YAFFS (Yet Another Flash File System) はによりデザインされ、記述された。所属はAleph Oneであり、ニュージーランドのにある。 Yaffs1はこのファイルシステムの最初のバージョンであり、512バイトに16バイト(OOB;Out-Of-Band)の予備領域を持たせた当時最新鋭のNANDチップ向けの最初のファイルシステムであった。作業は2002年に開始され、その年の後半に最初にリリースされました。最初の作業は、Toby Churchill LtdとBrightstar Engineeringが後援しました。これらのより古いチップは通常1ページあたり2~3回書き換えることができた。YAFFSにおいて、はマークされ、特定の予備領域に記録された。 より新しいNANDフラッシュはより大きなページを持っている。最初は2048バイト+64バイト予備領域であり、後に4Kのより大きいページを持ち、後者の方がより書き込み要件が厳しくなります。 消去ブロック(128キロバイト)内の各々のページはシーケンシャルに書き込まなければならず、しかも一度に書き込まなければならない。 「ライトワンスルール」(「ライトワンスプロパティ」)を適用するストレージシステムを設計することには、いくつかの利点があります。

Property Value
dbo:abstract
  • YAFFS (Yet Another Flash File System) はによりデザインされ、記述された。所属はAleph Oneであり、ニュージーランドのにある。 Yaffs1はこのファイルシステムの最初のバージョンであり、512バイトに16バイト(OOB;Out-Of-Band)の予備領域を持たせた当時最新鋭のNANDチップ向けの最初のファイルシステムであった。作業は2002年に開始され、その年の後半に最初にリリースされました。最初の作業は、Toby Churchill LtdとBrightstar Engineeringが後援しました。これらのより古いチップは通常1ページあたり2~3回書き換えることができた。YAFFSにおいて、はマークされ、特定の予備領域に記録された。 より新しいNANDフラッシュはより大きなページを持っている。最初は2048バイト+64バイト予備領域であり、後に4Kのより大きいページを持ち、後者の方がより書き込み要件が厳しくなります。 消去ブロック(128キロバイト)内の各々のページはシーケンシャルに書き込まなければならず、しかも一度に書き込まなければならない。 「ライトワンスルール」(「ライトワンスプロパティ」)を適用するストレージシステムを設計することには、いくつかの利点があります。 YAFFS2はこれらのより新しいチップに対応するようデザインされた。YAFFS2はYAFFS1のソースコードに基づいていて、大きな違いとしては内部構造は512バイトサイズに固定されておらず、ブロックシーケンス番号は各々の書き込まれたページに置かれている。これにより古いページは「ライトワンス」ルールに違反すること無く論理的に上書きされる。2003年後半にリリースされました。 YAFFSは頑丈なログ構造ファイルシステムであり、データ完全性に高い優先度が設定されている。YAFFSの2番目の目標はハイパフォーマンスである。YAFFSはほとんどの代替よりも通常効率が良いだろう。またポータブルなデザインとなっており、Linux、WinCE、、RTEMS、eCos、ThreadXを始めとして様々な専用目的のOSで使用可能である。変種である「YAFFS/Direct」はOSを持たない環境、組み込みOS、ブートローダで使用され、中枢のファイルシステムとしてだけでなくOSとNANDフラッシュとのシンプルなインターフェイスとしての役割も持つ。 このファイルシステムはGPLおよびAleph Oneとのプロダクトライセンスの両方でライセンスされている。 (ja)
  • YAFFS (Yet Another Flash File System) はによりデザインされ、記述された。所属はAleph Oneであり、ニュージーランドのにある。 Yaffs1はこのファイルシステムの最初のバージョンであり、512バイトに16バイト(OOB;Out-Of-Band)の予備領域を持たせた当時最新鋭のNANDチップ向けの最初のファイルシステムであった。作業は2002年に開始され、その年の後半に最初にリリースされました。最初の作業は、Toby Churchill LtdとBrightstar Engineeringが後援しました。これらのより古いチップは通常1ページあたり2~3回書き換えることができた。YAFFSにおいて、はマークされ、特定の予備領域に記録された。 より新しいNANDフラッシュはより大きなページを持っている。最初は2048バイト+64バイト予備領域であり、後に4Kのより大きいページを持ち、後者の方がより書き込み要件が厳しくなります。 消去ブロック(128キロバイト)内の各々のページはシーケンシャルに書き込まなければならず、しかも一度に書き込まなければならない。 「ライトワンスルール」(「ライトワンスプロパティ」)を適用するストレージシステムを設計することには、いくつかの利点があります。 YAFFS2はこれらのより新しいチップに対応するようデザインされた。