This HTML5 document contains 50 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n10http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n8http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n11http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:
n16http://www.ibm.com/ibm/think/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:ThinkPad
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-ja:Think_(IBM)
rdfs:label
Think (IBM)
rdfs:comment
"THINK"(シンク:「思考」の意)は、トーマス・J・ワトソンが、ナショナル・キャッシュレジスター・カンパニー (NCR) の営業・広告本部長だったときに述べた「開闢以来、考えることはあらゆる前進を生み出す源だった。『考えていませんでした』というのでは、世界に何百万ドルもの損失を与えてしまうことになる。」という言葉に由来するモットー。1914年、ワトソンはこのモットーを携えて、ザ・コンピュータ・タビュレーティング・レコーディング・カンパニー(Computing Tabulating Recording Corporation (CTR)) の社長となり、同社は後にIBMとなった IBMは現在もこのモットーを掲げており、ノートパソコンをThinkPadと名付けたり、2011年9月にはニューヨークのリンカーン・センターで、Think exhibitという展示を行ったりしている。IBMのパーソナルコンピュータ事業及びx86サーバ部門を買収したレノボもThinkSystem、ThinkStationの命名などこれを受け継いでいる。
owl:sameAs
freebase:m.082xfb
dct:subject
n8:スローガン n8:IBM
dbo:wikiPageID
2488677
dbo:wikiPageRevisionID
71578592
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:2011年 dbpedia-ja:トーマス・J・ワトソン dbpedia-ja:X86 dbpedia-ja:IBM n11:Think_signs_in_several_languages.em.jpg n8:IBM dbpedia-ja:レノボ dbpedia-ja:リンカーン・センター dbpedia-ja:Think_different dbpedia-ja:パーソナルコンピュータ dbpedia-ja:シンキングマシンズ dbpedia-ja:1914年 dbpedia-ja:標語 n8:スローガン dbpedia-ja:ア・ボーイ・アンド・ヒズ・アトム dbpedia-ja:ノートパソコン dbpedia-ja:我思う、ゆえに我あり n11:THINK_at_Lincoln_Center_by_IBM.jpg dbpedia-ja:ニューヨーク n11:IBM_403_Accounting_Machine.jpg dbpedia-ja:ThinkPad dbpedia-ja:NCR_(企業)
dbo:wikiPageExternalLink
n16:
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Reflist template-ja:IBM template-ja:Commonscat
dbo:thumbnail
n10:Think_signs_in_several_languages.em.jpg?width=300
foaf:depiction
n10:THINK_at_Lincoln_Center_by_IBM.jpg n10:Think_signs_in_several_languages.em.jpg n10:IBM_403_Accounting_Machine.jpg
dbo:abstract
"THINK"(シンク:「思考」の意)は、トーマス・J・ワトソンが、ナショナル・キャッシュレジスター・カンパニー (NCR) の営業・広告本部長だったときに述べた「開闢以来、考えることはあらゆる前進を生み出す源だった。『考えていませんでした』というのでは、世界に何百万ドルもの損失を与えてしまうことになる。」という言葉に由来するモットー。1914年、ワトソンはこのモットーを携えて、ザ・コンピュータ・タビュレーティング・レコーディング・カンパニー(Computing Tabulating Recording Corporation (CTR)) の社長となり、同社は後にIBMとなった IBMは現在もこのモットーを掲げており、ノートパソコンをThinkPadと名付けたり、2011年9月にはニューヨークのリンカーン・センターで、Think exhibitという展示を行ったりしている。IBMのパーソナルコンピュータ事業及びx86サーバ部門を買収したレノボもThinkSystem、ThinkStationの命名などこれを受け継いでいる。
dbo:wikiPageLength
1769
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:Think_(IBM)?oldid=71578592&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-ja:Think_different
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-ja:ア・ボーイ・アンド・ヒズ・アトム
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-ja:トーマス・J・ワトソン
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-ja:鈴木慎二
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-ja:Think
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Think_(IBM)
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q7784467
owl:sameAs
dbpedia-ja:Think_(IBM)
Subject Item
wikipedia-ja:Think_(IBM)
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:Think_(IBM)