This HTML5 document contains 261 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
n21http://www.esa.int/gsp/ACT/biomimetics/
n27http://www.livescience.com/technology/
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
n19http://www.sigmorobot.com/technology/news/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n13http://www.cbimms.duke.edu/
n24http://www.bionics2space.org/
n8http://lautaro.bionik.tu-berlin.de/institut/
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
n22http://
n14http://www.scq.ubc.ca/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
n7http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
n17http://www.ric.org/about/news/
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n26http://www.ccnmag.com/
n20http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:
n15http://www.daimlerchrysler.com/dccom/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
n25http://www.wired.com/news/technology/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:Atomic_Heart_(コンピュータゲーム)
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ジャック・E・スティール
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:中山学之
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:計算知能
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ナノテクノロジー
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:マサチューセッツ工科大学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:人造人間
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:機械工学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生物工学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:工学の一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:サイボーグ
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:プラント_(ガンダムシリーズ)
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:時空戦士スピルバン
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:脳波
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ザゼンソウ
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ミノムシ
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体工学
rdfs:label
生体工学
rdfs:comment
生体工学(せいたいこうがく、英: bionics)は、科学的方法や自然界にあるシステムを応用して工学システムや最新テクノロジーの設計や研究を行う学問領域である。アメリカ空軍の医師ジャック・E・スティールが1958年に提唱した。「bionics」の語源は、ギリシア語の βίον(生命体)に接尾辞 -ic(-的、-の方法で)が付いたもので、「生命体的」を意味する。近い概念として、生体模倣(英: Biomimetics,Biomimicry)がある。 生命体には進化的な圧力による高度な最適化があり、効率的であるため、これを人工物の構築に応用することが考えられた。古典的な例としてはハス科の植物の表面を研究することにより、撥水加工技術が生まれた(ロータス効果)。他にも、イルカの肌を模倣した船殻、コウモリの反響定位を模倣したソナー、レーダー、医用超音波画像などがある。 コンピュータの分野では、生体工学の研究から人工神経、ニューラルネットワーク、群知能などが生まれた。進化的計算も生体工学的な考え方が根底にあるが、In silico(コンピュータを用いて)進化のシミュレーションを行うことから生まれた考え方であり、自然界にはなかった最適化された手法が生み出されている。
owl:sameAs
freebase:m.03scjj
dct:subject
n7:医学の学際分野 n7:生物学の分野 n7:工学の分野 n7:人工臓器 n7:生体工学
dbo:wikiPageID
196742
dbo:wikiPageRevisionID
85834178 78724884
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:イギリス dbpedia-ja:人工心臓 dbpedia-ja:2004年 dbpedia-ja:新幹線 dbpedia-ja:バイオメカトロニクス dbpedia-ja:松かさ dbpedia-ja:ジャック・E・スティール dbpedia-ja:コウモリ dbpedia-ja:トンボ dbpedia-ja:カタツムリ dbpedia-ja:応用生物学部 dbpedia-ja:生物学 dbpedia-ja:アホウドリ dbpedia-ja:生物工学 dbpedia-ja:生物 dbpedia-ja:生命 dbpedia-ja:ギリシア語 dbpedia-ja:レオナルド・ダ・ヴィンチ dbpedia-ja:触角 dbpedia-ja:テクノロジー dbpedia-ja:サメ dbpedia-ja:人工内耳 dbpedia-ja:人工神経 dbpedia-ja:ナノテクノロジー dbpedia-ja:事例ベース推論 dbpedia-ja:バイオミメティクス dbpedia-ja:バックミンスター・フラー n7:医学の学際分野 dbpedia-ja:模倣 dbpedia-ja:ジョルジュ・デ・メストラル dbpedia-ja:進化的計算 dbpedia-ja:エア・コンディショナー dbpedia-ja:サイボーグ dbpedia-ja:反響定位 dbpedia-ja:WIRED_(雑誌) dbpedia-ja:英語 dbpedia-ja:シミュレーション dbpedia-ja:環境問題関連の記事一覧 dbpedia-ja:群れ dbpedia-ja:知能 dbpedia-ja:サイバネティックス dbpedia-ja:システム生物学 dbpedia-ja:ハス科 dbpedia-ja:人工知能 dbpedia-ja:群知能 dbpedia-ja:植生 dbpedia-ja:コオロギ dbpedia-ja:器官 dbpedia-ja:生物物理学 dbpedia-ja:イヌ dbpedia-ja:生体材料 