RISC Single Chip (RSC)は、IBMが開発・製造した、シングルチップのマイクロプロセッサである。 RSCは、POWER命令セットアーキテクチャを持つマルチチップのPOWER1マイクロプロセッサーの、機能削減・シングルチップ版である。RSCは、IBM RS/6000ファミリーのモデル220や230などの、エントリーレベルのワークステーションで使用された。RSCの派生製品には、耐放射線版のRAD6000や、最初のPowerPCプロセッサであるPowerPC 601がある。 RSCはクロック周波数 33MHz および 45MHz で稼動した。RSCはALU、FPU、ブランチプロセッサーの3つの実行ユニットと、8KBの一元化された命令およびデータを持った。

Property Value
dbo:abstract
  • RISC Single Chip (RSC)は、IBMが開発・製造した、シングルチップのマイクロプロセッサである。 RSCは、POWER命令セットアーキテクチャを持つマルチチップのPOWER1マイクロプロセッサーの、機能削減・シングルチップ版である。RSCは、IBM RS/6000ファミリーのモデル220や230などの、エントリーレベルのワークステーションで使用された。RSCの派生製品には、耐放射線版のRAD6000や、最初のPowerPCプロセッサであるPowerPC 601がある。 RSCはクロック周波数 33MHz および 45MHz で稼動した。RSCはALU、FPU、ブランチプロセッサーの3つの実行ユニットと、8KBの一元化された命令およびデータを持った。 (ja)
  • RISC Single Chip (RSC)は、IBMが開発・製造した、シングルチップのマイクロプロセッサである。 RSCは、POWER命令セットアーキテクチャを持つマルチチップのPOWER1マイクロプロセッサーの、機能削減・シングルチップ版である。RSCは、IBM RS/6000ファミリーのモデル220や230などの、エントリーレベルのワークステーションで使用された。RSCの派生製品には、耐放射線版のRAD6000や、最初のPowerPCプロセッサであるPowerPC 601がある。 RSCはクロック周波数 33MHz および 45MHz で稼動した。RSCはALU、FPU、ブランチプロセッサーの3つの実行ユニットと、8KBの一元化された命令およびデータを持った。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1985050 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5223 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 71479595 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:arch
  • POWER (ja)
  • POWER (ja)
prop-ja:designfirm
prop-ja:fastest
  • 45.0
prop-ja:manuf
prop-ja:name
  • RISC Single Chip (ja)
  • RISC Single Chip (ja)
prop-ja:numcores
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:producedStart
  • 1993 (xsd:integer)
prop-ja:slowest
  • 33.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • RISC Single Chip (RSC)は、IBMが開発・製造した、シングルチップのマイクロプロセッサである。 RSCは、POWER命令セットアーキテクチャを持つマルチチップのPOWER1マイクロプロセッサーの、機能削減・シングルチップ版である。RSCは、IBM RS/6000ファミリーのモデル220や230などの、エントリーレベルのワークステーションで使用された。RSCの派生製品には、耐放射線版のRAD6000や、最初のPowerPCプロセッサであるPowerPC 601がある。 RSCはクロック周波数 33MHz および 45MHz で稼動した。RSCはALU、FPU、ブランチプロセッサーの3つの実行ユニットと、8KBの一元化された命令およびデータを持った。 (ja)
  • RISC Single Chip (RSC)は、IBMが開発・製造した、シングルチップのマイクロプロセッサである。 RSCは、POWER命令セットアーキテクチャを持つマルチチップのPOWER1マイクロプロセッサーの、機能削減・シングルチップ版である。RSCは、IBM RS/6000ファミリーのモデル220や230などの、エントリーレベルのワークステーションで使用された。RSCの派生製品には、耐放射線版のRAD6000や、最初のPowerPCプロセッサであるPowerPC 601がある。 RSCはクロック周波数 33MHz および 45MHz で稼動した。RSCはALU、FPU、ブランチプロセッサーの3つの実行ユニットと、8KBの一元化された命令およびデータを持った。 (ja)
rdfs:label
  • RISC Single Chip (ja)
  • RISC Single Chip (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of