ITU-R勧告BT.2020(より一般的には短縮形のRec. 2020ないしBT.2020として知られている)は、や広色域(WCG)を備えた超高精細テレビ(UHDTV)の様々な側面を定義しており、これには画面解像度、プログレッシブ・スキャンのフレームレート、ビット深度、原色点、RGBおよび輝度色差色表現、クロマ・サブサンプリングおよび光電変換関数などが含まれている。Rec. 2020の最初のバージョンは、2012年8月23日に国際電気通信連合(ITU)のウェブサイトに掲載され、それ以降、さらに2つの版が公開されている。Rec. 2020はRec. 2100でいくつかの点が拡張されている。

Property Value
dbo:abstract
  • ITU-R勧告BT.2020(より一般的には短縮形のRec. 2020ないしBT.2020として知られている)は、や広色域(WCG)を備えた超高精細テレビ(UHDTV)の様々な側面を定義しており、これには画面解像度、プログレッシブ・スキャンのフレームレート、ビット深度、原色点、RGBおよび輝度色差色表現、クロマ・サブサンプリングおよび光電変換関数などが含まれている。Rec. 2020の最初のバージョンは、2012年8月23日に国際電気通信連合(ITU)のウェブサイトに掲載され、それ以降、さらに2つの版が公開されている。Rec. 2020はRec. 2100でいくつかの点が拡張されている。 (ja)
  • ITU-R勧告BT.2020(より一般的には短縮形のRec. 2020ないしBT.2020として知られている)は、や広色域(WCG)を備えた超高精細テレビ(UHDTV)の様々な側面を定義しており、これには画面解像度、プログレッシブ・スキャンのフレームレート、ビット深度、原色点、RGBおよび輝度色差色表現、クロマ・サブサンプリングおよび光電変換関数などが含まれている。Rec. 2020の最初のバージョンは、2012年8月23日に国際電気通信連合(ITU)のウェブサイトに掲載され、それ以降、さらに2つの版が公開されている。Rec. 2020はRec. 2100でいくつかの点が拡張されている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4360700 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23948 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85923571 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ITU-R勧告BT.2020(より一般的には短縮形のRec. 2020ないしBT.2020として知られている)は、や広色域(WCG)を備えた超高精細テレビ(UHDTV)の様々な側面を定義しており、これには画面解像度、プログレッシブ・スキャンのフレームレート、ビット深度、原色点、RGBおよび輝度色差色表現、クロマ・サブサンプリングおよび光電変換関数などが含まれている。Rec. 2020の最初のバージョンは、2012年8月23日に国際電気通信連合(ITU)のウェブサイトに掲載され、それ以降、さらに2つの版が公開されている。Rec. 2020はRec. 2100でいくつかの点が拡張されている。 (ja)
  • ITU-R勧告BT.2020(より一般的には短縮形のRec. 2020ないしBT.2020として知られている)は、や広色域(WCG)を備えた超高精細テレビ(UHDTV)の様々な側面を定義しており、これには画面解像度、プログレッシブ・スキャンのフレームレート、ビット深度、原色点、RGBおよび輝度色差色表現、クロマ・サブサンプリングおよび光電変換関数などが含まれている。Rec. 2020の最初のバージョンは、2012年8月23日に国際電気通信連合(ITU)のウェブサイトに掲載され、それ以降、さらに2つの版が公開されている。Rec. 2020はRec. 2100でいくつかの点が拡張されている。 (ja)
rdfs:label
  • Rec. 2020 (ja)
  • Rec. 2020 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of