『SHAKE THE FAKE』(シェイク・ザ・フェイク)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の5枚目のアルバム。 1994年9月26日に東芝EMIイーストワールドレーベルからリリースされた。前作『Memories Of Blue』(1993年)よりおよそ1年8か月ぶりにリリースされた作品であり、全作詞は松井五郎、作曲は氷室およびホッピー神山、プロデュースは神山および西平彰、佐橋佳幸が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国のA&Mスタジオで行われ、マスタリングはバーニー・グランドマンによって行われた。前作がミリオンセラーとなり、かつて自身が所属したバンドであるBOØWYを超えたと確信した氷室により様々な次の方向性が試行錯誤されたアルバムであり、プログレッシブ・ロックやハードロックの音楽性と取り入れた作品となっている。 三貴「カメリアダイアモンド」のコマーシャルソングとして使用された先行シングル「VIRGIN BEAT」を収録、オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。

Property Value
dbo:abstract
  • 『SHAKE THE FAKE』(シェイク・ザ・フェイク)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の5枚目のアルバム。 1994年9月26日に東芝EMIイーストワールドレーベルからリリースされた。前作『Memories Of Blue』(1993年)よりおよそ1年8か月ぶりにリリースされた作品であり、全作詞は松井五郎、作曲は氷室およびホッピー神山、プロデュースは神山および西平彰、佐橋佳幸が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国のA&Mスタジオで行われ、マスタリングはバーニー・グランドマンによって行われた。前作がミリオンセラーとなり、かつて自身が所属したバンドであるBOØWYを超えたと確信した氷室により様々な次の方向性が試行錯誤されたアルバムであり、プログレッシブ・ロックやハードロックの音楽性と取り入れた作品となっている。 三貴「カメリアダイアモンド」のコマーシャルソングとして使用された先行シングル「VIRGIN BEAT」を収録、オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。 (ja)
  • 『SHAKE THE FAKE』(シェイク・ザ・フェイク)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の5枚目のアルバム。 1994年9月26日に東芝EMIイーストワールドレーベルからリリースされた。前作『Memories Of Blue』(1993年)よりおよそ1年8か月ぶりにリリースされた作品であり、全作詞は松井五郎、作曲は氷室およびホッピー神山、プロデュースは神山および西平彰、佐橋佳幸が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国のA&Mスタジオで行われ、マスタリングはバーニー・グランドマンによって行われた。前作がミリオンセラーとなり、かつて自身が所属したバンドであるBOØWYを超えたと確信した氷室により様々な次の方向性が試行錯誤されたアルバムであり、プログレッシブ・ロックやハードロックの音楽性と取り入れた作品となっている。 三貴「カメリアダイアモンド」のコマーシャルソングとして使用された先行シングル「VIRGIN BEAT」を収録、オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。 (ja)
dbo:artist
dbo:certification
  • *プラチナ(日本レコード協会)
dbo:genre
dbo:position
dbo:previousWork
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:title
  • SHAKE THE FAKE (ja)
  • SHAKE THE FAKE (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1774320 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10567 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86666021 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:allLyrics
prop-ja:allMusic
prop-ja:arrangementsCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:arranger
prop-ja:artist
prop-ja:certification
  • *プラチナ(日本レコード協会) (ja)
  • *プラチナ(日本レコード協会) (ja)
prop-ja:chartPosition
  • *週間1位(オリコン) *1994年度年間16位(オリコン) *登場回数8回(オリコン) (ja)
  • *週間1位(オリコン) *1994年度年間16位(オリコン) *登場回数8回(オリコン) (ja)
prop-ja:ean
  • (ja)
  • (1993年・CD) (ja)
  • (2003年・CCCD) (ja)
  • (ja)
  • (1993年・CD) (ja)
  • (2003年・CCCD) (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
  • (1993年) (ja)
  • 『Memories Of Blue』 (ja)
  • (1993年) (ja)
