TortoiseCVSはCVSのMicrosoft Windows用クライアントで、GPLでリリースされている。ほとんどのCVSツールとは異なり、TortoiseCVSはWindowsシェルに組み込まれており、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの要素に追加される。従って自分自身のウィンドウでは動作しない。そのうえ、TortoiseCVSは、スタンドアローンのアプリケーションを実行することなしに、CVSで管理されたファイルとフォルダーのアイコンの上に追加情報を表示することができる。 TortoiseCVSの名前はコンピューターのシェルとカメの殻の英語(Shell)のダジャレである。そのロゴのカメは、チャーリー・ヴァーノン・スマイス(Charlie Vernon Smythe)、(略してCVS)と呼ばれている。 プロジェクトは、Francis Irvingがに雇用され、その社内向けに、より良いCVSのインターフェースを提供することから始まった。いくつかのソースコードには、とから派生したものが含まれている。2000年8月4日に初めてリリースされた。

Property Value
dbo:abstract
  • TortoiseCVSはCVSのMicrosoft Windows用クライアントで、GPLでリリースされている。ほとんどのCVSツールとは異なり、TortoiseCVSはWindowsシェルに組み込まれており、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの要素に追加される。従って自分自身のウィンドウでは動作しない。そのうえ、TortoiseCVSは、スタンドアローンのアプリケーションを実行することなしに、CVSで管理されたファイルとフォルダーのアイコンの上に追加情報を表示することができる。 TortoiseCVSの名前はコンピューターのシェルとカメの殻の英語(Shell)のダジャレである。そのロゴのカメは、チャーリー・ヴァーノン・スマイス(Charlie Vernon Smythe)、(略してCVS)と呼ばれている。 プロジェクトは、Francis Irvingがに雇用され、その社内向けに、より良いCVSのインターフェースを提供することから始まった。いくつかのソースコードには、とから派生したものが含まれている。2000年8月4日に初めてリリースされた。 (ja)
  • TortoiseCVSはCVSのMicrosoft Windows用クライアントで、GPLでリリースされている。ほとんどのCVSツールとは異なり、TortoiseCVSはWindowsシェルに組み込まれており、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの要素に追加される。従って自分自身のウィンドウでは動作しない。そのうえ、TortoiseCVSは、スタンドアローンのアプリケーションを実行することなしに、CVSで管理されたファイルとフォルダーのアイコンの上に追加情報を表示することができる。 TortoiseCVSの名前はコンピューターのシェルとカメの殻の英語(Shell)のダジャレである。そのロゴのカメは、チャーリー・ヴァーノン・スマイス(Charlie Vernon Smythe)、(略してCVS)と呼ばれている。 プロジェクトは、Francis Irvingがに雇用され、その社内向けに、より良いCVSのインターフェースを提供することから始まった。いくつかのソースコードには、とから派生したものが含まれている。2000年8月4日に初めてリリースされた。 (ja)
dbo:creator
dbo:latestPreviewVersion
  • 1.12.6 RC1
dbo:latestReleaseVersion
  • 1.12.5
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3187449 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3789 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 65302138 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Francis Irving (ja)
  • Francis Irving (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • アラビア語、ブラジル系ポルトガル語、カタロニア語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、フランス語、グルジア語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、スロベニア語、スペイン語、トルコ語 (ja)
  • アラビア語、ブラジル系ポルトガル語、カタロニア語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、フランス語、グルジア語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、スロベニア語、スペイン語、トルコ語 (ja)
prop-ja:languageCount
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:latestPreviewVersion
  • 1.120000 (xsd:double)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 1.120000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:logoCaption
  • TortoiseCVSのマスコット、チャーリー (ja)
  • TortoiseCVSのマスコット、チャーリー (ja)
prop-ja:name
  • TortoiseCVS (ja)
  • TortoiseCVS (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:released
  • 2000-08-04 (xsd:date)
prop-ja:status
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • TortoiseCVSはCVSのMicrosoft Windows用クライアントで、GPLでリリースされている。ほとんどのCVSツールとは異なり、TortoiseCVSはWindowsシェルに組み込まれており、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの要素に追加される。従って自分自身のウィンドウでは動作しない。そのうえ、TortoiseCVSは、スタンドアローンのアプリケーションを実行することなしに、CVSで管理されたファイルとフォルダーのアイコンの上に追加情報を表示することができる。 TortoiseCVSの名前はコンピューターのシェルとカメの殻の英語(Shell)のダジャレである。そのロゴのカメは、チャーリー・ヴァーノン・スマイス(Charlie Vernon Smythe)、(略してCVS)と呼ばれている。 プロジェクトは、Francis Irvingがに雇用され、その社内向けに、より良いCVSのインターフェースを提供することから始まった。いくつかのソースコードには、とから派生したものが含まれている。2000年8月4日に初めてリリースされた。 (ja)
  • TortoiseCVSはCVSのMicrosoft Windows用クライアントで、GPLでリリースされている。ほとんどのCVSツールとは異なり、TortoiseCVSはWindowsシェルに組み込まれており、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの要素に追加される。従って自分自身のウィンドウでは動作しない。そのうえ、TortoiseCVSは、スタンドアローンのアプリケーションを実行することなしに、CVSで管理されたファイルとフォルダーのアイコンの上に追加情報を表示することができる。 TortoiseCVSの名前はコンピューターのシェルとカメの殻の英語(Shell)のダジャレである。そのロゴのカメは、チャーリー・ヴァーノン・スマイス(Charlie Vernon Smythe)、(略してCVS)と呼ばれている。 プロジェクトは、Francis Irvingがに雇用され、その社内向けに、より良いCVSのインターフェースを提供することから始まった。いくつかのソースコードには、とから派生したものが含まれている。2000年8月4日に初めてリリースされた。 (ja)
rdfs:label
  • TortoiseCVS (ja)
  • TortoiseCVS (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • TortoiseCVS (ja)
  • TortoiseCVS (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of