dbpedia-ja:シモン・ペレス dbpedia-ja:ドローン dbpedia-ja:レーダー dbpedia-ja:創発 n7:生物学の分野 dbpedia-ja:皮下注射針 dbpedia-ja:In_silico dbpedia-ja:自浄効果 dbpedia-ja:ペンシルベニア州立大学 dbpedia-ja:科学的方法 dbpedia-ja:ペンシルベニア大学 dbpedia-ja:水着 dbpedia-ja:システム dbpedia-ja:進化 dbpedia-ja:イスラエル dbpedia-ja:1958年 dbpedia-ja:集電装置 n7:人工臓器 dbpedia-ja:クモ dbpedia-ja:ガ dbpedia-ja:1948年 dbpedia-ja:アメリカ合衆国 dbpedia-ja:スパイバー dbpedia-ja:カワセミ dbpedia-ja:鱗 dbpedia-ja:サブサンプション・アーキテクチャ n20:Lotus3.jpg dbpedia-ja:東京工科大学 n7:工学の分野 dbpedia-ja:実装 dbpedia-ja:面ファスナー dbpedia-ja:スズメバチ dbpedia-ja:カ dbpedia-ja:超音波検査 dbpedia-ja:濡れ dbpedia-ja:数理生物学 dbpedia-ja:イルカ dbpedia-ja:ナガヒラタタマムシ dbpedia-ja:翼平面形 dbpedia-ja:網膜 dbpedia-ja:ロータス効果 dbpedia-ja:イヌワシ dbpedia-ja:ニューラルネットワーク dbpedia-ja:インプラント dbpedia-ja:競泳 dbpedia-ja:バス大学 dbpedia-ja:ミノムシ dbpedia-ja:最適化 dbpedia-ja:ハス dbpedia-ja:義肢 dbpedia-ja:くちばし dbpedia-ja:諜報活動 dbpedia-ja:サンショウウオ dbpedia-ja:ろう者 dbpedia-ja:バイオメカニクス dbpedia-ja:工学 dbpedia-ja:シリコン網膜 dbpedia-ja:フクロウ dbpedia-ja:ザゼンソウ dbpedia-ja:自然 dbpedia-ja:2006年 dbpedia-ja:ヤモリ科 dbpedia-ja:計算機科学 dbpedia-ja:医用生体工学 dbpedia-ja:スイス dbpedia-ja:フィルム dbpedia-ja:騒音 n7:生体工学 dbpedia-ja:注射器 dbpedia-ja:トンネル dbpedia-ja:人工臓器 dbpedia-ja:接尾辞 dbpedia-ja:蝸牛 dbpedia-ja:ソナー dbpedia-ja:ゴボウ
dbo:wikiPageExternalLink
n8:xstart.htm n13:research.htm n14:%3Fp=321 n15:0,,0-5-7154-1-503504-1-0-0-503518-0-0-8-10736-0-0-0-0-0-0-0,00.html n17:pr_display.php%3Fid=319 n19:brain_controlled_game.htm n21:index.htm n19:toast_bionic_man.htm n22:www.biomimicry.net n22:www.biomimicryguild.com n22:www.biomimetics.org.uk n22:www.biomimicryinstitute.org n24: n25:0,1282,65642,00.html%3Ftw=wn_story_top5 n26:story.php%3Fid=197 n27:050118_abalone_armor.html
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:脚注ヘルプ template-ja:Commonscat template-ja:出典の明記 template-ja:関連項目過剰 template-ja:Normdaten template-ja:要出典範囲 template-ja:要出典 template-ja:Reflist template-ja:精度 template-ja:仮リンク
dbo:abstract
生体工学(せいたいこうがく、英: bionics)は、科学的方法や自然界にあるシステムを応用して工学システムや最新テクノロジーの設計や研究を行う学問領域である。アメリカ空軍の医師ジャック・E・スティールが1958年に提唱した。「bionics」の語源は、ギリシア語の βίον(生命体)に接尾辞 -ic(-的、-の方法で)が付いたもので、「生命体的」を意味する。近い概念として、生体模倣(英: Biomimetics,Biomimicry)がある。 生命体には進化的な圧力による高度な最適化があり、効率的であるため、これを人工物の構築に応用することが考えられた。古典的な例としてはハス科の植物の表面を研究することにより、撥水加工技術が生まれた(ロータス効果)。他にも、イルカの肌を模倣した船殻、コウモリの反響定位を模倣したソナー、レーダー、医用超音波画像などがある。 コンピュータの分野では、生体工学の研究から人工神経、ニューラルネットワーク、群知能などが生まれた。進化的計算も生体工学的な考え方が根底にあるが、In silico(コンピュータを用いて)進化のシミュレーションを行うことから生まれた考え方であり、自然界にはなかった最適化された手法が生み出されている。 イギリス の生体模倣技術の専門家ジュリアン・ヴィンセントによれば、「現在、生物学とテクノロジーの間でメカニズムが共有されている部分は10%にすぎない」とされている。
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:生体工学?oldid=85834178&ns=0 wikipedia-ja:生体工学?oldid=78724884&ns=0
dbo:wikiPageLength
7567 7576
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:トランスヒューマニズム
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:東京理科大学の人物一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:鹿児島県立加治木高等学校
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:バイオメカニクス
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:千葉工業大学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:大阪工業大学の人物一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:軽部征夫
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:バイオニクス学部
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ロータス効果
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:応用生物学部
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:福岡県立修猷館高等学校の人物一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:事例ベース推論
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:筏義人
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:フィジオーム
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:リンゼイ・ワグナー
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:自律型無人潜水機
