Softimage(ソフトイマージ)はオートデスク社の子会社であるSoftimage社によるハイエンドな3次元コンピュータグラフィックスの制作用ソフトウェア。 「Softimage」および「SOFTIMAGE」の読み方は「ソフティマージュ」「ソフトイマージ」「ソフトイメージ」「ソフトイマージュ」などがある。それぞれの時代において日本での代理店や販売会社で個別に決められた呼び方であり、どれが間違っているということはないが、公式サイトでの呼び名は「ソフトイマージ」となっている。カナダのSoftimage社では「ソフトイマージュ」と呼ばれているようである。なお、Softimage本社はフランス語を公用語とするケベック州にある。SOFTIMAGE|XSIは単にXSI(エックスエスアイ)と略して呼ぶことが多い。 映画のVFXやゲーム制作などで使用されている。Softimageを全面的に開発ラインに取り入れている会社にカプコン、スタジオジブリがある。またゲーム開発との相性を考慮して設計されており、Softimage上でつけたアニメーションを即座に開発用ゲーム機を通して表示することが可能である。 対応するOSはWindows 7 SP1、Windows 8/Windows 8.1、そしてLinuxである。

Property Value
dbo:abstract
  • Softimage(ソフトイマージ)はオートデスク社の子会社であるSoftimage社によるハイエンドな3次元コンピュータグラフィックスの制作用ソフトウェア。 「Softimage」および「SOFTIMAGE」の読み方は「ソフティマージュ」「ソフトイマージ」「ソフトイメージ」「ソフトイマージュ」などがある。それぞれの時代において日本での代理店や販売会社で個別に決められた呼び方であり、どれが間違っているということはないが、公式サイトでの呼び名は「ソフトイマージ」となっている。カナダのSoftimage社では「ソフトイマージュ」と呼ばれているようである。なお、Softimage本社はフランス語を公用語とするケベック州にある。SOFTIMAGE|XSIは単にXSI(エックスエスアイ)と略して呼ぶことが多い。 映画のVFXやゲーム制作などで使用されている。Softimageを全面的に開発ラインに取り入れている会社にカプコン、スタジオジブリがある。またゲーム開発との相性を考慮して設計されており、Softimage上でつけたアニメーションを即座に開発用ゲーム機を通して表示することが可能である。 対応するOSはWindows 7 SP1、Windows 8/Windows 8.1、そしてLinuxである。 2008年にアビッド・テクノロジーが競合3DCGソフトウェアであるMayaと3ds Maxを持つオートデスク社へSoftimage社を売却、2009年3月にはAutodesk Softimageと改名してバージョン7.5がリリースされた。しかし、インターフェイスには依然としてXSIという表記が見られる。 2014年4月14日にリリースされたAutodesk Softimage 2015で最終バージョンとなった。 (ja)
  • Softimage(ソフトイマージ)はオートデスク社の子会社であるSoftimage社によるハイエンドな3次元コンピュータグラフィックスの制作用ソフトウェア。 「Softimage」および「SOFTIMAGE」の読み方は「ソフティマージュ」「ソフトイマージ」「ソフトイメージ」「ソフトイマージュ」などがある。それぞれの時代において日本での代理店や販売会社で個別に決められた呼び方であり、どれが間違っているということはないが、公式サイトでの呼び名は「ソフトイマージ」となっている。カナダのSoftimage社では「ソフトイマージュ」と呼ばれているようである。なお、Softimage本社はフランス語を公用語とするケベック州にある。SOFTIMAGE|XSIは単にXSI(エックスエスアイ)と略して呼ぶことが多い。 映画のVFXやゲーム制作などで使用されている。Softimageを全面的に開発ラインに取り入れている会社にカプコン、スタジオジブリがある。またゲーム開発との相性を考慮して設計されており、Softimage上でつけたアニメーションを即座に開発用ゲーム機を通して表示することが可能である。 対応するOSはWindows 7 SP1、Windows 8/Windows 8.1、そしてLinuxである。 2008年にアビッド・テクノロジーが競合3DCGソフトウェアであるMayaと3ds Maxを持つオートデスク社へSoftimage社を売却、2009年3月にはAutodesk Softimageと改名してバージョン7.5がリリースされた。しかし、インターフェイスには依然としてXSIという表記が見られる。 2014年4月14日にリリースされたAutodesk Softimage 2015で最終バージョンとなった。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2015 SP2
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 138850 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4544 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81000455 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Softimage (ja)
  • Softimage (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Softimage(ソフトイマージ)はオートデスク社の子会社であるSoftimage社によるハイエンドな3次元コンピュータグラフィックスの制作用ソフトウェア。 「Softimage」および「SOFTIMAGE」の読み方は「ソフティマージュ」「ソフトイマージ」「ソフトイメージ」「ソフトイマージュ」などがある。それぞれの時代において日本での代理店や販売会社で個別に決められた呼び方であり、どれが間違っているということはないが、公式サイトでの呼び名は「ソフトイマージ」となっている。カナダのSoftimage社では「ソフトイマージュ」と呼ばれているようである。なお、Softimage本社はフランス語を公用語とするケベック州にある。SOFTIMAGE|XSIは単にXSI(エックスエスアイ)と略して呼ぶことが多い。 映画のVFXやゲーム制作などで使用されている。Softimageを全面的に開発ラインに取り入れている会社にカプコン、スタジオジブリがある。またゲーム開発との相性を考慮して設計されており、Softimage上でつけたアニメーションを即座に開発用ゲーム機を通して表示することが可能である。 対応するOSはWindows 7 SP1、Windows 8/Windows 8.1、そしてLinuxである。 (ja)
  • Softimage(ソフトイマージ)はオートデスク社の子会社であるSoftimage社によるハイエンドな3次元コンピュータグラフィックスの制作用ソフトウェア。 「Softimage」および「SOFTIMAGE」の読み方は「ソフティマージュ」「ソフトイマージ」「ソフトイメージ」「ソフトイマージュ」などがある。それぞれの時代において日本での代理店や販売会社で個別に決められた呼び方であり、どれが間違っているということはないが、公式サイトでの呼び名は「ソフトイマージ」となっている。カナダのSoftimage社では「ソフトイマージュ」と呼ばれているようである。なお、Softimage本社はフランス語を公用語とするケベック州にある。SOFTIMAGE|XSIは単にXSI(エックスエスアイ)と略して呼ぶことが多い。 映画のVFXやゲーム制作などで使用されている。Softimageを全面的に開発ラインに取り入れている会社にカプコン、スタジオジブリがある。またゲーム開発との相性を考慮して設計されており、Softimage上でつけたアニメーションを即座に開発用ゲーム機を通して表示することが可能である。 対応するOSはWindows 7 SP1、Windows 8/Windows 8.1、そしてLinuxである。 (ja)
rdfs:label
  • Softimage (ja)
  • Softimage (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Softimage (ja)
  • Softimage (ja)
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of