Resource Description Framework(リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF、日: 資源記述の枠組み)は、元はメタデータのデータモデルを記述するための枠組みとしてデザインされたWorld Wide Web Consortium (W3C) の仕様の一つ。さまざまな文法やデータのシリアライズ形式を使って、ウェブのリソースに実装された情報を概念的に記述したり、モデリングしたりするための一般的な手法として使われるようになった。ナレッジマネジメントのアプリケーションでも使われている。RDFは、セマンティック・ウェブを実現するための技術的な構成要素の1つとなっており、代表例としてLinked Open Dataがある。RDF は1999年にW3C勧告となり、RDF 1.0 仕様が2004年に、RDF 1.1 仕様が 2014年に発行された。 1999年の勧告の邦訳は電子ネットワーク協議会より発行されている。

Property Value
dbo:abstract
  • Resource Description Framework(リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF、日: 資源記述の枠組み)は、元はメタデータのデータモデルを記述するための枠組みとしてデザインされたWorld Wide Web Consortium (W3C) の仕様の一つ。さまざまな文法やデータのシリアライズ形式を使って、ウェブのリソースに実装された情報を概念的に記述したり、モデリングしたりするための一般的な手法として使われるようになった。ナレッジマネジメントのアプリケーションでも使われている。RDFは、セマンティック・ウェブを実現するための技術的な構成要素の1つとなっており、代表例としてLinked Open Dataがある。RDF は1999年にW3C勧告となり、RDF 1.0 仕様が2004年に、RDF 1.1 仕様が 2014年に発行された。 1999年の勧告の邦訳は電子ネットワーク協議会より発行されている。 (ja)
  • Resource Description Framework(リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF、日: 資源記述の枠組み)は、元はメタデータのデータモデルを記述するための枠組みとしてデザインされたWorld Wide Web Consortium (W3C) の仕様の一つ。さまざまな文法やデータのシリアライズ形式を使って、ウェブのリソースに実装された情報を概念的に記述したり、モデリングしたりするための一般的な手法として使われるようになった。ナレッジマネジメントのアプリケーションでも使われている。RDFは、セマンティック・ウェブを実現するための技術的な構成要素の1つとなっており、代表例としてLinked Open Dataがある。RDF は1999年にW3C勧告となり、RDF 1.0 仕様が2004年に、RDF 1.1 仕様が 2014年に発行された。 1999年の勧告の邦訳は電子ネットワーク協議会より発行されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 45418 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7653 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 7825 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78331401 (xsd:integer)
  • 85508520 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:code
  • <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dcterms="http://purl.org/dc/terms/"> モンナカ (ja)
  • <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:dcterms="http://purl.org/dc/terms/"> モンナカ (ja)
prop-ja:lang
  • xml (ja)
  • xml (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Resource Description Framework(リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF、日: 資源記述の枠組み)は、元はメタデータのデータモデルを記述するための枠組みとしてデザインされたWorld Wide Web Consortium (W3C) の仕様の一つ。さまざまな文法やデータのシリアライズ形式を使って、ウェブのリソースに実装された情報を概念的に記述したり、モデリングしたりするための一般的な手法として使われるようになった。ナレッジマネジメントのアプリケーションでも使われている。RDFは、セマンティック・ウェブを実現するための技術的な構成要素の1つとなっており、代表例としてLinked Open Dataがある。RDF は1999年にW3C勧告となり、RDF 1.0 仕様が2004年に、RDF 1.1 仕様が 2014年に発行された。 1999年の勧告の邦訳は電子ネットワーク協議会より発行されている。 (ja)
  • Resource Description Framework(リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF、日: 資源記述の枠組み)は、元はメタデータのデータモデルを記述するための枠組みとしてデザインされたWorld Wide Web Consortium (W3C) の仕様の一つ。さまざまな文法やデータのシリアライズ形式を使って、ウェブのリソースに実装された情報を概念的に記述したり、モデリングしたりするための一般的な手法として使われるようになった。ナレッジマネジメントのアプリケーションでも使われている。RDFは、セマンティック・ウェブを実現するための技術的な構成要素の1つとなっており、代表例としてLinked Open Dataがある。RDF は1999年にW3C勧告となり、RDF 1.0 仕様が2004年に、RDF 1.1 仕様が 2014年に発行された。 1999年の勧告の邦訳は電子ネットワーク協議会より発行されている。 (ja)
rdfs:label
  • Resource Description Framework (ja)
  • Resource Description Framework (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:baseStandards of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of