STS-61-Aは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のスペースシャトル計画の22回目の飛行である。西ドイツが資金拠出及び運用を行ったスペースラブによる科学ミッションであり、そのため、NASAの付番とは異なるD-1(Deutschland-1)という番号も持つ。STS-61-Aは、1986年のSTS-51-Lで爆発したチャレンジャーのミッションとしては、最後に成功したものとなった。STS-61-Aの乗組員は8人で、打上げから帰還まで1機の宇宙船に乗っていた人数としては、現在も最多の記録である。 このミッションでは、スペースラブで76の実験が行われ、成功したと宣言されている。ペイロードの運用は、NASAのコントロールセンターではなく、にあるドイツ航空宇宙センターで行われた。

Property Value
dbo:abstract
  • STS-61-Aは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のスペースシャトル計画の22回目の飛行である。西ドイツが資金拠出及び運用を行ったスペースラブによる科学ミッションであり、そのため、NASAの付番とは異なるD-1(Deutschland-1)という番号も持つ。STS-61-Aは、1986年のSTS-51-Lで爆発したチャレンジャーのミッションとしては、最後に成功したものとなった。STS-61-Aの乗組員は8人で、打上げから帰還まで1機の宇宙船に乗っていた人数としては、現在も最多の記録である。 このミッションでは、スペースラブで76の実験が行われ、成功したと宣言されている。ペイロードの運用は、NASAのコントロールセンターではなく、にあるドイツ航空宇宙センターで行われた。 (ja)
  • STS-61-Aは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のスペースシャトル計画の22回目の飛行である。西ドイツが資金拠出及び運用を行ったスペースラブによる科学ミッションであり、そのため、NASAの付番とは異なるD-1(Deutschland-1)という番号も持つ。STS-61-Aは、1986年のSTS-51-Lで爆発したチャレンジャーのミッションとしては、最後に成功したものとなった。STS-61-Aの乗組員は8人で、打上げから帰還まで1機の宇宙船に乗っていた人数としては、現在も最多の記録である。 このミッションでは、スペースラブで76の実験が行われ、成功したと宣言されている。ペイロードの運用は、NASAのコントロールセンターではなく、にあるドイツ航空宇宙センターで行われた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2871181 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4591 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79496093 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:apsis
  • gee (ja)
  • gee (ja)
prop-ja:cosparId
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:crewMembers
prop-ja:crewPhoto
  • STS-61-A_crew.jpg (ja)
  • STS-61-A_crew.jpg (ja)
prop-ja:crewPhotoCaption
  • 前列:左から、フッラー、ダンバー、ブチェリ、ハーツフィールド (ja)
  • 後列:左から、ナーゲル、ブリュフォード、メッサーシュミット、オッケルス (ja)
  • 前列:左から、フッラー、ダンバー、ブチェリ、ハーツフィールド (ja)
  • 後列:左から、ナーゲル、ブリュフォード、メッサーシュミット、オッケルス (ja)
prop-ja:crewSize
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:distanceTravelled
  • 4682148.0
prop-ja:imageCaption
  • STS-61-Aでのチャレンジャーの打上げ (ja)
  • STS-61-Aでのチャレンジャーの打上げ (ja)
prop-ja:insignia
  • STS-61-a-patch.png (ja)
  • STS-61-a-patch.png (ja)
prop-ja:landingDate
  • --11-06
prop-ja:landingMass
  • 97144.0
prop-ja:landingSite
  • エドワーズ空軍基地第17滑走路 (ja)
  • エドワーズ空軍基地第17滑走路 (ja)
prop-ja:launchDate
  • --10-30
prop-ja:launchMass
  • 110568.0
prop-ja:launchSite
prop-ja:missionDuration
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:missionType
  • 微小重力実験 (ja)
  • 微小重力実験 (ja)
prop-ja:name
  • STS-61-A (ja)
  • STS-61-A (ja)
prop-ja:nextMission
prop-ja:operator
  • NASA (ja)
  • NASA (ja)
prop-ja:orbitApoapsis
  • 331.0
prop-ja:orbitInclination
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:orbitPeriapsis
  • 319.0
prop-ja:orbitPeriod
  • 91 (xsd:integer)
prop-ja:orbitReference
prop-ja:orbitRegime
prop-ja:orbitsCompleted
  • 112 (xsd:integer)
prop-ja:payloadMass
  • 14451.0
prop-ja:previousMission
prop-ja:programme
prop-ja:satcat
  • 16230 (xsd:integer)
prop-ja:spacecraft
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • STS-61-Aは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のスペースシャトル計画の22回目の飛行である。西ドイツが資金拠出及び運用を行ったスペースラブによる科学ミッションであり、そのため、NASAの付番とは異なるD-1(Deutschland-1)という番号も持つ。STS-61-Aは、1986年のSTS-51-Lで爆発したチャレンジャーのミッションとしては、最後に成功したものとなった。STS-61-Aの乗組員は8人で、打上げから帰還まで1機の宇宙船に乗っていた人数としては、現在も最多の記録である。 このミッションでは、スペースラブで76の実験が行われ、成功したと宣言されている。ペイロードの運用は、NASAのコントロールセンターではなく、にあるドイツ航空宇宙センターで行われた。 (ja)
  • STS-61-Aは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のスペースシャトル計画の22回目の飛行である。西ドイツが資金拠出及び運用を行ったスペースラブによる科学ミッションであり、そのため、NASAの付番とは異なるD-1(Deutschland-1)という番号も持つ。STS-61-Aは、1986年のSTS-51-Lで爆発したチャレンジャーのミッションとしては、最後に成功したものとなった。STS-61-Aの乗組員は8人で、打上げから帰還まで1機の宇宙船に乗っていた人数としては、現在も最多の記録である。 このミッションでは、スペースラブで76の実験が行われ、成功したと宣言されている。ペイロードの運用は、NASAのコントロールセンターではなく、にあるドイツ航空宇宙センターで行われた。 (ja)
rdfs:label
  • STS-61-A (ja)
  • STS-61-A (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mission of
is prop-ja:next of
is prop-ja:previousMission of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of