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:クローディア・ミッチェル
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:共生システム理工学研究科
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:学問の一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ガープス・サイバーパンク
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ロバート・ランガー
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
prop-ja:fields
dbpedia-ja:生体工学
dbo:field
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ティロル_(架空の衛星)
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:サイボーグ009の登場人物
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ソフトサイエンス
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:パーマカルチャー
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:杉田元宜
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:石田秀輝
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:金光不二夫
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:バイオミメティクス
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:谷口博
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:エリザベス女王工学賞
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:サイバスロン
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体信号
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体磁気
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体電位
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体電磁気
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:肺磁図
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:マグニートー_(マーベル・コミック)
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:核四重極共鳴断層撮影
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:核四重極共鳴画像法
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:熱音響断層撮影
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:磁場画像法
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:磁気生理学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:磁気誘導断層撮影
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:磁気音響断層撮影
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:筋磁図
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:筋音図
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:透磁率断層撮影
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:春山哲也
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:高等研究財団
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:スター・トーク
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:諸麥俊司
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:東京医科歯科大学生体材料工学研究所
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:田中正夫
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ジョアン・カルロス・マルティンス
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:原利昭
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:山口隆美
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:松本健郎
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:牛田多加志
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:DCユニバース
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:マーベル・ユニバース
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:ヴィース研究所
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:一二三恵美
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
prop-ja:研究分野
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:バイオニクス
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:バイオミミクリー
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q189131
owl:sameAs
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体模倣技術
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
dbpedia-ja:生体電子工学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:生体工学
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:生体工学
Subject Item
wikipedia-ja:生体工学
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:生体工学