XLR11はリアクション・モーターズ社によって1944年に開発が始まったロケットエンジン。 4基の燃焼室を持ち、推力1500lbf(重量ポンド)(6.7 kN,680 kgf)を発生する。エンジンの出力は加減できないが、4基の燃焼室のいくつかの燃焼を止める事によって加減する。 XLR11はX-1やドライデン飛行研究センターのリフティングボディや他の実験機にも使用された。 初期のX-15でも2基のXLR11が使用されている。各燃焼室の推力が2000lbf(8.9 kN,910 kgf)に増強され、全体では1万6000lbf(71 kN,7300 kgf)に達した。

Property Value
dbo:abstract
  • XLR11はリアクション・モーターズ社によって1944年に開発が始まったロケットエンジン。 4基の燃焼室を持ち、推力1500lbf(重量ポンド)(6.7 kN,680 kgf)を発生する。エンジンの出力は加減できないが、4基の燃焼室のいくつかの燃焼を止める事によって加減する。 XLR11はX-1やドライデン飛行研究センターのリフティングボディや他の実験機にも使用された。 初期のX-15でも2基のXLR11が使用されている。各燃焼室の推力が2000lbf(8.9 kN,910 kgf)に増強され、全体では1万6000lbf(71 kN,7300 kgf)に達した。 (ja)
  • XLR11はリアクション・モーターズ社によって1944年に開発が始まったロケットエンジン。 4基の燃焼室を持ち、推力1500lbf(重量ポンド)(6.7 kN,680 kgf)を発生する。エンジンの出力は加減できないが、4基の燃焼室のいくつかの燃焼を止める事によって加減する。 XLR11はX-1やドライデン飛行研究センターのリフティングボディや他の実験機にも使用された。 初期のX-15でも2基のXLR11が使用されている。各燃焼室の推力が2000lbf(8.9 kN,910 kgf)に増強され、全体では1万6000lbf(71 kN,7300 kgf)に達した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1301720 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 665 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 58361167 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • XLR11はリアクション・モーターズ社によって1944年に開発が始まったロケットエンジン。 4基の燃焼室を持ち、推力1500lbf(重量ポンド)(6.7 kN,680 kgf)を発生する。エンジンの出力は加減できないが、4基の燃焼室のいくつかの燃焼を止める事によって加減する。 XLR11はX-1やドライデン飛行研究センターのリフティングボディや他の実験機にも使用された。 初期のX-15でも2基のXLR11が使用されている。各燃焼室の推力が2000lbf(8.9 kN,910 kgf)に増強され、全体では1万6000lbf(71 kN,7300 kgf)に達した。 (ja)
  • XLR11はリアクション・モーターズ社によって1944年に開発が始まったロケットエンジン。 4基の燃焼室を持ち、推力1500lbf(重量ポンド)(6.7 kN,680 kgf)を発生する。エンジンの出力は加減できないが、4基の燃焼室のいくつかの燃焼を止める事によって加減する。 XLR11はX-1やドライデン飛行研究センターのリフティングボディや他の実験機にも使用された。 初期のX-15でも2基のXLR11が使用されている。各燃焼室の推力が2000lbf(8.9 kN,910 kgf)に増強され、全体では1万6000lbf(71 kN,7300 kgf)に達した。 (ja)
rdfs:label
  • XLR11 (ja)
  • XLR11 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン名(プロペラ)_ of
is foaf:primaryTopic of