tf-idfは、文書中に含まれる単語の重要度を評価する手法の1つであり、主に情報検索やトピック分析などの分野で用いられている。 tf-idfは、tf(英: Term Frequency、単語の出現頻度)とidf(英: Inverse Document Frequency、逆文書頻度)の二つの指標に基づいて計算される。 は文書における単語の出現回数、は文書におけるすべての単語の出現回数の和、は総文書数、は単語を含む文書数である。そのため、idfは一種の一般語フィルタとして働き、多くの文書に出現する語(一般的な語)は重要度が下がり、特定の文書にしか出現しない単語の重要度を上げる役割を果たす。

Property Value
dbo:abstract
  • tf-idfは、文書中に含まれる単語の重要度を評価する手法の1つであり、主に情報検索やトピック分析などの分野で用いられている。 tf-idfは、tf(英: Term Frequency、単語の出現頻度)とidf(英: Inverse Document Frequency、逆文書頻度)の二つの指標に基づいて計算される。 は文書における単語の出現回数、は文書におけるすべての単語の出現回数の和、は総文書数、は単語を含む文書数である。そのため、idfは一種の一般語フィルタとして働き、多くの文書に出現する語(一般的な語)は重要度が下がり、特定の文書にしか出現しない単語の重要度を上げる役割を果たす。 (ja)
  • tf-idfは、文書中に含まれる単語の重要度を評価する手法の1つであり、主に情報検索やトピック分析などの分野で用いられている。 tf-idfは、tf(英: Term Frequency、単語の出現頻度)とidf(英: Inverse Document Frequency、逆文書頻度)の二つの指標に基づいて計算される。 は文書における単語の出現回数、は文書におけるすべての単語の出現回数の和、は総文書数、は単語を含む文書数である。そのため、idfは一種の一般語フィルタとして働き、多くの文書に出現する語(一般的な語)は重要度が下がり、特定の文書にしか出現しない単語の重要度を上げる役割を果たす。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1041885 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 847 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76865081 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • tf-idfは、文書中に含まれる単語の重要度を評価する手法の1つであり、主に情報検索やトピック分析などの分野で用いられている。 tf-idfは、tf(英: Term Frequency、単語の出現頻度)とidf(英: Inverse Document Frequency、逆文書頻度)の二つの指標に基づいて計算される。 は文書における単語の出現回数、は文書におけるすべての単語の出現回数の和、は総文書数、は単語を含む文書数である。そのため、idfは一種の一般語フィルタとして働き、多くの文書に出現する語(一般的な語)は重要度が下がり、特定の文書にしか出現しない単語の重要度を上げる役割を果たす。 (ja)
  • tf-idfは、文書中に含まれる単語の重要度を評価する手法の1つであり、主に情報検索やトピック分析などの分野で用いられている。 tf-idfは、tf(英: Term Frequency、単語の出現頻度)とidf(英: Inverse Document Frequency、逆文書頻度)の二つの指標に基づいて計算される。 は文書における単語の出現回数、は文書におけるすべての単語の出現回数の和、は総文書数、は単語を含む文書数である。そのため、idfは一種の一般語フィルタとして働き、多くの文書に出現する語(一般的な語)は重要度が下がり、特定の文書にしか出現しない単語の重要度を上げる役割を果たす。 (ja)
rdfs:label
  • Tf-idf (ja)
  • Tf-idf (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of