ReCycle!(リサイクル)はスウェーデンのプロペラヘッド・ソフトウェア製のスライスループ音声素材制作ソフトウェアである。 音声ファイルをフレーズごとにスライスし、このソフトウェア独自のREX/REX2ファイル形式に変換する。変換後はピッチを保ったまま後でテンポをある程度自由に変えることや逆にテンポを保ったまま音高を変えること、また、フレーズの一部を取り出したり内部での前後関係を入れ替えたりすることができるようになる。そのファイルを他の音楽制作用ソフトウェアで読み込んで使う。 このソフトウェアの登場により、ひとつの音声ファイルをさまざまな形で使うことがそれまでより手軽にできるようになった。

Property Value
dbo:abstract
  • ReCycle!(リサイクル)はスウェーデンのプロペラヘッド・ソフトウェア製のスライスループ音声素材制作ソフトウェアである。 音声ファイルをフレーズごとにスライスし、このソフトウェア独自のREX/REX2ファイル形式に変換する。変換後はピッチを保ったまま後でテンポをある程度自由に変えることや逆にテンポを保ったまま音高を変えること、また、フレーズの一部を取り出したり内部での前後関係を入れ替えたりすることができるようになる。そのファイルを他の音楽制作用ソフトウェアで読み込んで使う。 このソフトウェアの登場により、ひとつの音声ファイルをさまざまな形で使うことがそれまでより手軽にできるようになった。 (ja)
  • ReCycle!(リサイクル)はスウェーデンのプロペラヘッド・ソフトウェア製のスライスループ音声素材制作ソフトウェアである。 音声ファイルをフレーズごとにスライスし、このソフトウェア独自のREX/REX2ファイル形式に変換する。変換後はピッチを保ったまま後でテンポをある程度自由に変えることや逆にテンポを保ったまま音高を変えること、また、フレーズの一部を取り出したり内部での前後関係を入れ替えたりすることができるようになる。そのファイルを他の音楽制作用ソフトウェアで読み込んで使う。 このソフトウェアの登場により、ひとつの音声ファイルをさまざまな形で使うことがそれまでより手軽にできるようになった。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.1.2
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1139593 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1103 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81000742 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • ReCycle! (ja)
  • ReCycle! (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
  • Windows、Mac OS X (ja)
  • Windows、Mac OS X (ja)
prop-ja:最新版
  • 2.100000 (xsd:double)
prop-ja:最新版発表日
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 音楽制作 (ja)
  • 音楽制作 (ja)
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ReCycle!(リサイクル)はスウェーデンのプロペラヘッド・ソフトウェア製のスライスループ音声素材制作ソフトウェアである。 音声ファイルをフレーズごとにスライスし、このソフトウェア独自のREX/REX2ファイル形式に変換する。変換後はピッチを保ったまま後でテンポをある程度自由に変えることや逆にテンポを保ったまま音高を変えること、また、フレーズの一部を取り出したり内部での前後関係を入れ替えたりすることができるようになる。そのファイルを他の音楽制作用ソフトウェアで読み込んで使う。 このソフトウェアの登場により、ひとつの音声ファイルをさまざまな形で使うことがそれまでより手軽にできるようになった。 (ja)
  • ReCycle!(リサイクル)はスウェーデンのプロペラヘッド・ソフトウェア製のスライスループ音声素材制作ソフトウェアである。 音声ファイルをフレーズごとにスライスし、このソフトウェア独自のREX/REX2ファイル形式に変換する。変換後はピッチを保ったまま後でテンポをある程度自由に変えることや逆にテンポを保ったまま音高を変えること、また、フレーズの一部を取り出したり内部での前後関係を入れ替えたりすることができるようになる。そのファイルを他の音楽制作用ソフトウェアで読み込んで使う。 このソフトウェアの登場により、ひとつの音声ファイルをさまざまな形で使うことがそれまでより手軽にできるようになった。 (ja)
rdfs:label
  • ReCycle! (ja)
  • ReCycle! (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ReCycle! (ja)
  • ReCycle! (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of