Wayland は、ディスプレイサーバとクライアント間の通信方法を記述した通信プロトコルである。また、そのプロトコルをCで実装したライブラリでもある。Waylandプロトコルを使用したディスプレイサーバをと呼ぶ。これは、このディスプレイサーバがコンポジット型ウィンドウマネージャの機能も持つためである。 Waylandは当初、Kristian Høgsberg率いるボランティアによって、フリーかつオープンソースコミュニティ主導のプロジェクトとして開発されていた。このプロジェクトは、Linuxやその他のUnix系OSにおいて、X Window Systemをモダンで安全でよりシンプルなものに置き換えることを目的としている。プロジェクトのソースコードは、パーミッシブ・ライセンスのひとつであるMITライセンスで公開されている。 成果の一部として、Waylandプロジェクトはと呼ばれるWaylandコンポジタのリファレンス実装も開発した。

Property Value
dbo:abstract
  • Wayland は、ディスプレイサーバとクライアント間の通信方法を記述した通信プロトコルである。また、そのプロトコルをCで実装したライブラリでもある。Waylandプロトコルを使用したディスプレイサーバをと呼ぶ。これは、このディスプレイサーバがコンポジット型ウィンドウマネージャの機能も持つためである。 Waylandは当初、Kristian Høgsberg率いるボランティアによって、フリーかつオープンソースコミュニティ主導のプロジェクトとして開発されていた。このプロジェクトは、Linuxやその他のUnix系OSにおいて、X Window Systemをモダンで安全でよりシンプルなものに置き換えることを目的としている。プロジェクトのソースコードは、パーミッシブ・ライセンスのひとつであるMITライセンスで公開されている。 成果の一部として、Waylandプロジェクトはと呼ばれるWaylandコンポジタのリファレンス実装も開発した。 (ja)
  • Wayland は、ディスプレイサーバとクライアント間の通信方法を記述した通信プロトコルである。また、そのプロトコルをCで実装したライブラリでもある。Waylandプロトコルを使用したディスプレイサーバをと呼ぶ。これは、このディスプレイサーバがコンポジット型ウィンドウマネージャの機能も持つためである。 Waylandは当初、Kristian Høgsberg率いるボランティアによって、フリーかつオープンソースコミュニティ主導のプロジェクトとして開発されていた。このプロジェクトは、Linuxやその他のUnix系OSにおいて、X Window Systemをモダンで安全でよりシンプルなものに置き換えることを目的としている。プロジェクトのソースコードは、パーミッシブ・ライセンスのひとつであるMITライセンスで公開されている。 成果の一部として、Waylandプロジェクトはと呼ばれるWaylandコンポジタのリファレンス実装も開発した。 (ja)
dbo:creator
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:latestReleaseVersion
  • Wayland: 1.19, Weston: 8.0
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2232852 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 74495 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88186487 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Kristian Høgsberg (ja)
  • Kristian Høgsberg (ja)
prop-ja:caption
  • Waylandのデモ (ja)
  • Waylandのデモ (ja)
prop-ja:date
  • December 2016 (ja)
  • December 2016 (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseVersion
  • Wayland: 1.19, Weston: 8.0 (ja)
  • Wayland: 1.19, Weston: 8.0 (ja)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Wayland (ja)
  • Wayland (ja)
prop-ja:operatingSystem
  • 公式: Linux (ja)
  • 非公式: NetBSD, FreeBSD, DragonFly BSD (ja)
  • 公式: Linux (ja)
  • 非公式: NetBSD, FreeBSD, DragonFly BSD (ja)
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:reason
  • 入力・出力の両方とも検出できる? (ja)
  • 入力・出力の両方とも検出できる? (ja)
prop-ja:screenshot
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • 正式公開済み (ja)
  • 正式公開済み (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Wayland は、ディスプレイサーバとクライアント間の通信方法を記述した通信プロトコルである。また、そのプロトコルをCで実装したライブラリでもある。Waylandプロトコルを使用したディスプレイサーバをと呼ぶ。これは、このディスプレイサーバがコンポジット型ウィンドウマネージャの機能も持つためである。 Waylandは当初、Kristian Høgsberg率いるボランティアによって、フリーかつオープンソースコミュニティ主導のプロジェクトとして開発されていた。このプロジェクトは、Linuxやその他のUnix系OSにおいて、X Window Systemをモダンで安全でよりシンプルなものに置き換えることを目的としている。プロジェクトのソースコードは、パーミッシブ・ライセンスのひとつであるMITライセンスで公開されている。 成果の一部として、Waylandプロジェクトはと呼ばれるWaylandコンポジタのリファレンス実装も開発した。 (ja)
  • Wayland は、ディスプレイサーバとクライアント間の通信方法を記述した通信プロトコルである。また、そのプロトコルをCで実装したライブラリでもある。Waylandプロトコルを使用したディスプレイサーバをと呼ぶ。これは、このディスプレイサーバがコンポジット型ウィンドウマネージャの機能も持つためである。 Waylandは当初、Kristian Høgsberg率いるボランティアによって、フリーかつオープンソースコミュニティ主導のプロジェクトとして開発されていた。このプロジェクトは、Linuxやその他のUnix系OSにおいて、X Window Systemをモダンで安全でよりシンプルなものに置き換えることを目的としている。プロジェクトのソースコードは、パーミッシブ・ライセンスのひとつであるMITライセンスで公開されている。 成果の一部として、Waylandプロジェクトはと呼ばれるWaylandコンポジタのリファレンス実装も開発した。 (ja)
rdfs:label
  • Wayland (ja)
  • Wayland (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Wayland (ja)
  • Wayland (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of