strongSwanは、Linuxカーネル向けの完全なIPsec実装である。 FreeS/WANプロジェクトから派生したプロジェクトであり、GNU General Public Licenseでリリースされている。スイスので通信セキュリティの教授を務めるAndreas Steffenが、主に保守を行っている。 X.509公開鍵証明書を使った強力な認証機構が中心であり、標準化されたPKCS#11インタフェースを介したICカードへの公開鍵暗号の安全な格納も行っている。また、証明書失効リストとOnline Certificate Status Protocol (OCSP) もサポートしている。変わった機能として、X.509を使ってグループメンバー属性に基づいたアクセス制御を実装している。 設定方法は直接的でわかりやすく、WindowsやmacOSの各種VPNクライアントなど、他のIPsec実装とも素直に連携できる。 strongSwan 4.1では、RFC 4306で定義されたプロトコルが実装されている。

Property Value
dbo:abstract
  • strongSwanは、Linuxカーネル向けの完全なIPsec実装である。 FreeS/WANプロジェクトから派生したプロジェクトであり、GNU General Public Licenseでリリースされている。スイスので通信セキュリティの教授を務めるAndreas Steffenが、主に保守を行っている。 X.509公開鍵証明書を使った強力な認証機構が中心であり、標準化されたPKCS#11インタフェースを介したICカードへの公開鍵暗号の安全な格納も行っている。また、証明書失効リストとOnline Certificate Status Protocol (OCSP) もサポートしている。変わった機能として、X.509を使ってグループメンバー属性に基づいたアクセス制御を実装している。 設定方法は直接的でわかりやすく、WindowsやmacOSの各種VPNクライアントなど、他のIPsec実装とも素直に連携できる。 strongSwan 4.1では、RFC 4306で定義されたプロトコルが実装されている。 (ja)
  • strongSwanは、Linuxカーネル向けの完全なIPsec実装である。 FreeS/WANプロジェクトから派生したプロジェクトであり、GNU General Public Licenseでリリースされている。スイスので通信セキュリティの教授を務めるAndreas Steffenが、主に保守を行っている。 X.509公開鍵証明書を使った強力な認証機構が中心であり、標準化されたPKCS#11インタフェースを介したICカードへの公開鍵暗号の安全な格納も行っている。また、証明書失効リストとOnline Certificate Status Protocol (OCSP) もサポートしている。変わった機能として、X.509を使ってグループメンバー属性に基づいたアクセス制御を実装している。 設定方法は直接的でわかりやすく、WindowsやmacOSの各種VPNクライアントなど、他のIPsec実装とも素直に連携できる。 strongSwan 4.1では、RFC 4306で定義されたプロトコルが実装されている。 (ja)
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1275507 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1799 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76263460 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • strongSwan (ja)
  • strongSwan (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • Andreas Steffen (ja)
  • Andreas Steffen (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • strongSwanは、Linuxカーネル向けの完全なIPsec実装である。 FreeS/WANプロジェクトから派生したプロジェクトであり、GNU General Public Licenseでリリースされている。スイスので通信セキュリティの教授を務めるAndreas Steffenが、主に保守を行っている。 X.509公開鍵証明書を使った強力な認証機構が中心であり、標準化されたPKCS#11インタフェースを介したICカードへの公開鍵暗号の安全な格納も行っている。また、証明書失効リストとOnline Certificate Status Protocol (OCSP) もサポートしている。変わった機能として、X.509を使ってグループメンバー属性に基づいたアクセス制御を実装している。 設定方法は直接的でわかりやすく、WindowsやmacOSの各種VPNクライアントなど、他のIPsec実装とも素直に連携できる。 strongSwan 4.1では、RFC 4306で定義されたプロトコルが実装されている。 (ja)
  • strongSwanは、Linuxカーネル向けの完全なIPsec実装である。 FreeS/WANプロジェクトから派生したプロジェクトであり、GNU General Public Licenseでリリースされている。スイスので通信セキュリティの教授を務めるAndreas Steffenが、主に保守を行っている。 X.509公開鍵証明書を使った強力な認証機構が中心であり、標準化されたPKCS#11インタフェースを介したICカードへの公開鍵暗号の安全な格納も行っている。また、証明書失効リストとOnline Certificate Status Protocol (OCSP) もサポートしている。変わった機能として、X.509を使ってグループメンバー属性に基づいたアクセス制御を実装している。 設定方法は直接的でわかりやすく、WindowsやmacOSの各種VPNクライアントなど、他のIPsec実装とも素直に連携できる。 strongSwan 4.1では、RFC 4306で定義されたプロトコルが実装されている。 (ja)
rdfs:label
  • StrongSwan (ja)
  • StrongSwan (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • strongSwan (ja)
  • strongSwan (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of