RPX Corporation(NASDAQ: RPXC)は特許リスク軽減を掲げるサービスを提供する企業である。このサービスには、特許リスク管理ソリューション、防衛的買収の引受の申出、引受買収(シンジケーション)、特許情報戦略(インテリジェンス)、アドバイザリー・サービスの提供などが含まれる。同社は2008年3月の設立以来訴訟に代わる合理的な手法を提供することにより特許市場に効率性を持ち込むことに成功したと主張している。サンフランシスコに基盤を持つ同社は、売買の元手となる元金を集めることだけではなく、特許に対する深い専門的知識、顧客が特許買収を行う際によりすぐれた原動力となるように寄与することなどと組み合わせることを取引の有力な手段としている。同社は潜在的な問題を引き起こす可能性のある特許を事前に買い取り、貴重な情報を同社の顧客に提供している。これら同社の手法により、成長著しい同社の顧客集団に向けられた特許権主張の申立を軽減しようと模索している。 RPXは企業顧客集団である会員に対し敵対的に使用される可能性のある、高価値かつ妥当性、危険性のある特許資産を特定し、購入する。状況次第では、RPXは第三者から又はNPEから直接、特許資産を買い取る可能性がある。必要かつ可能な場合にはRPXは積極的に訴訟に打って出ることなく特許権を買い取ることになる。

Property Value
dbo:abstract
  • RPX Corporation(NASDAQ: RPXC)は特許リスク軽減を掲げるサービスを提供する企業である。このサービスには、特許リスク管理ソリューション、防衛的買収の引受の申出、引受買収(シンジケーション)、特許情報戦略(インテリジェンス)、アドバイザリー・サービスの提供などが含まれる。同社は2008年3月の設立以来訴訟に代わる合理的な手法を提供することにより特許市場に効率性を持ち込むことに成功したと主張している。サンフランシスコに基盤を持つ同社は、売買の元手となる元金を集めることだけではなく、特許に対する深い専門的知識、顧客が特許買収を行う際によりすぐれた原動力となるように寄与することなどと組み合わせることを取引の有力な手段としている。同社は潜在的な問題を引き起こす可能性のある特許を事前に買い取り、貴重な情報を同社の顧客に提供している。これら同社の手法により、成長著しい同社の顧客集団に向けられた特許権主張の申立を軽減しようと模索している。 特許訴訟問題を解決するため、RPXは市場原理に基づいたソリューションを生み出しており、その重要な要素に(防衛的特許アグリゲーション)が存在する。RPXの防衛的特許集約サービスは、特許権のライセンシングや他者への特許権の行使を専らの目的として特許を買収するパテント・トロールとも呼ばれる非事業体(non-practicing entities, NPEs)から、顧客が提訴される危険を軽減するため設けられている。 RPXは企業顧客集団である会員に対し敵対的に使用される可能性のある、高価値かつ妥当性、危険性のある特許資産を特定し、購入する。状況次第では、RPXは第三者から又はNPEから直接、特許資産を買い取る可能性がある。必要かつ可能な場合にはRPXは積極的に訴訟に打って出ることなく特許権を買い取ることになる。 RPXはアグリゲーションのポートフォリオに含まれる特許に対し、特許権の主張または訴訟を提起することは決してないとの誓約を結んでいる。 (ja)
  • RPX Corporation(NASDAQ: RPXC)は特許リスク軽減を掲げるサービスを提供する企業である。このサービスには、特許リスク管理ソリューション、防衛的買収の引受の申出、引受買収(シンジケーション)、特許情報戦略(インテリジェンス)、アドバイザリー・サービスの提供などが含まれる。同社は2008年3月の設立以来訴訟に代わる合理的な手法を提供することにより特許市場に効率性を持ち込むことに成功したと主張している。サンフランシスコに基盤を持つ同社は、売買の元手となる元金を集めることだけではなく、特許に対する深い専門的知識、顧客が特許買収を行う際によりすぐれた原動力となるように寄与することなどと組み合わせることを取引の有力な手段としている。同社は潜在的な問題を引き起こす可能性のある特許を事前に買い取り、貴重な情報を同社の顧客に提供している。これら同社の手法により、成長著しい同社の顧客集団に向けられた特許権主張の申立を軽減しようと模索している。 