SYM-1 は、1978年ごろ Synertek が開発したワンボードマイコン。当初 VIM-1(Versatile Input Monitor)という名称だったが、法的な問題で1978年の4月から8月の間に改称された。 モステクノロジーの KIM-1 の競合製品であり、多くの点で共通する部分がある(搭載するマイクロプロセッサは同じ 6502)。KIM-1 に対する優位点は、+5V の電源だけで動作できる点、ROM上の機械語モニタ、ROM/EPROMを挿入できるソケットを3つ備えている点、RAMを基板上で4キビバイトまで増設可能である点、RS-232シリアルポート、高速オーディオカセット記憶装置インタフェース(185バイト/s、KIM-1 は 8バイト/s)などである。また、基板上にバッファ回路があり、高電圧機器や大電流機器との接続が容易である。 SYM-1 特有の機能として、オシロスコープを接続でき、それをソフトウェアで制御して32文字表示のディスプレイとして使うことができた。

Property Value
dbo:abstract
  • SYM-1 は、1978年ごろ Synertek が開発したワンボードマイコン。当初 VIM-1(Versatile Input Monitor)という名称だったが、法的な問題で1978年の4月から8月の間に改称された。 モステクノロジーの KIM-1 の競合製品であり、多くの点で共通する部分がある(搭載するマイクロプロセッサは同じ 6502)。KIM-1 に対する優位点は、+5V の電源だけで動作できる点、ROM上の機械語モニタ、ROM/EPROMを挿入できるソケットを3つ備えている点、RAMを基板上で4キビバイトまで増設可能である点、RS-232シリアルポート、高速オーディオカセット記憶装置インタフェース(185バイト/s、KIM-1 は 8バイト/s)などである。また、基板上にバッファ回路があり、高電圧機器や大電流機器との接続が容易である。 SYM-1 特有の機能として、オシロスコープを接続でき、それをソフトウェアで制御して32文字表示のディスプレイとして使うことができた。 Synertek は、BASIC言語のROMやアセンブラ/エディタ (RAE) のROMを別売りしていた。また Eastern House Software と契約し、マクロアセンブラ/エディタ (MAE) を 8K ROM で販売していた。RAE や MAE を書いたのは、 Carl Moser である。MAE は SYM-1 だけでなく、他の 6502 を使ったコンピュータ向けにも発売された(コモドール、アタリ、モステクノロジー、Apple)。 (ja)
  • SYM-1 は、1978年ごろ Synertek が開発したワンボードマイコン。当初 VIM-1(Versatile Input Monitor)という名称だったが、法的な問題で1978年の4月から8月の間に改称された。 モステクノロジーの KIM-1 の競合製品であり、多くの点で共通する部分がある(搭載するマイクロプロセッサは同じ 6502)。KIM-1 に対する優位点は、+5V の電源だけで動作できる点、ROM上の機械語モニタ、ROM/EPROMを挿入できるソケットを3つ備えている点、RAMを基板上で4キビバイトまで増設可能である点、RS-232シリアルポート、高速オーディオカセット記憶装置インタフェース(185バイト/s、KIM-1 は 8バイト/s)などである。また、基板上にバッファ回路があり、高電圧機器や大電流機器との接続が容易である。 SYM-1 特有の機能として、オシロスコープを接続でき、それをソフトウェアで制御して32文字表示のディスプレイとして使うことができた。 Synertek は、BASIC言語のROMやアセンブラ/エディタ (RAE) のROMを別売りしていた。また Eastern House Software と契約し、マクロアセンブラ/エディタ (MAE) を 8K ROM で販売していた。RAE や MAE を書いたのは、 Carl Moser である。MAE は SYM-1 だけでなく、他の 6502 を使ったコンピュータ向けにも発売された(コモドール、アタリ、モステクノロジー、Apple)。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1274370 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1262 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 83596930 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • SYM-1 は、1978年ごろ Synertek が開発したワンボードマイコン。当初 VIM-1(Versatile Input Monitor)という名称だったが、法的な問題で1978年の4月から8月の間に改称された。 モステクノロジーの KIM-1 の競合製品であり、多くの点で共通する部分がある(搭載するマイクロプロセッサは同じ 6502)。KIM-1 に対する優位点は、+5V の電源だけで動作できる点、ROM上の機械語モニタ、ROM/EPROMを挿入できるソケットを3つ備えている点、RAMを基板上で4キビバイトまで増設可能である点、RS-232シリアルポート、高速オーディオカセット記憶装置インタフェース(185バイト/s、KIM-1 は 8バイト/s)などである。また、基板上にバッファ回路があり、高電圧機器や大電流機器との接続が容易である。 SYM-1 特有の機能として、オシロスコープを接続でき、それをソフトウェアで制御して32文字表示のディスプレイとして使うことができた。 (ja)
  • SYM-1 は、1978年ごろ Synertek が開発したワンボードマイコン。当初 VIM-1(Versatile Input Monitor)という名称だったが、法的な問題で1978年の4月から8月の間に改称された。 モステクノロジーの KIM-1 の競合製品であり、多くの点で共通する部分がある(搭載するマイクロプロセッサは同じ 6502)。KIM-1 に対する優位点は、+5V の電源だけで動作できる点、ROM上の機械語モニタ、ROM/EPROMを挿入できるソケットを3つ備えている点、RAMを基板上で4キビバイトまで増設可能である点、RS-232シリアルポート、高速オーディオカセット記憶装置インタフェース(185バイト/s、KIM-1 は 8バイト/s)などである。また、基板上にバッファ回路があり、高電圧機器や大電流機器との接続が容易である。 SYM-1 特有の機能として、オシロスコープを接続でき、それをソフトウェアで制御して32文字表示のディスプレイとして使うことができた。 (ja)
rdfs:label
  • SYM-1 (ja)
  • SYM-1 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of