This HTML5 document contains 47 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-enhttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
n4http://www.lexikon-der-wehrmacht.de/Waffen/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n10http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n8http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
n14http://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n7http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-enhttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:歩兵砲
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:7.5_cm_IG_37
Subject Item
dbpedia-ja:5_cm_PaK_38
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:7.5_cm_IG_37
Subject Item
dbpedia-ja:7.5_cm_IG_37
rdfs:label
7.5 cm IG 37
rdfs:comment
7.5 cm leIG 37(独: 7.5 cm Infanteriegeschütz 37)とは第二次世界大戦でドイツ国防軍が使用した歩兵砲である。1944年6月に最初の84門が生産・配備され、戦争終結時には1,304門が運用されていた。本砲は当初7.5cm PaK 37と呼称された。7.5 cm IG 37は3.7cm PaK 35/36、およびソビエト連邦から捕獲され、ほぼ同一形状の3.7cm PaK 158(r)の砲架から製造された。製造開始は1944年後半である。また砲身には、歩兵支援用の砲であるIG 42のためにオリジナルに設計されていたものが用いられた。対戦車兵器として、成形炸薬弾が使用された。炸薬は0.5kg、砲弾の存速395m/sの状態で85mmの垂直装甲を貫通した。
owl:sameAs
freebase:m.01f4g_
dct:subject
n8:ドイツ国防軍の火砲 n8:歩兵砲 n8:75mm砲
dbo:wikiPageID
2464821
dbo:wikiPageRevisionID
90322310
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:成形炸薬弾 dbpedia-ja:3.7_cm_PaK_36 dbpedia-ja:クルップ n7:Panzermuseum_Munster_2010_0261.JPG n8:75mm砲 dbpedia-ja:歩兵砲 dbpedia-ja:装甲 n8:歩兵砲 dbpedia-ja:ドイツ国防軍 dbpedia-ja:第二次世界大戦 dbpedia-ja:1-K_37mm対戦車砲 dbpedia-ja:砲兵 n8:ドイツ国防軍の火砲
dbo:wikiPageExternalLink
n4:Infanteriegeschutze.htm
prop-en:wikiPageUsesTemplate
template-en:Commons_category template-en:Convert template-en:Infobox_Weapon template-en:WWIIGermanGuns template-en:Flag template-en:ISBN2
foaf:depiction
n10:Panzermuseum_Munster_2010_0261.jpg
dbo:thumbnail
n10:Panzermuseum_Munster_2010_0261.jpg?width=300
prop-en:caliber
75.0
prop-en:caption
At the Panzermuseum Munster
prop-en:designer
dbpedia-ja:クルップ
prop-en:elevation
–5° to +24°
prop-en:isArtillery
yes
prop-en:name
7.5
prop-en:number
1304
prop-en:traverse
60
prop-en:type
dbpedia-ja:歩兵砲
dbo:abstract
7.5 cm leIG 37(独: 7.5 cm Infanteriegeschütz 37)とは第二次世界大戦でドイツ国防軍が使用した歩兵砲である。1944年6月に最初の84門が生産・配備され、戦争終結時には1,304門が運用されていた。本砲は当初7.5cm PaK 37と呼称された。7.5 cm IG 37は3.7cm PaK 35/36、およびソビエト連邦から捕獲され、ほぼ同一形状の3.7cm PaK 158(r)の砲架から製造された。製造開始は1944年後半である。また砲身には、歩兵支援用の砲であるIG 42のためにオリジナルに設計されていたものが用いられた。対戦車兵器として、成形炸薬弾が使用された。炸薬は0.5kg、砲弾の存速395m/sの状態で85mmの垂直装甲を貫通した。
dbo:wikiPageLength
1940
prov:wasDerivedFrom
n14:7.5_cm_IG_37?oldid=90322310&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
n14:7.5_cm_IG_37
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q259081
owl:sameAs
dbpedia-ja:7.5_cm_IG_37
Subject Item
n14:7.5_cm_IG_37
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:7.5_cm_IG_37