VIA Apollo P4X266 (P4X266) は2001年8月にVIA Technologies (VIA) が発表した同社初のPentium 4プラットフォーム向けチップセットである。市場に出回った最初のDDR SDRAM対応Pentium 4用チップセットであることや、VIAとインテルの間でバスライセンスの合意がされないまま提供されたことで、様々な注目と話題の対象となった。

Property Value
dbo:abstract
  • VIA Apollo P4X266 (P4X266) は2001年8月にVIA Technologies (VIA) が発表した同社初のPentium 4プラットフォーム向けチップセットである。市場に出回った最初のDDR SDRAM対応Pentium 4用チップセットであることや、VIAとインテルの間でバスライセンスの合意がされないまま提供されたことで、様々な注目と話題の対象となった。 (ja)
  • VIA Apollo P4X266 (P4X266) は2001年8月にVIA Technologies (VIA) が発表した同社初のPentium 4プラットフォーム向けチップセットである。市場に出回った最初のDDR SDRAM対応Pentium 4用チップセットであることや、VIAとインテルの間でバスライセンスの合意がされないまま提供されたことで、様々な注目と話題の対象となった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1899859 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4891 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 62006987 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • VIA Apollo P4X266 (P4X266) は2001年8月にVIA Technologies (VIA) が発表した同社初のPentium 4プラットフォーム向けチップセットである。市場に出回った最初のDDR SDRAM対応Pentium 4用チップセットであることや、VIAとインテルの間でバスライセンスの合意がされないまま提供されたことで、様々な注目と話題の対象となった。 (ja)
  • VIA Apollo P4X266 (P4X266) は2001年8月にVIA Technologies (VIA) が発表した同社初のPentium 4プラットフォーム向けチップセットである。市場に出回った最初のDDR SDRAM対応Pentium 4用チップセットであることや、VIAとインテルの間でバスライセンスの合意がされないまま提供されたことで、様々な注目と話題の対象となった。 (ja)
rdfs:label
  • VIA Apollo P4X266 (ja)
  • VIA Apollo P4X266 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of