top(トップ)はほとんどのUnix系オペレーティングシステムにあるコマンドで、自動的に更新されるプロセス一覧を作成する。デフォルトではプロセスはCPU使用率の順に並べられ、CPU消費の「トップ」グループだけを表示するタスクマネージャーである。topはCPUやメモリの使用量に加え、実行中のプロセスに関するその他の情報も表示する。一部のバージョンでは、項目やソート方法など、出力内容について広範なカスタマイズが可能である。 topコマンドは、その時点でどのユーザやプロセスが最もシステムリソースを消費しているかわかるため、システム管理者にとって有用である。 出力はテキストファイルにリダイレクトする事もできる。 プロセスの、リアルタイムでない一覧取得についてはpsを参照。

Property Value
dbo:abstract
  • top(トップ)はほとんどのUnix系オペレーティングシステムにあるコマンドで、自動的に更新されるプロセス一覧を作成する。デフォルトではプロセスはCPU使用率の順に並べられ、CPU消費の「トップ」グループだけを表示するタスクマネージャーである。topはCPUやメモリの使用量に加え、実行中のプロセスに関するその他の情報も表示する。一部のバージョンでは、項目やソート方法など、出力内容について広範なカスタマイズが可能である。 topコマンドは、その時点でどのユーザやプロセスが最もシステムリソースを消費しているかわかるため、システム管理者にとって有用である。 出力はテキストファイルにリダイレクトする事もできる。 プロセスの、リアルタイムでない一覧取得についてはpsを参照。 (ja)
  • top(トップ)はほとんどのUnix系オペレーティングシステムにあるコマンドで、自動的に更新されるプロセス一覧を作成する。デフォルトではプロセスはCPU使用率の順に並べられ、CPU消費の「トップ」グループだけを表示するタスクマネージャーである。topはCPUやメモリの使用量に加え、実行中のプロセスに関するその他の情報も表示する。一部のバージョンでは、項目やソート方法など、出力内容について広範なカスタマイズが可能である。 topコマンドは、その時点でどのユーザやプロセスが最もシステムリソースを消費しているかわかるため、システム管理者にとって有用である。 出力はテキストファイルにリダイレクトする事もできる。 プロセスの、リアルタイムでない一覧取得についてはpsを参照。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1724501 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2332 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85441914 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:スクリーンショット
  • 300 (xsd:integer)
prop-en:名称
  • top (ja)
  • top (ja)
prop-en:対応os
prop-en:対応プラットフォーム
prop-en:説明文
  • Unix系OSにおけるtopの表示例 (ja)
  • Unix系OSにおけるtopの表示例 (ja)
prop-en:開発者
  • (ja)
  • - (ja)
  • (ja)
  • - (ja)
dc:description
  • Unix系OSにおけるtopの表示例
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • top(トップ)はほとんどのUnix系オペレーティングシステムにあるコマンドで、自動的に更新されるプロセス一覧を作成する。デフォルトではプロセスはCPU使用率の順に並べられ、CPU消費の「トップ」グループだけを表示するタスクマネージャーである。topはCPUやメモリの使用量に加え、実行中のプロセスに関するその他の情報も表示する。一部のバージョンでは、項目やソート方法など、出力内容について広範なカスタマイズが可能である。 topコマンドは、その時点でどのユーザやプロセスが最もシステムリソースを消費しているかわかるため、システム管理者にとって有用である。 出力はテキストファイルにリダイレクトする事もできる。 プロセスの、リアルタイムでない一覧取得についてはpsを参照。 (ja)
  • top(トップ)はほとんどのUnix系オペレーティングシステムにあるコマンドで、自動的に更新されるプロセス一覧を作成する。デフォルトではプロセスはCPU使用率の順に並べられ、CPU消費の「トップ」グループだけを表示するタスクマネージャーである。topはCPUやメモリの使用量に加え、実行中のプロセスに関するその他の情報も表示する。一部のバージョンでは、項目やソート方法など、出力内容について広範なカスタマイズが可能である。 topコマンドは、その時点でどのユーザやプロセスが最もシステムリソースを消費しているかわかるため、システム管理者にとって有用である。 出力はテキストファイルにリダイレクトする事もできる。 プロセスの、リアルタイムでない一覧取得についてはpsを参照。 (ja)
rdfs:label
  • Top (UNIX) (ja)
  • Top (UNIX) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • top (ja)
  • (ja)
  • top (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of