This HTML5 document contains 45 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
n10http://stax.codehaus.org/
dcthttp://purl.org/dc/terms/
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n4http://www.javolution.org/api/javolution/xml/stream/
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n17http://
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n9http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n16https://
n5http://www.breezefactor.com/
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:Extensible_Markup_Language
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:Jakarta_EE
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:Java_Business_Integration
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:Javaクラスライブラリ
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:WebSphere_Application_Server
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:スタックス
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:ワイヤーアクション_(企業)
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:Java_API_for_XML_Processing
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
rdfs:label
Streaming API for XML
rdfs:comment
Streaming API for XML(StAX)は、JavaでXML文書を読み書きするためのAPIである。 従来のXML APIは、次のどちらかである。 * ツリーベース - 文書全体がツリー構造でメモリに読み込まれ、呼び出し元アプリケーションはランダムアクセスできる。 * イベントベース - 文書内に出現したエンティティごとに、登録されたアプリケーションがイベントを受け取る。 これらはそれぞれに利点がある。前者(例えばDOM)は文書へのランダムアクセスが可能であり、後者(例えばSAX)は使用メモリが少なくより高速に動作する場合が多い。 この2つは対極に位置するアクセス手法であると言える。ツリーベースのAPIは制約のないランダムアクセスとデータの操作が可能である一方、イベントベースのAPIは文書を1回スキャンするだけである。
owl:sameAs
freebase:m.090t_l
dct:subject
n9:Javaプラットフォーム n9:XML n9:API
dbo:wikiPageID
977118
dbo:wikiPageRevisionID
46748003
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Java_Architecture_for_XML_Binding dbpedia-ja:VTD-XML dbpedia-ja:Document_Object_Model dbpedia-ja:Extensible_Markup_Language dbpedia-ja:オラクル_(企業) dbpedia-ja:XML_Path_Language n9:XML dbpedia-ja:Java dbpedia-ja:ジェームズ・クラーク_(ソフトウェア技術者) dbpedia-ja:BEAシステムズ n9:Javaプラットフォーム n9:API dbpedia-ja:アプリケーションプログラミングインタフェース dbpedia-ja:サン・マイクロシステムズ dbpedia-ja:Javolution dbpedia-ja:Simple_API_for_XML
dbo:wikiPageExternalLink
n4:package-summary.html n5: n10: n16:sjsxp.dev.java.net n17:woodstox.codehaus.org
dbo:abstract
Streaming API for XML(StAX)は、JavaでXML文書を読み書きするためのAPIである。 従来のXML APIは、次のどちらかである。 * ツリーベース - 文書全体がツリー構造でメモリに読み込まれ、呼び出し元アプリケーションはランダムアクセスできる。 * イベントベース - 文書内に出現したエンティティごとに、登録されたアプリケーションがイベントを受け取る。 これらはそれぞれに利点がある。前者(例えばDOM)は文書へのランダムアクセスが可能であり、後者(例えばSAX)は使用メモリが少なくより高速に動作する場合が多い。 この2つは対極に位置するアクセス手法であると言える。ツリーベースのAPIは制約のないランダムアクセスとデータの操作が可能である一方、イベントベースのAPIは文書を1回スキャンするだけである。 StAXは、その中間の手法として設計された。StAXの考え方では、プログラムの操作点は文書内のある地点を指すカーソルである。アプリケーションがカーソルを進めるということは、必要に応じて自分がパーサーから情報を取り出すことになる(pull型)。これはSAXのようなイベントベースのAPIとは異なる。SAXではパーサーがアプリケーションにデータを送りつけるので(push型)、アプリケーション側が文書内の位置を追跡しなければならない場合は必要に応じてイベントとイベントの間で状態を保持しておく必要がある。
dbo:wikiPageLength
2855
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:Streaming_API_for_XML?oldid=46748003&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-ja:StAX
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q1326867
owl:sameAs
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML
Subject Item
wikipedia-ja:Streaming_API_for_XML
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:Streaming_API_for_XML