This HTML5 document contains 98 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
n19http://www.neilvandyke.org/htmlprag/
dcthttp://purl.org/dc/terms/
n12http://www.w3.org/1999/
n11http://modis.ispras.ru/Lizorkin/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
n17http://ja.dbpedia.org/resource/W:
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n21http://www-106.ibm.com/developerworks/library/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n6http://pobox.com/~oleg/ftp/papers/
n14http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n16http://pobox.com/~oleg/ftp/Scheme/
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:GNU_Guile
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:SXML
Subject Item
dbpedia-ja:SXML
rdfs:label
SXML
rdfs:comment
SXMLは、XMLデータをS式の形式で記述、処理するための方法である。 SXMLとXMLの字句上の対応について、小さなサンプルのXMLを以下に示す: 上記の例から、以下の2つの点に気づくであろう: 1. * XMLとSXMLの字句上の表記はよく似ている: 非形式的に言うと、SXMLは山括弧の代わりに丸括弧を用いているという点でXMLとは字句的に違う。 2. * SXMLは、XMLデータに対する直接的な字句上の表記というだけでなく、既存の数多くのプログラミング言語で第一級またはそれに準ずる基本的なデータ構造でもあり、それゆえ汎用のプログラミング言語によるXMLデータ処理の実例になっている。 SXMLとして具現化されたS式がXMLと似ていることから、XMLデータとプログラミング言語を密接に統合でき、結果としてアプリケーションにおけるXMLデータの処理が説明的で単純になる。
owl:sameAs
freebase:m.027w6_c
dct:subject
n14:マークアップ言語
dbo:wikiPageID
1905670
dbo:wikiPageRevisionID
79803341
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:プロトタイプ dbpedia-ja:XSL_Transformations dbpedia-ja:ジェームズ・クラーク_(ソフトウェア技術者) dbpedia-ja:Eval dbpedia-ja:連想配列 dbpedia-ja:Python dbpedia-ja:エスケープ dbpedia-ja:関係データベース dbpedia-ja:データ構造 dbpedia-ja:HyperText_Markup_Language dbpedia-ja:XQuery dbpedia-ja:インタフェース_(情報技術) dbpedia-ja:XML_Schema dbpedia-ja:データ型 dbpedia-ja:C言語 dbpedia-ja:XML_Path_Language dbpedia-ja:文字列 dbpedia-ja:Well-defined dbpedia-ja:データ処理 dbpedia-ja:同値 dbpedia-ja:Document_Object_Model dbpedia-ja:高水準言語 dbpedia-ja:マクロ_(コンピュータ用語) n14:マークアップ言語 dbpedia-ja:データモデル dbpedia-ja:Scheme dbpedia-ja:プログラミング言語 dbpedia-ja:スクリプト言語 dbpedia-ja:Perl dbpedia-ja:マークアップ言語 dbpedia-ja:CARとCDR dbpedia-ja:プログラミングパラダイム dbpedia-ja:LISP dbpedia-ja:ブーリアン型 n17:System_integration dbpedia-ja:EBNF dbpedia-ja:S式 dbpedia-ja:オブジェクト指向プログラミング dbpedia-ja:World_Wide_Web_Consortium dbpedia-ja:連結リスト dbpedia-ja:再帰 dbpedia-ja:コンテナ_(データ型) dbpedia-ja:木構造_(データ構造) dbpedia-ja:抽象構文木 dbpedia-ja:Simple_API_for_XML dbpedia-ja:動的型付け dbpedia-ja:RELAX_NG dbpedia-ja:アプリケーションプログラミングインタフェース dbpedia-ja:JavaScript dbpedia-ja:構文解析 dbpedia-ja:副作用_(プログラム) dbpedia-ja:リスト_(抽象データ型) dbpedia-ja:アプリケーションソフトウェア dbpedia-ja:抽象データ型 dbpedia-ja:手続き型プログラミング dbpedia-ja:Java dbpedia-ja:Extensible_HyperText_Markup_Language dbpedia-ja:Extensible_Markup_Language dbpedia-ja:関数型プログラミング
dbo:wikiPageExternalLink
n6:SXs.pdf n11:sxml-tutorial.html n12:xhtml%22))) n6:SXs-talk.pdf n16:xml.html n12:xhtml%22 n19: n21:x-matters31.html
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:仮リンク template-ja:Reflist template-ja:Infobox_file_format template-ja:Code template-ja:Sxhl template-ja:要出典
prop-ja:code
<NET certified="certified">67 95 ) 1.0
prop-ja:extension
.sxml, .scm
prop-ja:genre
dbpedia-ja:マークアップ言語
prop-ja:mime
text/sxml
prop-ja:name
SXML
prop-ja:typeCode
TEXT
prop-ja:lang
scheme xml
dbo:abstract
SXMLは、XMLデータをS式の形式で記述、処理するための方法である。 SXMLとXMLの字句上の対応について、小さなサンプルのXMLを以下に示す: 上記の例から、以下の2つの点に気づくであろう: 1. * XMLとSXMLの字句上の表記はよく似ている: 非形式的に言うと、SXMLは山括弧の代わりに丸括弧を用いているという点でXMLとは字句的に違う。 2. * SXMLは、XMLデータに対する直接的な字句上の表記というだけでなく、既存の数多くのプログラミング言語で第一級またはそれに準ずる基本的なデータ構造でもあり、それゆえ汎用のプログラミング言語によるXMLデータ処理の実例になっている。 SXMLとして具現化されたS式がXMLと似ていることから、XMLデータとプログラミング言語を密接に統合でき、結果としてアプリケーションにおけるXMLデータの処理が説明的で単純になる。
dbo:wikiPageLength
13840
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:SXML?oldid=79803341&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:SXML
Subject Item
dbpedia-ja:データフォーマットの一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:SXML
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q7395238
owl:sameAs
dbpedia-ja:SXML
Subject Item
wikipedia-ja:SXML
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:SXML