Quarter Video Graphics Array(QVGA)とは、表示装置などの画素数構成の一つ。縦横の画素数は320×240個(数値が逆の場合もある)、つまりアスペクト比としては4:3になる。画素数が縦横ともVGAの2分の1であるため、総画素数ではVGAの4分の1 (=Quarter)となる。 QVGAのディスプレイは2009年頃まで、PDAや携帯電話、PHSなどの小型情報家電用として使われていた。 移動体端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。

Property Value
dbo:abstract
  • Quarter Video Graphics Array(QVGA)とは、表示装置などの画素数構成の一つ。縦横の画素数は320×240個(数値が逆の場合もある)、つまりアスペクト比としては4:3になる。画素数が縦横ともVGAの2分の1であるため、総画素数ではVGAの4分の1 (=Quarter)となる。 QVGAのディスプレイは2009年頃まで、PDAや携帯電話、PHSなどの小型情報家電用として使われていた。 移動体端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。 (ja)
  • Quarter Video Graphics Array(QVGA)とは、表示装置などの画素数構成の一つ。縦横の画素数は320×240個(数値が逆の場合もある)、つまりアスペクト比としては4:3になる。画素数が縦横ともVGAの2分の1であるため、総画素数ではVGAの4分の1 (=Quarter)となる。 QVGAのディスプレイは2009年頃まで、PDAや携帯電話、PHSなどの小型情報家電用として使われていた。 移動体端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 161549 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1031 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 83077473 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Quarter Video Graphics Array(QVGA)とは、表示装置などの画素数構成の一つ。縦横の画素数は320×240個(数値が逆の場合もある)、つまりアスペクト比としては4:3になる。画素数が縦横ともVGAの2分の1であるため、総画素数ではVGAの4分の1 (=Quarter)となる。 QVGAのディスプレイは2009年頃まで、PDAや携帯電話、PHSなどの小型情報家電用として使われていた。 移動体端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。 (ja)
  • Quarter Video Graphics Array(QVGA)とは、表示装置などの画素数構成の一つ。縦横の画素数は320×240個(数値が逆の場合もある)、つまりアスペクト比としては4:3になる。画素数が縦横ともVGAの2分の1であるため、総画素数ではVGAの4分の1 (=Quarter)となる。 QVGAのディスプレイは2009年頃まで、PDAや携帯電話、PHSなどの小型情報家電用として使われていた。 移動体端末向けの地上デジタルテレビジョン放送であるワンセグの解像度も最大で320×240である。 (ja)
rdfs:label
  • Quarter Video Graphics Array (ja)
  • Quarter Video Graphics Array (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:サブ画面解像度 of
is prop-ja:メイン画面方式 of
is prop-ja:メイン画面解像度 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of