラットフォームのマザーボード製品群の総称である。 小型・省電力に重点を置き、特に組み込み市場でx86互換のマザーボードとして人気がある。また、HTPCやあまり負荷の大きく無いサーバ用途など、省電力性や静音性、小型であることが重要視される分野でも人気が高い。 一般にも市販されているが、基本的に機器への組み込みを目的としているため、シリアルポートを初めとして、LVDSやI2C、SPI等の他の組み込みシステム間との通信のためのヘッダピンをマザーボード上に備えている。 VIA EPIAはその製品のすべてがITXプラットフォームであるが、Mini-ITX=EPIAと言うわけではない。また、VIAのCPU・チップセットが用いられているからと言って、かならずしもEPIAであるわけではない。単に、EPIAと言うブランド名で出されているITXプラットフォームがEPIAである。VIAの提供するITXプラットフォームはEPIAの他にVBシリーズ等がある。
dbo:wikiPageLength
847
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:VIA_EPIA?oldid=85309884&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:VIA_EPIA
Subject Item
dbpedia-ja:フォームファクタ
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:VIA_EPIA
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q1275648
owl:sameAs
dbpedia-ja:VIA_EPIA
Subject Item
wikipedia-ja:VIA_EPIA
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:VIA_EPIA