Motorola S-recordは、モトローラによって作成されたファイル形式であり、バイナリ情報をASCII 16進テキスト形式で伝達する。このファイル形式はSRECORD、SREC、S19、S28、S37とも呼ばれる。マイクロコントローラ、EPROM、EEPROM、およびその他の種類のプログラマブルロジックデバイスのフラッシュメモリのプログラミングによく使用される。典型的な適用では、コンパイラやアセンブラはプログラムのソースコード (C言語やアセンブリ言語など) を機械語コードに変換し、16進ファイルに出力する。16進ファイルは、プログラマーによってインポートされ、機械語コードを不揮発性メモリに書き込むか、ロードおよび実行のために対象システムに転送される。

Property Value
dbo:abstract
  • Motorola S-recordは、モトローラによって作成されたファイル形式であり、バイナリ情報をASCII 16進テキスト形式で伝達する。このファイル形式はSRECORD、SREC、S19、S28、S37とも呼ばれる。マイクロコントローラ、EPROM、EEPROM、およびその他の種類のプログラマブルロジックデバイスのフラッシュメモリのプログラミングによく使用される。典型的な適用では、コンパイラやアセンブラはプログラムのソースコード (C言語やアセンブリ言語など) を機械語コードに変換し、16進ファイルに出力する。16進ファイルは、プログラマーによってインポートされ、機械語コードを不揮発性メモリに書き込むか、ロードおよび実行のために対象システムに転送される。 (ja)
  • Motorola S-recordは、モトローラによって作成されたファイル形式であり、バイナリ情報をASCII 16進テキスト形式で伝達する。このファイル形式はSRECORD、SREC、S19、S28、S37とも呼ばれる。マイクロコントローラ、EPROM、EEPROM、およびその他の種類のプログラマブルロジックデバイスのフラッシュメモリのプログラミングによく使用される。典型的な適用では、コンパイラやアセンブラはプログラムのソースコード (C言語やアセンブリ言語など) を機械語コードに変換し、16進ファイルに出力する。16進ファイルは、プログラマーによってインポートされ、機械語コードを不揮発性メモリに書き込むか、ロードおよび実行のために対象システムに転送される。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4075468 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14417 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85382378 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Motorola S-Record形式のクイックリファレンスチャート 。 (ja)
  • Motorola S-Record形式のクイックリファレンスチャート 。 (ja)
prop-ja:extension
  • 37.0
prop-ja:name
  • S-record (ja)
  • S-record (ja)
prop-ja:screenshot
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Motorola S-recordは、モトローラによって作成されたファイル形式であり、バイナリ情報をASCII 16進テキスト形式で伝達する。このファイル形式はSRECORD、SREC、S19、S28、S37とも呼ばれる。マイクロコントローラ、EPROM、EEPROM、およびその他の種類のプログラマブルロジックデバイスのフラッシュメモリのプログラミングによく使用される。典型的な適用では、コンパイラやアセンブラはプログラムのソースコード (C言語やアセンブリ言語など) を機械語コードに変換し、16進ファイルに出力する。16進ファイルは、プログラマーによってインポートされ、機械語コードを不揮発性メモリに書き込むか、ロードおよび実行のために対象システムに転送される。 (ja)
  • Motorola S-recordは、モトローラによって作成されたファイル形式であり、バイナリ情報をASCII 16進テキスト形式で伝達する。このファイル形式はSRECORD、SREC、S19、S28、S37とも呼ばれる。マイクロコントローラ、EPROM、EEPROM、およびその他の種類のプログラマブルロジックデバイスのフラッシュメモリのプログラミングによく使用される。典型的な適用では、コンパイラやアセンブラはプログラムのソースコード (C言語やアセンブリ言語など) を機械語コードに変換し、16進ファイルに出力する。16進ファイルは、プログラマーによってインポートされ、機械語コードを不揮発性メモリに書き込むか、ロードおよび実行のために対象システムに転送される。 (ja)
rdfs:label
  • S-record (ja)
  • S-record (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of