Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。 作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。 メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。 本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。

Property Value
dbo:abstract
  • Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。 作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。 メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。 本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。 (ja)
  • Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。 作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。 メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。 本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 139183 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18181 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80332226 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 姿勢制御バーニア×15 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×15 (ja)
prop-ja:オプション
  • ビームスマートガン (ja)
  • ビームスマートガン (ja)
prop-ja:センサー
  • 18,800m (ja)
  • 18,800m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 12.1
  • 162.5
  • 220.13
  • 24.36
  • 36.54
  • 73.0
prop-ja:全幅
  • 7.63m (ja)
  • 18.43m (ja)
  • 21.16m (ja)
  • 7.63m (ja)
  • 18.43m (ja)
  • 21.16m (ja)
prop-ja:全長
  • 25.490000 (xsd:double)
  • 32.980000 (xsd:double)
  • 7.92m (ja)
  • 21.16m (ja)
prop-ja:全高
  • 19.16m (ja)
  • 25.18m (ja)
  • 19.16m (ja)
  • 25.18m (ja)
prop-ja:出力
  • 7180 (xsd:integer)
  • 12250 (xsd:integer)
  • 12250.0
  • 7180.0
prop-ja:名称
  • Bst-Sガンダム (ja)
  • DEEP STRIKER (ja)
  • Ex-S GUNDAM (ja)
  • Ex-Sガンダム (ja)
  • Gアタッカー (ja)
  • Gコア (ja)
  • Gボマー (ja)
  • S GUNDAM plus BOOSTERUNIT (ja)
  • Superior GUNDAM (ja)
  • Sガンダム(スペリオルガンダム) (ja)
  • ディープ・ストライカー (ja)
  • Bst-Sガンダム (ja)
  • DEEP STRIKER (ja)
  • Ex-S GUNDAM (ja)
  • Ex-Sガンダム (ja)
  • Gアタッカー (ja)
  • Gコア (ja)
  • Gボマー (ja)
  • S GUNDAM plus BOOSTERUNIT (ja)
  • Superior GUNDAM (ja)
  • Sガンダム(スペリオルガンダム) (ja)
  • ディープ・ストライカー (ja)
prop-ja:型式番号
  • FXA-08GB (ja)
  • MSA-0011 (ja)
  • MSA-0011[Bst] (ja)
  • MSA-0011[Ext] (ja)
  • MSA-0011[Bst]PLAN 303E (ja)
  • FXA-08GB (ja)
  • MSA-0011 (ja)
  • MSA-0011[Bst] (ja)
  • MSA-0011[Ext] (ja)
  • MSA-0011[Bst]PLAN 303E (ja)
prop-ja:建造
prop-ja:所属
prop-ja:推力
  • 4128 (xsd:integer)
  • 11200 (xsd:integer)
  • 24700 (xsd:integer)
  • 1182000.0
  • 2140000.0
  • (総推力)143,600kg (ja)
  • (総推力)16,512kg (ja)
  • (総推力)44,800kg (ja)
  • (総推力)49,400kg (ja)
prop-ja:搭乗者
prop-ja:武装
  • 60 (xsd:integer)
  • オプション (ja)
  • ビームサーベル×2 (ja)
  • Iフィールド発生器 (ja)
  • インコム (ja)
  • インコム(出力3.8MW) (ja)
  • テールスタビレータ部バルカン×4 (ja)
  • ビームカノン×2 (ja)
  • ビームサーベル(出力0.9MW)×2 (ja)
