SerDes(SERializer/DESerializerの略)は、コンピュータのバス等に於いてシリアル、パラレルを相互変換する回路。 特に高速インターフェースにおいて、パラレルインターフェース間をシリアル接続する際などに利用される。 近年、高速インターフェースでは、パラレル転送方式で問題となる配線長差によるビット間スキューを考慮する必要がないシリアル転送方式が主流となっている。シリアル転送方式による高速インターフェース規格としては、イーサネット、IEEE 1394b、PCI Express、シリアルATA、SAS、ファイバーチャネル、InfiniBand、RapidIO、等があげられる。 パラレル転送方式ではデータ線とは別にクロック線を用意するのが一般的であるのに対して、基本的にSerDesではマンチェスター符号や8b/10b符号などを用いてデータとクロック(タイミング情報)を1本のラインに重畳して送信し、受信側のクロック・データ・リカバリ回路でクロックとデータを分離する構成がとられることが多い。

Property Value
dbo:abstract
  • SerDes(SERializer/DESerializerの略)は、コンピュータのバス等に於いてシリアル、パラレルを相互変換する回路。 特に高速インターフェースにおいて、パラレルインターフェース間をシリアル接続する際などに利用される。 近年、高速インターフェースでは、パラレル転送方式で問題となる配線長差によるビット間スキューを考慮する必要がないシリアル転送方式が主流となっている。シリアル転送方式による高速インターフェース規格としては、イーサネット、IEEE 1394b、PCI Express、シリアルATA、SAS、ファイバーチャネル、InfiniBand、RapidIO、等があげられる。 パラレル転送方式ではデータ線とは別にクロック線を用意するのが一般的であるのに対して、基本的にSerDesではマンチェスター符号や8b/10b符号などを用いてデータとクロック(タイミング情報)を1本のラインに重畳して送信し、受信側のクロック・データ・リカバリ回路でクロックとデータを分離する構成がとられることが多い。 (ja)
  • SerDes(SERializer/DESerializerの略)は、コンピュータのバス等に於いてシリアル、パラレルを相互変換する回路。 特に高速インターフェースにおいて、パラレルインターフェース間をシリアル接続する際などに利用される。 近年、高速インターフェースでは、パラレル転送方式で問題となる配線長差によるビット間スキューを考慮する必要がないシリアル転送方式が主流となっている。シリアル転送方式による高速インターフェース規格としては、イーサネット、IEEE 1394b、PCI Express、シリアルATA、SAS、ファイバーチャネル、InfiniBand、RapidIO、等があげられる。 パラレル転送方式ではデータ線とは別にクロック線を用意するのが一般的であるのに対して、基本的にSerDesではマンチェスター符号や8b/10b符号などを用いてデータとクロック(タイミング情報)を1本のラインに重畳して送信し、受信側のクロック・データ・リカバリ回路でクロックとデータを分離する構成がとられることが多い。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 457431 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 655 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 46996773 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • SerDes(SERializer/DESerializerの略)は、コンピュータのバス等に於いてシリアル、パラレルを相互変換する回路。 特に高速インターフェースにおいて、パラレルインターフェース間をシリアル接続する際などに利用される。 近年、高速インターフェースでは、パラレル転送方式で問題となる配線長差によるビット間スキューを考慮する必要がないシリアル転送方式が主流となっている。シリアル転送方式による高速インターフェース規格としては、イーサネット、IEEE 1394b、PCI Express、シリアルATA、SAS、ファイバーチャネル、InfiniBand、RapidIO、等があげられる。 パラレル転送方式ではデータ線とは別にクロック線を用意するのが一般的であるのに対して、基本的にSerDesではマンチェスター符号や8b/10b符号などを用いてデータとクロック(タイミング情報)を1本のラインに重畳して送信し、受信側のクロック・データ・リカバリ回路でクロックとデータを分離する構成がとられることが多い。 (ja)
  • SerDes(SERializer/DESerializerの略)は、コンピュータのバス等に於いてシリアル、パラレルを相互変換する回路。 特に高速インターフェースにおいて、パラレルインターフェース間をシリアル接続する際などに利用される。 近年、高速インターフェースでは、パラレル転送方式で問題となる配線長差によるビット間スキューを考慮する必要がないシリアル転送方式が主流となっている。シリアル転送方式による高速インターフェース規格としては、イーサネット、IEEE 1394b、PCI Express、シリアルATA、SAS、ファイバーチャネル、InfiniBand、RapidIO、等があげられる。 パラレル転送方式ではデータ線とは別にクロック線を用意するのが一般的であるのに対して、基本的にSerDesではマンチェスター符号や8b/10b符号などを用いてデータとクロック(タイミング情報)を1本のラインに重畳して送信し、受信側のクロック・データ・リカバリ回路でクロックとデータを分離する構成がとられることが多い。 (ja)
rdfs:label
  • SerDes (ja)
  • SerDes (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of