YAFFS2はYAFFS1のソースコードに基づいていて、大きな違いとしては内部構造は512バイトサイズに固定されておらず、ブロックシーケンス番号は各々の書き込まれたページに置かれている。これにより古いページは「ライトワンス」ルールに違反すること無く論理的に上書きされる。2003年後半にリリースされました。 YAFFSは頑丈なログ構造ファイルシステムであり、データ完全性に高い優先度が設定されている。YAFFSの2番目の目標はハイパフォーマンスである。YAFFSはほとんどの代替よりも通常効率が良いだろう。またポータブルなデザインとなっており、Linux、WinCE、、RTEMS、eCos、ThreadXを始めとして様々な専用目的のOSで使用可能である。変種である「YAFFS/Direct」はOSを持たない環境、組み込みOS、ブートローダで使用され、中枢のファイルシステムとしてだけでなくOSとNANDフラッシュとのシンプルなインターフェイスとしての役割も持つ。 このファイルシステムはGPLおよびAleph Oneとのプロダクトライセンスの両方でライセンスされている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1897639 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4245 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88955814 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:developer
  • Charles Manning (ja)
  • Charles Manning (ja)
prop-en:fullName
  • Yet Another Flash File System (ja)
  • Yet Another Flash File System (ja)
prop-en:name
  • YAFFS (ja)
  • YAFFS (ja)
prop-en:os
  • Linux, Windows CE, , eCos, ThreadX (ja)
  • Linux, Windows CE, , eCos, ThreadX (ja)
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • YAFFS (Yet Another Flash File System) はによりデザインされ、記述された。所属はAleph Oneであり、ニュージーランドのにある。 Yaffs1はこのファイルシステムの最初のバージョンであり、512バイトに16バイト(OOB;Out-Of-Band)の予備領域を持たせた当時最新鋭のNANDチップ向けの最初のファイルシステムであった。作業は2002年に開始され、その年の後半に最初にリリースされました。最初の作業は、Toby Churchill LtdとBrightstar Engineeringが後援しました。これらのより古いチップは通常1ページあたり2~3回書き換えることができた。YAFFSにおいて、はマークされ、特定の予備領域に記録された。 より新しいNANDフラッシュはより大きなページを持っている。最初は2048バイト+64バイト予備領域であり、後に4Kのより大きいページを持ち、後者の方がより書き込み要件が厳しくなります。 消去ブロック(128キロバイト)内の各々のページはシーケンシャルに書き込まなければならず、しかも一度に書き込まなければならない。 「ライトワンスルール」(「ライトワンスプロパティ」)を適用するストレージシステムを設計することには、いくつかの利点があります。 (ja)
  • YAFFS (Yet Another Flash File System) はによりデザインされ、記述された。所属はAleph Oneであり、ニュージーランドのにある。 Yaffs1はこのファイルシステムの最初のバージョンであり、512バイトに16バイト(OOB;Out-Of-Band)の予備領域を持たせた当時最新鋭のNANDチップ向けの最初のファイルシステムであった。作業は2002年に開始され、その年の後半に最初にリリースされました。最初の作業は、Toby Churchill LtdとBrightstar Engineeringが後援しました。これらのより古いチップは通常1ページあたり2~3回書き換えることができた。YAFFSにおいて、はマークされ、特定の予備領域に記録された。 より新しいNANDフラッシュはより大きなページを持っている。最初は2048バイト+64バイト予備領域であり、後に4Kのより大きいページを持ち、後者の方がより書き込み要件が厳しくなります。 消去ブロック(128キロバイト)内の各々のページはシーケンシャルに書き込まなければならず、しかも一度に書き込まなければならない。 「ライトワンスルール」(「ライトワンスプロパティ」)を適用するストレージシステムを設計することには、いくつかの利点があります。 (ja)
rdfs:label
  • YAFFS (ja)
  • YAFFS (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of