  • ビームスマートガン (ja)
  • ビームスマートガン(出力56MW) (ja)
  • ビーム・スマート・ガン (ja)
  • ミサイル・ランチャー×4 (ja)
  • メガ粒子砲 (ja)
  • リフレクターインコム×2 (ja)
  • 大腿部ビームカノン×2 (ja)
  • 大腿部ビームカノン(出力14MW)×2 (ja)
  • 改良型ビーム・カノン (ja)
  • 背部ビームカノン×4 (ja)
  • 背部ビームカノン(出力12MW)×2 (ja)
prop-ja:生産形態
  • 試作機 (ja)
  • 試作機 (ja)
prop-ja:範囲
  • α任務部隊に実戦配備された機体ではALICEは封印されていたはずだったが、主任技術者キャロルの偽装により実際は稼働しており、しばしば戦闘中にリョウから機体の制御を奪っている。月面でブレイブ・コッドの駆るガンダムMk-Vに勝利し、最終決戦ではゾディ・アックを撃破しているが、この際にA/Bパーツのユニットを失ったことで通常の学習型コンピュータに戻っている (ja)
  • 本機において特筆すべき点は、試験的に人工知能「ALICE(アリス)」が搭載されていることである。MSの無人化のためのテストベッドとして開発されたものの、強化人間の方が安価で効果が高く、また人間のパイロットが無用化することで既得権益を失うことを恐れた連邦軍の一部勢力の圧力などによって、研究は凍結された。開発者のルーツ博士は研究中の爆発事故により殉職しているが、これも反対派の妨害工作が疑われている (ja)
  • その名が示すように論理では説明ができない不可思議な感情をパイロットから学習することで、戦闘の状況を自律的に判断する能力を獲得し、最終的には本機の複雑な機体システムを単独で完全に制御する能力を持つよう設計されている。さらには一定レベルの人格すら備えていたが、稼働には大容量のコンピュータシステムが必要であり、機体が分離した状態では機能しない。その教育のため「常識では計り知れない、不条理な男」という基準に選定された男達が集められ「チェシャ猫」のコードネームで呼ばれていた。その一人にルーツ博士の息子であり、後の専任パイロットであるリョウ・ルーツがいた。またシン・クリプトら後のFAZZ部隊パイロットも含まれていたが、彼らにはALICEの存在は知らされず、あくまで新型MSのテストパイロットとされていた (ja)
  • 随伴機として、Ex-Sガンダムのバックパックを装備したΖプラス(MSZ-006C1[Bst] ハミングバード)も計画されたが、こちらも計画のみで終わっている (ja)
  • α任務部隊に実戦配備された機体ではALICEは封印されていたはずだったが、主任技術者キャロルの偽装により実際は稼働しており、しばしば戦闘中にリョウから機体の制御を奪っている。月面でブレイブ・コッドの駆るガンダムMk-Vに勝利し、最終決戦ではゾディ・アックを撃破しているが、この際にA/Bパーツのユニットを失ったことで通常の学習型コンピュータに戻っている (ja)
  • 本機において特筆すべき点は、試験的に人工知能「ALICE(アリス)」が搭載されていることである。MSの無人化のためのテストベッドとして開発されたものの、強化人間の方が安価で効果が高く、また人間のパイロットが無用化することで既得権益を失うことを恐れた連邦軍の一部勢力の圧力などによって、研究は凍結された。開発者のルーツ博士は研究中の爆発事故により殉職しているが、これも反対派の妨害工作が疑われている (ja)
  • その名が示すように論理では説明ができない不可思議な感情をパイロットから学習することで、戦闘の状況を自律的に判断する能力を獲得し、最終的には本機の複雑な機体システムを単独で完全に制御する能力を持つよう設計されている。さらには一定レベルの人格すら備えていたが、稼働には大容量のコンピュータシステムが必要であり、機体が分離した状態では機能しない。その教育のため「常識では計り知れない、不条理な男」という基準に選定された男達が集められ「チェシャ猫」のコードネームで呼ばれていた。その一人にルーツ博士の息子であり、後の専任パイロットであるリョウ・ルーツがいた。またシン・クリプトら後のFAZZ部隊パイロットも含まれていたが、彼らにはALICEの存在は知らされず、あくまで新型MSのテストパイロットとされていた (ja)
  • 随伴機として、Ex-Sガンダムのバックパックを装備したΖプラス(MSZ-006C1[Bst] ハミングバード)も計画されたが、こちらも計画のみで終わっている (ja)
prop-ja:装甲
prop-ja:重量
  • 38.4
  • 69.24
  • 82.18
prop-ja:頭頂高
  • 15.81m (ja)
  • 21.73m (ja)
  • 15.81m (ja)
  • 21.73m (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。 作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。 メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。 本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。 (ja)
  • Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。 作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。 メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。 本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。 (ja)
rdfs:label
  • Sガンダム (ja)
  • Sガンダム (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of