SymPy は、プログラミング言語Pythonで記号計算を行うためのライブラリである。(Python用の離散事象シミュレーションライブラリである (en) と混同しやすい名前であるが、別のものである。)プロジェクトの目的は、完全な機能を持つ計算機代数システム (CAS; Computer Algebra System) を完備すること、さらに、拡張性を損なわないようにソースコードを可能な限り簡素に保つこと、とされている。SymPyはすべてPythonで書かれており、他の第三者製ライブラリは、オプションとしてのプロット機能以外には、何も必要としない。 SymPyは、BSDライセンスを採用しているフリーソフトウェアである。Ondřej ČertíkとAaron Meurerを中心に開発が進められている。

Property Value
dbo:abstract
  • SymPy は、プログラミング言語Pythonで記号計算を行うためのライブラリである。(Python用の離散事象シミュレーションライブラリである (en) と混同しやすい名前であるが、別のものである。)プロジェクトの目的は、完全な機能を持つ計算機代数システム (CAS; Computer Algebra System) を完備すること、さらに、拡張性を損なわないようにソースコードを可能な限り簡素に保つこと、とされている。SymPyはすべてPythonで書かれており、他の第三者製ライブラリは、オプションとしてのプロット機能以外には、何も必要としない。 SymPyは、BSDライセンスを採用しているフリーソフトウェアである。Ondřej ČertíkとAaron Meurerを中心に開発が進められている。 (ja)
  • SymPy は、プログラミング言語Pythonで記号計算を行うためのライブラリである。(Python用の離散事象シミュレーションライブラリである (en) と混同しやすい名前であるが、別のものである。)プロジェクトの目的は、完全な機能を持つ計算機代数システム (CAS; Computer Algebra System) を完備すること、さらに、拡張性を損なわないようにソースコードを可能な限り簡素に保つこと、とされている。SymPyはすべてPythonで書かれており、他の第三者製ライブラリは、オプションとしてのプロット機能以外には、何も必要としない。 SymPyは、BSDライセンスを採用しているフリーソフトウェアである。Ondřej ČertíkとAaron Meurerを中心に開発が進められている。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1876122 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3433 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80722549 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • 160 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • SymPy (ja)
  • SymPy (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • SymPy は、プログラミング言語Pythonで記号計算を行うためのライブラリである。(Python用の離散事象シミュレーションライブラリである (en) と混同しやすい名前であるが、別のものである。)プロジェクトの目的は、完全な機能を持つ計算機代数システム (CAS; Computer Algebra System) を完備すること、さらに、拡張性を損なわないようにソースコードを可能な限り簡素に保つこと、とされている。SymPyはすべてPythonで書かれており、他の第三者製ライブラリは、オプションとしてのプロット機能以外には、何も必要としない。 SymPyは、BSDライセンスを採用しているフリーソフトウェアである。Ondřej ČertíkとAaron Meurerを中心に開発が進められている。 (ja)
  • SymPy は、プログラミング言語Pythonで記号計算を行うためのライブラリである。(Python用の離散事象シミュレーションライブラリである (en) と混同しやすい名前であるが、別のものである。)プロジェクトの目的は、完全な機能を持つ計算機代数システム (CAS; Computer Algebra System) を完備すること、さらに、拡張性を損なわないようにソースコードを可能な限り簡素に保つこと、とされている。SymPyはすべてPythonで書かれており、他の第三者製ライブラリは、オプションとしてのプロット機能以外には、何も必要としない。 SymPyは、BSDライセンスを採用しているフリーソフトウェアである。Ondřej ČertíkとAaron Meurerを中心に開発が進められている。 (ja)
rdfs:label
  • SymPy (ja)
  • SymPy (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • SymPy (ja)
  • SymPy (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of