SpamAssassin(スパムアサシン)は、コンテンツマッチング規則に基づいたスパムフィルタリングのプログラムであり、Apache License 2.0 でリリースされている。現在はApacheソフトウェア財団のプロジェクトとして実施されている。 SpamAssassinは様々なスパム検出技法を使っており、例えばDNSベースの技法、チェックサムベースの技法、ベイジアンフィルタ、外部プログラム、ブラックリスト、オンラインのデータベースなどを利用する。 このプログラムはメールサーバに組み込んで、そのサイトに到達した全メールを自動的にフィルタリングするのに使うことができる。また、電子メールクライアントに組み込んで、個々のユーザーが自身のメールボックス上で動作させることもできる。SpamAssassin は柔軟な設定が可能で、システム全体のフィルターとして使う場合でも、ユーザー単位の設定が可能である。 SpamAssassinは Linux New Media Award 2006 でLinuxベースのアンチスパムソリューション部門賞を受賞した。

Property Value
dbo:abstract
  • SpamAssassin(スパムアサシン)は、コンテンツマッチング規則に基づいたスパムフィルタリングのプログラムであり、Apache License 2.0 でリリースされている。現在はApacheソフトウェア財団のプロジェクトとして実施されている。 SpamAssassinは様々なスパム検出技法を使っており、例えばDNSベースの技法、チェックサムベースの技法、ベイジアンフィルタ、外部プログラム、ブラックリスト、オンラインのデータベースなどを利用する。 このプログラムはメールサーバに組み込んで、そのサイトに到達した全メールを自動的にフィルタリングするのに使うことができる。また、電子メールクライアントに組み込んで、個々のユーザーが自身のメールボックス上で動作させることもできる。SpamAssassin は柔軟な設定が可能で、システム全体のフィルターとして使う場合でも、ユーザー単位の設定が可能である。 SpamAssassinは Linux New Media Award 2006 でLinuxベースのアンチスパムソリューション部門賞を受賞した。 (ja)
  • SpamAssassin(スパムアサシン)は、コンテンツマッチング規則に基づいたスパムフィルタリングのプログラムであり、Apache License 2.0 でリリースされている。現在はApacheソフトウェア財団のプロジェクトとして実施されている。 SpamAssassinは様々なスパム検出技法を使っており、例えばDNSベースの技法、チェックサムベースの技法、ベイジアンフィルタ、外部プログラム、ブラックリスト、オンラインのデータベースなどを利用する。 このプログラムはメールサーバに組み込んで、そのサイトに到達した全メールを自動的にフィルタリングするのに使うことができる。また、電子メールクライアントに組み込んで、個々のユーザーが自身のメールボックス上で動作させることもできる。SpamAssassin は柔軟な設定が可能で、システム全体のフィルターとして使う場合でも、ユーザー単位の設定が可能である。 SpamAssassinは Linux New Media Award 2006 でLinuxベースのアンチスパムソリューション部門賞を受賞した。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 3.4.4
  • 3.4.6
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1843629 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5779 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80572962 (xsd:integer)
  • 84243431 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:スクリーンショット
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
  • Apache License 2.0 (ja)
  • Apache License 2.0 (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • SpamAssassin (ja)
  • SpamAssassin (ja)
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 3.400000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • SpamAssassin がスパムとして認識した電子メール(Evolution クライアント) (ja)
  • SpamAssassin がスパムとして認識した電子メール(Evolution クライアント) (ja)
prop-ja:開発元
dc:description
  • SpamAssassin がスパムとして認識した電子メール(Evolutionクライアント)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • SpamAssassin(スパムアサシン)は、コンテンツマッチング規則に基づいたスパムフィルタリングのプログラムであり、Apache License 2.0 でリリースされている。現在はApacheソフトウェア財団のプロジェクトとして実施されている。 SpamAssassinは様々なスパム検出技法を使っており、例えばDNSベースの技法、チェックサムベースの技法、ベイジアンフィルタ、外部プログラム、ブラックリスト、オンラインのデータベースなどを利用する。 このプログラムはメールサーバに組み込んで、そのサイトに到達した全メールを自動的にフィルタリングするのに使うことができる。また、電子メールクライアントに組み込んで、個々のユーザーが自身のメールボックス上で動作させることもできる。SpamAssassin は柔軟な設定が可能で、システム全体のフィルターとして使う場合でも、ユーザー単位の設定が可能である。 SpamAssassinは Linux New Media Award 2006 でLinuxベースのアンチスパムソリューション部門賞を受賞した。 (ja)
  • SpamAssassin(スパムアサシン)は、コンテンツマッチング規則に基づいたスパムフィルタリングのプログラムであり、Apache License 2.0 でリリースされている。現在はApacheソフトウェア財団のプロジェクトとして実施されている。 SpamAssassinは様々なスパム検出技法を使っており、例えばDNSベースの技法、チェックサムベースの技法、ベイジアンフィルタ、外部プログラム、ブラックリスト、オンラインのデータベースなどを利用する。 このプログラムはメールサーバに組み込んで、そのサイトに到達した全メールを自動的にフィルタリングするのに使うことができる。また、電子メールクライアントに組み込んで、個々のユーザーが自身のメールボックス上で動作させることもできる。SpamAssassin は柔軟な設定が可能で、システム全体のフィルターとして使う場合でも、ユーザー単位の設定が可能である。 SpamAssassinは Linux New Media Award 2006 でLinuxベースのアンチスパムソリューション部門賞を受賞した。 (ja)
rdfs:label
  • SpamAssassin (ja)
  • SpamAssassin (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • SpamAssassin (ja)
  • SpamAssassin (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of