特許訴訟問題を解決するため、RPXは市場原理に基づいたソリューションを生み出しており、その重要な要素に(防衛的特許アグリゲーション)が存在する。RPXの防衛的特許集約サービスは、特許権のライセンシングや他者への特許権の行使を専らの目的として特許を買収するパテント・トロールとも呼ばれる非事業体(non-practicing entities, NPEs)から、顧客が提訴される危険を軽減するため設けられている。 RPXは企業顧客集団である会員に対し敵対的に使用される可能性のある、高価値かつ妥当性、危険性のある特許資産を特定し、購入する。状況次第では、RPXは第三者から又はNPEから直接、特許資産を買い取る可能性がある。必要かつ可能な場合にはRPXは積極的に訴訟に打って出ることなく特許権を買い取ることになる。 RPXはアグリゲーションのポートフォリオに含まれる特許に対し、特許権の主張または訴訟を提起することは決してないとの誓約を結んでいる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2359729 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9101 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 92478109 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • RPX Corporation(NASDAQ: RPXC)は特許リスク軽減を掲げるサービスを提供する企業である。このサービスには、特許リスク管理ソリューション、防衛的買収の引受の申出、引受買収(シンジケーション)、特許情報戦略(インテリジェンス)、アドバイザリー・サービスの提供などが含まれる。同社は2008年3月の設立以来訴訟に代わる合理的な手法を提供することにより特許市場に効率性を持ち込むことに成功したと主張している。サンフランシスコに基盤を持つ同社は、売買の元手となる元金を集めることだけではなく、特許に対する深い専門的知識、顧客が特許買収を行う際によりすぐれた原動力となるように寄与することなどと組み合わせることを取引の有力な手段としている。同社は潜在的な問題を引き起こす可能性のある特許を事前に買い取り、貴重な情報を同社の顧客に提供している。これら同社の手法により、成長著しい同社の顧客集団に向けられた特許権主張の申立を軽減しようと模索している。 RPXは企業顧客集団である会員に対し敵対的に使用される可能性のある、高価値かつ妥当性、危険性のある特許資産を特定し、購入する。状況次第では、RPXは第三者から又はNPEから直接、特許資産を買い取る可能性がある。必要かつ可能な場合にはRPXは積極的に訴訟に打って出ることなく特許権を買い取ることになる。 (ja)
  • RPX Corporation(NASDAQ: RPXC)は特許リスク軽減を掲げるサービスを提供する企業である。このサービスには、特許リスク管理ソリューション、防衛的買収の引受の申出、引受買収(シンジケーション)、特許情報戦略(インテリジェンス)、アドバイザリー・サービスの提供などが含まれる。同社は2008年3月の設立以来訴訟に代わる合理的な手法を提供することにより特許市場に効率性を持ち込むことに成功したと主張している。サンフランシスコに基盤を持つ同社は、売買の元手となる元金を集めることだけではなく、特許に対する深い専門的知識、顧客が特許買収を行う際によりすぐれた原動力となるように寄与することなどと組み合わせることを取引の有力な手段としている。同社は潜在的な問題を引き起こす可能性のある特許を事前に買い取り、貴重な情報を同社の顧客に提供している。これら同社の手法により、成長著しい同社の顧客集団に向けられた特許権主張の申立を軽減しようと模索している。 RPXは企業顧客集団である会員に対し敵対的に使用される可能性のある、高価値かつ妥当性、危険性のある特許資産を特定し、購入する。状況次第では、RPXは第三者から又はNPEから直接、特許資産を買い取る可能性がある。必要かつ可能な場合にはRPXは積極的に訴訟に打って出ることなく特許権を買い取ることになる。 (ja)
rdfs:label
  • RPX Corporation (ja)
  • RPX Corporation (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of