This HTML5 document contains 69 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
n4http://decibel.kde.org/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
schemahttp://schema.org/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n8http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n12http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n14http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:
wikidatahttp://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:Decibel
rdf:type
wikidata:Q7397 dbo:Software schema:CreativeWork owl:Thing wikidata:Q386724 dbo:Work
rdfs:label
Decibel
rdfs:comment
Decibel(デシベル)は、Linuxデスクトップ環境の一つであるKDEのバージョン4に搭載される予定のコミュニケーションに関する新しいフレームワークである。Decibelは全ての通信プロトコルをデスクトップに統一することを目標としている。現在のところ、AOL Instant MessengerやWindows Live メッセンジャー、メール、Skypeなどでプロトコルは別々の方法で取り扱われているが、Decibelはこれらを一つにまとめることで、ユーザーは自身のコンタクト情報をより簡単に管理することが出来るようになると見られる。 例えば、ユーザーAがユーザーBとメッセージを送信する状況を考えてみる。ユーザーAがコンピュータにユーザーBと接続するよう要求すると、サービスマネージャは要求を受け入れて、ユーザーBにそのメッセージを送信するために最も望ましい方法を(電話番号やEメールアドレスなどに応じて)自動的に選択する。それゆえ、ユーザーBがどのプロトコルを用いていようとも、ユーザーAはBと通信できる。
owl:sameAs
freebase:m.0h0hpl
dct:subject
n12:KDE
dbo:wikiPageID
1401322
dbo:wikiPageRevisionID
87498742
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:7月31日 dbpedia-ja:Qt dbpedia-ja:電子メール dbpedia-ja:Windows_Live_メッセンジャー dbpedia-ja:2007年 dbpedia-ja:Kopete dbpedia-ja:デーモン_(ソフトウェア) dbpedia-ja:GTK_(ツールキット) dbpedia-ja:ウィジェット・ツールキット dbpedia-ja:AOL_Instant_Messenger n12:KDE dbpedia-ja:KDE dbpedia-ja:Linux dbpedia-ja:コミュニケーションフレームワーク dbpedia-ja:通信プロトコル n14:Decibel2.png dbpedia-ja:D-Bus dbpedia-ja:GNU_Lesser_General_Public_License dbpedia-ja:Unix系 dbpedia-ja:Telepathy dbpedia-ja:Skype dbpedia-ja:Pidgin dbpedia-ja:Personal_Information_Manager
dbo:wikiPageExternalLink
n4:
foaf:name
Decibel
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:更新 template-ja:Portal template-ja:Infobox_software template-ja:FLOSS-stub template-ja:KDE template-ja:Otheruses
dbo:thumbnail
n8:Decibel2.png?width=300
foaf:depiction
n8:Decibel2.png
foaf:homepage
n4:
prop-ja:developer
KDE / NLNet、basysKomによりサポートされている
prop-ja:genre
dbpedia-ja:コミュニケーションフレームワーク
prop-ja:latestReleaseVersion
0.5
prop-ja:license
dbpedia-ja:GNU_Lesser_General_Public_License
prop-ja:name
Decibel
prop-ja:operatingSystem
dbpedia-ja:Unix系
prop-ja:website
n4:
prop-ja:latestReleaseDate
--07-31
prop-ja:screenshot
200
dbo:abstract
Decibel(デシベル)は、Linuxデスクトップ環境の一つであるKDEのバージョン4に搭載される予定のコミュニケーションに関する新しいフレームワークである。Decibelは全ての通信プロトコルをデスクトップに統一することを目標としている。現在のところ、AOL Instant MessengerやWindows Live メッセンジャー、メール、Skypeなどでプロトコルは別々の方法で取り扱われているが、Decibelはこれらを一つにまとめることで、ユーザーは自身のコンタクト情報をより簡単に管理することが出来るようになると見られる。 例えば、ユーザーAがユーザーBとメッセージを送信する状況を考えてみる。ユーザーAがコンピュータにユーザーBと接続するよう要求すると、サービスマネージャは要求を受け入れて、ユーザーBにそのメッセージを送信するために最も望ましい方法を(電話番号やEメールアドレスなどに応じて)自動的に選択する。それゆえ、ユーザーBがどのプロトコルを用いていようとも、ユーザーAはBと通信できる。
dbo:latestReleaseVersion
.5
dbo:creator
dbpedia-ja:KDE
dbo:license
dbpedia-ja:GNU_Lesser_General_Public_License
dbo:wikiPageLength
1798
dbo:operatingSystem
dbpedia-ja:Unix系
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:Decibel?oldid=87498742&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:Decibel
Subject Item
dbpedia-ja:Tapioca
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Decibel
Subject Item
dbpedia-ja:Telepathy
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Decibel
Subject Item
dbpedia-ja:ゼネラル・エレクトリック_GE4
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Decibel
Subject Item
dbpedia-ja:南果歩
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Decibel
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q1181833
owl:sameAs
dbpedia-ja:Decibel
Subject Item
wikipedia-ja:Decibel
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:Decibel