US-1は、新明和工業が開発し、海上自衛隊が使用した飛行艇。コールサインはIVORY(アイボリー)。初飛行はPS-1の原型PS-Xによって、1967年(昭和42年)10月24日、PS-1改によって1974年(昭和49年)10月6日。 なお、US-1は日本が開発・実用化した初の「水陸両用機」であり、離着陸が可能な降着装置(ランディング・ギア)を装備している。

Property Value
dbo:abstract
  • US-1は、新明和工業が開発し、海上自衛隊が使用した飛行艇。コールサインはIVORY(アイボリー)。初飛行はPS-1の原型PS-Xによって、1967年(昭和42年)10月24日、PS-1改によって1974年(昭和49年)10月6日。 なお、US-1は日本が開発・実用化した初の「水陸両用機」であり、離着陸が可能な降着装置(ランディング・ギア)を装備している。 (ja)
  • US-1は、新明和工業が開発し、海上自衛隊が使用した飛行艇。コールサインはIVORY(アイボリー)。初飛行はPS-1の原型PS-Xによって、1967年(昭和42年)10月24日、PS-1改によって1974年(昭和49年)10月6日。 なお、US-1は日本が開発・実用化した初の「水陸両用機」であり、離着陸が可能な降着装置(ランディング・ギア)を装備している。 (ja)
dbo:aircraftType
  • 飛行艇
dbo:aircraftUser
dbo:firstFlight
dbo:manufacturer
dbo:numberBuilt
  • 20 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 37425 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8181 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81199464 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • US-1A飛行艇(岩国基地で撮影) (ja)
  • US-1A飛行艇(岩国基地で撮影) (ja)
prop-ja:分類
prop-ja:初飛行年月日
  • --10-06
  • --10-24
prop-ja:名称
  • -1.0
prop-ja:生産数
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • Image:US-1 .jpg (ja)
  • Image:US-1 .jpg (ja)
prop-ja:製造者
prop-ja:退役年月日
  • --12-13
prop-ja:運用状況
  • 退役 (ja)
  • 退役 (ja)
prop-ja:運用者
  • (海上自衛隊) (ja)
  • (海上自衛隊) (ja)
prop-ja:運用開始年月日
  • --07-01
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • US-1は、新明和工業が開発し、海上自衛隊が使用した飛行艇。コールサインはIVORY(アイボリー)。初飛行はPS-1の原型PS-Xによって、1967年(昭和42年)10月24日、PS-1改によって1974年(昭和49年)10月6日。 なお、US-1は日本が開発・実用化した初の「水陸両用機」であり、離着陸が可能な降着装置(ランディング・ギア)を装備している。 (ja)
  • US-1は、新明和工業が開発し、海上自衛隊が使用した飛行艇。コールサインはIVORY(アイボリー)。初飛行はPS-1の原型PS-Xによって、1967年(昭和42年)10月24日、PS-1改によって1974年(昭和49年)10月6日。 なお、US-1は日本が開発・実用化した初の「水陸両用機」であり、離着陸が可能な降着装置(ランディング・ギア)を装備している。 (ja)
rdfs:label
  • US-1 (ja)
  • US-1 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • US-1 (ja)
  • US-1 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of