sha1sumとはSHA-1ハッシュの計算や検証を行うコンピュータプログラムである。sha1sumは一般的にファイルの完全性の検証のために使われている。sha1sumやその変種はmacOSを含む多くのUNIX/Unix系オペレーティングシステムにデフォルトでインストールされている。 変種には shasum(SHA-1だけでなくSHA-2までのハッシュ関数を手動で選択して使用できる)と sha224sum、sha256sum、sha384sum や sha512sum があり、これらはSHA-1よりも規格的により大きなハッシュ関数を使う。Microsoft Windowsバージョンも存在している。 SHA-1にはいくつかの暗号学的な脆弱性が見つかっている。しかしながら、sha1sumはまだ汎用的なファイルチェックサムには有用であり、MD5やCRCよりは安全であると広く考えられている。

Property Value
dbo:abstract
  • sha1sumとはSHA-1ハッシュの計算や検証を行うコンピュータプログラムである。sha1sumは一般的にファイルの完全性の検証のために使われている。sha1sumやその変種はmacOSを含む多くのUNIX/Unix系オペレーティングシステムにデフォルトでインストールされている。 変種には shasum(SHA-1だけでなくSHA-2までのハッシュ関数を手動で選択して使用できる)と sha224sum、sha256sum、sha384sum や sha512sum があり、これらはSHA-1よりも規格的により大きなハッシュ関数を使う。Microsoft Windowsバージョンも存在している。 SHA-1にはいくつかの暗号学的な脆弱性が見つかっている。しかしながら、sha1sumはまだ汎用的なファイルチェックサムには有用であり、MD5やCRCよりは安全であると広く考えられている。 (ja)
  • sha1sumとはSHA-1ハッシュの計算や検証を行うコンピュータプログラムである。sha1sumは一般的にファイルの完全性の検証のために使われている。sha1sumやその変種はmacOSを含む多くのUNIX/Unix系オペレーティングシステムにデフォルトでインストールされている。 変種には shasum(SHA-1だけでなくSHA-2までのハッシュ関数を手動で選択して使用できる)と sha224sum、sha256sum、sha384sum や sha512sum があり、これらはSHA-1よりも規格的により大きなハッシュ関数を使う。Microsoft Windowsバージョンも存在している。 SHA-1にはいくつかの暗号学的な脆弱性が見つかっている。しかしながら、sha1sumはまだ汎用的なファイルチェックサムには有用であり、MD5やCRCよりは安全であると広く考えられている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1864748 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 853 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 69157047 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • sha1sumとはSHA-1ハッシュの計算や検証を行うコンピュータプログラムである。sha1sumは一般的にファイルの完全性の検証のために使われている。sha1sumやその変種はmacOSを含む多くのUNIX/Unix系オペレーティングシステムにデフォルトでインストールされている。 変種には shasum(SHA-1だけでなくSHA-2までのハッシュ関数を手動で選択して使用できる)と sha224sum、sha256sum、sha384sum や sha512sum があり、これらはSHA-1よりも規格的により大きなハッシュ関数を使う。Microsoft Windowsバージョンも存在している。 SHA-1にはいくつかの暗号学的な脆弱性が見つかっている。しかしながら、sha1sumはまだ汎用的なファイルチェックサムには有用であり、MD5やCRCよりは安全であると広く考えられている。 (ja)
  • sha1sumとはSHA-1ハッシュの計算や検証を行うコンピュータプログラムである。sha1sumは一般的にファイルの完全性の検証のために使われている。sha1sumやその変種はmacOSを含む多くのUNIX/Unix系オペレーティングシステムにデフォルトでインストールされている。 変種には shasum(SHA-1だけでなくSHA-2までのハッシュ関数を手動で選択して使用できる)と sha224sum、sha256sum、sha384sum や sha512sum があり、これらはSHA-1よりも規格的により大きなハッシュ関数を使う。Microsoft Windowsバージョンも存在している。 SHA-1にはいくつかの暗号学的な脆弱性が見つかっている。しかしながら、sha1sumはまだ汎用的なファイルチェックサムには有用であり、MD5やCRCよりは安全であると広く考えられている。 (ja)
rdfs:label
  • Sha1sum (ja)
  • Sha1sum (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of