This HTML5 document contains 60 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
n6http://aws.amazon.com/sqs/
n9https://github.com/adamw/
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
schemahttp://schema.org/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n8http://www.amazon.com/Simple-Queue-Service-home-page/
n17http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n11http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n14http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:
wikidatahttp://www.wikidata.org/entity/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service
rdf:type
wikidata:Q386724 dbo:Software dbo:Work owl:Thing schema:CreativeWork wikidata:Q7397
rdfs:label
Amazon Simple Queue Service
rdfs:comment
Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) は、2004年後半にAmazon.comによって導入された分散型メッセージキューイングサービスで、Amazon Web Servicesで提供された初のサービスでもある。インターネットを介して通信する手段として、Webサービスアプリケーションを介したプログラムによるメッセージの送信をサポートしている。 SQSは、共通の生産者-消費者問題または生産者と消費者間の接続に起因する問題を解決する高度にスケーラブルなホストメッセージキューを提供することを目的としている。 Amazon SQSは、メッセージングサービスの商品化として表現できる。 よく知られているメッセージング・サービス技術の例には、IBM WebSphere MQとMicrosoft Message Queuingがある。これらのテクノロジーとは異なり、ユーザーは独自のサーバーを保守する必要はない。 AmazonはSQSを実行し、SQSサービスを使用率ごとに販売している。
dct:subject
n11:メッセージ指向ミドルウェア n11:Amazon_Web_Services n11:プロセス間通信
dbo:wikiPageID
3614407
dbo:wikiPageRevisionID
85999231
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:WS-Security dbpedia-ja:プロプライエタリソフトウェア dbpedia-ja:SDK dbpedia-ja:Netflix dbpedia-ja:Amazon_DynamoDB dbpedia-ja:Dropbox n11:メッセージ指向ミドルウェア n14:AWS_Simple_Icons_Messaging_Amazon_SQS.svg n11:プロセス間通信 dbpedia-ja:Amazon.com dbpedia-ja:SOAP_(プロトコル) dbpedia-ja:メッセージキュー dbpedia-ja:IBM dbpedia-ja:IBM_MQ n11:Amazon_Web_Services dbpedia-ja:Amazon_Web_Services dbpedia-ja:Amazon_Simple_Storage_Service dbpedia-ja:Java_Message_Service
dbo:wikiPageExternalLink
n8:b%3Fnode=13584001 n9:elasticmq n6:
foaf:name
Amazon Simple Queue Service
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Infobox_Software template-ja:Amazon template-ja:Reflist
foaf:homepage
n6:
foaf:depiction
n17:AWS_Simple_Icons_Messaging_Amazon_SQS.svg
dbo:thumbnail
n17:AWS_Simple_Icons_Messaging_Amazon_SQS.svg?width=300
prop-ja:ロゴキャプション
Amazon Simple Queue Service
prop-ja:frequentlyUpdated
あり
prop-ja:サポート状況
アクティブ
prop-ja:ライセンス
dbpedia-ja:プロプライエタリソフトウェア
prop-ja:ロゴ
150
prop-ja:公式サイト
n6:
prop-ja:名称
Amazon Simple Queue Service
prop-ja:開発元
dbpedia-ja:Amazon.com
dbo:frequentlyUpdated
あり
dbo:abstract
Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) は、2004年後半にAmazon.comによって導入された分散型メッセージキューイングサービスで、Amazon Web Servicesで提供された初のサービスでもある。インターネットを介して通信する手段として、Webサービスアプリケーションを介したプログラムによるメッセージの送信をサポートしている。 SQSは、共通の生産者-消費者問題または生産者と消費者間の接続に起因する問題を解決する高度にスケーラブルなホストメッセージキューを提供することを目的としている。 Amazon SQSは、メッセージングサービスの商品化として表現できる。 よく知られているメッセージング・サービス技術の例には、IBM WebSphere MQとMicrosoft Message Queuingがある。これらのテクノロジーとは異なり、ユーザーは独自のサーバーを保守する必要はない。 AmazonはSQSを実行し、SQSサービスを使用率ごとに販売している。
dbo:license
dbpedia-ja:プロプライエタリソフトウェア
dbo:publisher
dbpedia-ja:Amazon.com
dbo:wikiPageLength
4243
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service?oldid=85999231&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service
Subject Item
dbpedia-ja:Amazon_Web_Services
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service
Subject Item
dbpedia-ja:クラウドコンピューティング
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q4033880
owl:sameAs
dbpedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service
Subject Item
wikipedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:Amazon_Simple_Queue_Service