  • 『Memories Of Blue』 (ja)
prop-ja:length
  • 53 (xsd:integer)
  • 216.0
  • 237.0
  • 244.0
  • 247.0
  • 272.0
  • 276.0
  • 294.0
  • 298.0
  • 322.0
  • 341.0
  • 415.0
prop-ja:misc
  • --08-29
prop-ja:name
  • SHAKE THE FAKE (ja)
  • SHAKE THE FAKE (ja)
prop-ja:nextAlbum
  • (1995年) (ja)
  • 『SINGLES』 (ja)
  • (1995年) (ja)
  • 『SINGLES』 (ja)
prop-ja:note
  • 作曲: 氷室京介、ホッピー神山 (ja)
  • 作曲: 氷室京介、ホッピー神山 (ja)
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
prop-ja:released
  • --09-26
prop-ja:rev
  • CDジャーナル (ja)
  • CDジャーナル (ja)
prop-ja:rev1score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:thisAlbum
  • (1994年) (ja)
  • 『SHAKE THE FAKE』 (ja)
  • (1994年) (ja)
  • 『SHAKE THE FAKE』 (ja)
prop-ja:title
  • BLOW (ja)
  • BREATHLESS (ja)
  • SHAKE THE FAKE (ja)
  • VIRGIN BEAT (ja)
  • HYSTERIA (ja)
  • DON'T SAY GOOD BYE (ja)
  • DOWN TOWN ARMY (ja)
  • FOREVER RAIN (ja)
  • LONESOME DUMMY (ja)
  • LOST IN THE DARKNESS (ja)
  • TRUE BELIEVER (ja)
  • BLOW (ja)
  • BREATHLESS (ja)
  • SHAKE THE FAKE (ja)
  • VIRGIN BEAT (ja)
  • HYSTERIA (ja)
  • DON'T SAY GOOD BYE (ja)
  • DOWN TOWN ARMY (ja)
  • FOREVER RAIN (ja)
  • LONESOME DUMMY (ja)
  • LOST IN THE DARKNESS (ja)
  • TRUE BELIEVER (ja)
prop-ja:totalLength
  • 3201.0
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『SHAKE THE FAKE』(シェイク・ザ・フェイク)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の5枚目のアルバム。 1994年9月26日に東芝EMIイーストワールドレーベルからリリースされた。前作『Memories Of Blue』(1993年)よりおよそ1年8か月ぶりにリリースされた作品であり、全作詞は松井五郎、作曲は氷室およびホッピー神山、プロデュースは神山および西平彰、佐橋佳幸が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国のA&Mスタジオで行われ、マスタリングはバーニー・グランドマンによって行われた。前作がミリオンセラーとなり、かつて自身が所属したバンドであるBOØWYを超えたと確信した氷室により様々な次の方向性が試行錯誤されたアルバムであり、プログレッシブ・ロックやハードロックの音楽性と取り入れた作品となっている。 三貴「カメリアダイアモンド」のコマーシャルソングとして使用された先行シングル「VIRGIN BEAT」を収録、オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。 (ja)
  • 『SHAKE THE FAKE』(シェイク・ザ・フェイク)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の5枚目のアルバム。 1994年9月26日に東芝EMIイーストワールドレーベルからリリースされた。前作『Memories Of Blue』(1993年)よりおよそ1年8か月ぶりにリリースされた作品であり、全作詞は松井五郎、作曲は氷室およびホッピー神山、プロデュースは神山および西平彰、佐橋佳幸が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国のA&Mスタジオで行われ、マスタリングはバーニー・グランドマンによって行われた。前作がミリオンセラーとなり、かつて自身が所属したバンドであるBOØWYを超えたと確信した氷室により様々な次の方向性が試行錯誤されたアルバムであり、プログレッシブ・ロックやハードロックの音楽性と取り入れた作品となっている。 三貴「カメリアダイアモンド」のコマーシャルソングとして使用された先行シングル「VIRGIN BEAT」を収録、オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。 (ja)
rdfs:label
  • SHAKE THE FAKE (ja)
  • SHAKE THE FAKE (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:album of
is dbo:previousWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:album of
is prop-ja:lastAlbum of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of