Text REtrieval Conference (TREC) はいくつかの情報検索関連の研究分野に着目し開催されているワークショップの一つである。個々の研究部門はトラック (track)と呼ばれている。主催はアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) とアメリカ国防総省内の研究部門の一つであるARDA (Advanced Research and Development Activity) による。1992年にTIPSTER Textプログラムの一部として始まったものが発展しながら継続してきている。ワークショップの目的は、大規模データによるテキスト検索手法の評価研究、評価手法を開発、提供して、情報検索の研究コミュニティを支援し前進させ、研究室において構築された先端的技術の産業界への技術移転を目指している。 個々のトラックにおいて、NISTは参加者にデータセットとテスト用の課題集合を渡し、それをうまく解決する手法の開発、適用を行うよう促す。トラックによって、テスト用の課題集合は「質問」であったり、「検索課題」であったり、「パターン認識用の特徴素」であったりする。参加者の返してきた結果を元に、参加者システム群の性能を測るための定量的なスコア付けを行う。結果の評価が出た後、参加者が一堂に会して集まり、アイデアの交換、研究活動の方向性について議論するための国際会議を行う。

Property Value
dbo:abstract
  • Text REtrieval Conference (TREC) はいくつかの情報検索関連の研究分野に着目し開催されているワークショップの一つである。個々の研究部門はトラック (track)と呼ばれている。主催はアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) とアメリカ国防総省内の研究部門の一つであるARDA (Advanced Research and Development Activity) による。1992年にTIPSTER Textプログラムの一部として始まったものが発展しながら継続してきている。ワークショップの目的は、大規模データによるテキスト検索手法の評価研究、評価手法を開発、提供して、情報検索の研究コミュニティを支援し前進させ、研究室において構築された先端的技術の産業界への技術移転を目指している。 個々のトラックにおいて、NISTは参加者にデータセットとテスト用の課題集合を渡し、それをうまく解決する手法の開発、適用を行うよう促す。トラックによって、テスト用の課題集合は「質問」であったり、「検索課題」であったり、「パターン認識用の特徴素」であったりする。参加者の返してきた結果を元に、参加者システム群の性能を測るための定量的なスコア付けを行う。結果の評価が出た後、参加者が一堂に会して集まり、アイデアの交換、研究活動の方向性について議論するための国際会議を行う。 (ja)
  • Text REtrieval Conference (TREC) はいくつかの情報検索関連の研究分野に着目し開催されているワークショップの一つである。個々の研究部門はトラック (track)と呼ばれている。主催はアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) とアメリカ国防総省内の研究部門の一つであるARDA (Advanced Research and Development Activity) による。1992年にTIPSTER Textプログラムの一部として始まったものが発展しながら継続してきている。ワークショップの目的は、大規模データによるテキスト検索手法の評価研究、評価手法を開発、提供して、情報検索の研究コミュニティを支援し前進させ、研究室において構築された先端的技術の産業界への技術移転を目指している。 個々のトラックにおいて、NISTは参加者にデータセットとテスト用の課題集合を渡し、それをうまく解決する手法の開発、適用を行うよう促す。トラックによって、テスト用の課題集合は「質問」であったり、「検索課題」であったり、「パターン認識用の特徴素」であったりする。参加者の返してきた結果を元に、参加者システム群の性能を測るための定量的なスコア付けを行う。結果の評価が出た後、参加者が一堂に会して集まり、アイデアの交換、研究活動の方向性について議論するための国際会議を行う。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 990140 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2871 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2885 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 70728387 (xsd:integer)
  • 82510136 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Text REtrieval Conference (TREC) はいくつかの情報検索関連の研究分野に着目し開催されているワークショップの一つである。個々の研究部門はトラック (track)と呼ばれている。主催はアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) とアメリカ国防総省内の研究部門の一つであるARDA (Advanced Research and Development Activity) による。1992年にTIPSTER Textプログラムの一部として始まったものが発展しながら継続してきている。ワークショップの目的は、大規模データによるテキスト検索手法の評価研究、評価手法を開発、提供して、情報検索の研究コミュニティを支援し前進させ、研究室において構築された先端的技術の産業界への技術移転を目指している。 個々のトラックにおいて、NISTは参加者にデータセットとテスト用の課題集合を渡し、それをうまく解決する手法の開発、適用を行うよう促す。トラックによって、テスト用の課題集合は「質問」であったり、「検索課題」であったり、「パターン認識用の特徴素」であったりする。参加者の返してきた結果を元に、参加者システム群の性能を測るための定量的なスコア付けを行う。結果の評価が出た後、参加者が一堂に会して集まり、アイデアの交換、研究活動の方向性について議論するための国際会議を行う。 (ja)
  • Text REtrieval Conference (TREC) はいくつかの情報検索関連の研究分野に着目し開催されているワークショップの一つである。個々の研究部門はトラック (track)と呼ばれている。主催はアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) とアメリカ国防総省内の研究部門の一つであるARDA (Advanced Research and Development Activity) による。1992年にTIPSTER Textプログラムの一部として始まったものが発展しながら継続してきている。ワークショップの目的は、大規模データによるテキスト検索手法の評価研究、評価手法を開発、提供して、情報検索の研究コミュニティを支援し前進させ、研究室において構築された先端的技術の産業界への技術移転を目指している。 個々のトラックにおいて、NISTは参加者にデータセットとテスト用の課題集合を渡し、それをうまく解決する手法の開発、適用を行うよう促す。トラックによって、テスト用の課題集合は「質問」であったり、「検索課題」であったり、「パターン認識用の特徴素」であったりする。参加者の返してきた結果を元に、参加者システム群の性能を測るための定量的なスコア付けを行う。結果の評価が出た後、参加者が一堂に会して集まり、アイデアの交換、研究活動の方向性について議論するための国際会議を行う。 (ja)
rdfs:label
  • TREC (ja)
  • TREC (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of