Yellow Dog Linux(イエロードッグ・リナックス)はRPMを利用するRed Hat系Linuxディストリビューションの一つで、現在はFedoraベースである。PowerPCベースのCPUを採用したMacintosh(G4,G5)、IBM System p(JS2x,510,520, 540)、YDL PowerStationで動作する。 最初の開発は、米国Terra Soft Solutions社であった。1999年に同社によって最初のバージョンがリリースされた。2008年11月にフィックスターズがTerra Soft Solutionsから全事業を買収し米国子会社Fixstars Solutionsとして再出発する。同時にYellow Dog Linuxの開発も引き継がれた。 日本ではLinuxPPCの日本代理店であったアミュレットが日本語化および販売を行っていたが、フィックスターズの買収と同時に販売と出荷を終了した。今後はフィックスターズが直接行う。 バージョン5.0からはPowerPC派生CPUであるCellを採用するプレイステーション3にも対応し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの公認を受けていたが、新型プレイステーション3には対応しなかった。その後のアップデートで、旧型を含めた全機種のプレイステーション3で対応できなくなる旨が発表されている(理由は不明)。

Property Value
dbo:abstract
  • Yellow Dog Linux(イエロードッグ・リナックス)はRPMを利用するRed Hat系Linuxディストリビューションの一つで、現在はFedoraベースである。PowerPCベースのCPUを採用したMacintosh(G4,G5)、IBM System p(JS2x,510,520, 540)、YDL PowerStationで動作する。 最初の開発は、米国Terra Soft Solutions社であった。1999年に同社によって最初のバージョンがリリースされた。2008年11月にフィックスターズがTerra Soft Solutionsから全事業を買収し米国子会社Fixstars Solutionsとして再出発する。同時にYellow Dog Linuxの開発も引き継がれた。 日本ではLinuxPPCの日本代理店であったアミュレットが日本語化および販売を行っていたが、フィックスターズの買収と同時に販売と出荷を終了した。今後はフィックスターズが直接行う。 バージョン5.0からはPowerPC派生CPUであるCellを採用するプレイステーション3にも対応し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの公認を受けていたが、新型プレイステーション3には対応しなかった。その後のアップデートで、旧型を含めた全機種のプレイステーション3で対応できなくなる旨が発表されている(理由は不明)。 (ja)
  • Yellow Dog Linux(イエロードッグ・リナックス)はRPMを利用するRed Hat系Linuxディストリビューションの一つで、現在はFedoraベースである。PowerPCベースのCPUを採用したMacintosh(G4,G5)、IBM System p(JS2x,510,520, 540)、YDL PowerStationで動作する。 最初の開発は、米国Terra Soft Solutions社であった。1999年に同社によって最初のバージョンがリリースされた。2008年11月にフィックスターズがTerra Soft Solutionsから全事業を買収し米国子会社Fixstars Solutionsとして再出発する。同時にYellow Dog Linuxの開発も引き継がれた。 日本ではLinuxPPCの日本代理店であったアミュレットが日本語化および販売を行っていたが、フィックスターズの買収と同時に販売と出荷を終了した。今後はフィックスターズが直接行う。 バージョン5.0からはPowerPC派生CPUであるCellを採用するプレイステーション3にも対応し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの公認を受けていたが、新型プレイステーション3には対応しなかった。その後のアップデートで、旧型を含めた全機種のプレイステーション3で対応できなくなる旨が発表されている(理由は不明)。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 84139 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3015 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78038841 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • YellowDog Linux 6.0 (ja)
  • YellowDog Linux 6.0 (ja)
prop-ja:developer
  • Fixstars (ja)
  • Fixstars (ja)
prop-ja:family
prop-ja:kernelType
prop-ja:latestReleaseDate
  • --08-06
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Yellow Dog Linux (ja)
  • Yellow Dog Linux (ja)
prop-ja:screenshot
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発終了 (ja)
  • 開発終了 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • Yellow Dog Linux(イエロードッグ・リナックス)はRPMを利用するRed Hat系Linuxディストリビューションの一つで、現在はFedoraベースである。PowerPCベースのCPUを採用したMacintosh(G4,G5)、IBM System p(JS2x,510,520, 540)、YDL PowerStationで動作する。 最初の開発は、米国Terra Soft Solutions社であった。1999年に同社によって最初のバージョンがリリースされた。2008年11月にフィックスターズがTerra Soft Solutionsから全事業を買収し米国子会社Fixstars Solutionsとして再出発する。同時にYellow Dog Linuxの開発も引き継がれた。 日本ではLinuxPPCの日本代理店であったアミュレットが日本語化および販売を行っていたが、フィックスターズの買収と同時に販売と出荷を終了した。今後はフィックスターズが直接行う。 バージョン5.0からはPowerPC派生CPUであるCellを採用するプレイステーション3にも対応し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの公認を受けていたが、新型プレイステーション3には対応しなかった。その後のアップデートで、旧型を含めた全機種のプレイステーション3で対応できなくなる旨が発表されている(理由は不明)。 (ja)
  • Yellow Dog Linux(イエロードッグ・リナックス)はRPMを利用するRed Hat系Linuxディストリビューションの一つで、現在はFedoraベースである。PowerPCベースのCPUを採用したMacintosh(G4,G5)、IBM System p(JS2x,510,520, 540)、YDL PowerStationで動作する。 最初の開発は、米国Terra Soft Solutions社であった。1999年に同社によって最初のバージョンがリリースされた。2008年11月にフィックスターズがTerra Soft Solutionsから全事業を買収し米国子会社Fixstars Solutionsとして再出発する。同時にYellow Dog Linuxの開発も引き継がれた。 日本ではLinuxPPCの日本代理店であったアミュレットが日本語化および販売を行っていたが、フィックスターズの買収と同時に販売と出荷を終了した。今後はフィックスターズが直接行う。 バージョン5.0からはPowerPC派生CPUであるCellを採用するプレイステーション3にも対応し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの公認を受けていたが、新型プレイステーション3には対応しなかった。その後のアップデートで、旧型を含めた全機種のプレイステーション3で対応できなくなる旨が発表されている(理由は不明)。 (ja)
rdfs:label
  • Yellow Dog Linux (ja)
  • Yellow Dog Linux (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of